太平洋セメントの年収【2021年最新版】

国内のセメント販売シェアNo.1!創業130年以上のリーディングカンパニー!気になる面接のポイントとは?


太平洋セメントの平均年収

太平洋セメントの平均年収は、2021年は737.8万円で前期に比べて下降傾向です。ガラス・土石製品業界内では10位の平均年収。太平洋セメントは、日本最大のセメントメーカーです。経営が安定していることもあり、穏やかな社風を持っています。社員の一人一人をしっかりとフォローしてもらえるので、働きがいがあるでしょう。ワークライフバランスを推進しており、休みもとりやすく仕事を持ち帰ることもないので、メリハリをつけて働けます。平均勤続年数は19.7年と定着率も高くなっています。

太平洋セメントの平均年収概要

平均年収: 737.8万円 下降傾向
平均年齢
41.5歳
平均勤続年数
19.7年
従業員数
1,760人

太平洋セメントの平均年収推移

平均年収推移(太平洋セメントと上場企業平均)

太平洋セメントの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると15.6万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は758.2万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

太平洋セメントの平均年収推移(2015年〜2019年)

太平洋セメントの平均年収 年収
2019年 738万円
2018年 753万円
2017年 759万円
2016年 753万円
2015年 788万円

業界内やエリア内での太平洋セメントのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
654位
3737社
全国の上場企業の平均年収より125.3万円高い

全国の平均年収より305.6万円高い
太平洋セメントの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
737.8万 612.5万 432.2万

太平洋セメントの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると125.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると305.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中654位と高い順位となります。

ガラス・土石製品業界内での比較

業界内順位
10位
58社
ガラス・土石製品業界の平均年収より130.9万円高い
太平洋セメントの平均年収 ガラス・土石製品業界の平均年収
737.8万 606.9万

太平洋セメントが属するガラス・土石製品業界の上場企業の平均年収は606.9万円です。 そのため、太平洋セメントの年収は業界平均と比べて130.9万円高く、業界内順位を見ると58社中10位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
450位
1979社
東京都の平均年収より90.6万円高い
太平洋セメントの平均年収 東京都の平均年収
737.8万 647.2万

太平洋セメントの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、太平洋セメントの年収はエリア平均と比べて90.6万円高く、エリア内順位を見ると1979社中450位と高い順位となります。

太平洋セメントではボーナスはどれくらい貰える?

太平洋セメントでは6月と11月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約110万円~240万円で、業績によっては多めに支給されるようです。

太平洋セメントの職種別の年収

太平洋セメントの年収を職種別に見てみましょう。

一般職:約350万円~780万円

技術職:約380万円~765万円

総合職:約700万円~1090万円

また、2019年度の実績では学歴別の給与は以下の通りでした。

修士了:240,520円

学部卒:222,750円

修士了と学部卒では給与が20,000円以上も違うことが分かります。

毎年6月に昇給するので、勤続年数が長くなるほど基本給も高くなっていくでしょう。

太平洋セメントでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

太平洋セメントで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約805万円~860万円

課長クラス:約1060万円~1130万円

部長クラス:約1250万円~1365万円

出世は年功序列となるため、長く勤めることで出世するチャンスが掴めるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中