横浜ゴムの年収【2021年最新版】

100年以上の歴史を持つ大手タイヤメーカー!役員の報酬は1億円以上?面接前に知っておきたい求められる人材とは?


横浜ゴムの平均年収

横浜ゴムの平均年収は、2021年は624.3万円で前期に比べて下降傾向です。ゴム製品業界内では10位の平均年収でした。横浜ゴムはタイヤ・ゴムメーカーで、国内外共にタイヤ販売額のシェア率が高い企業です。創業100年を超える老舗企業であり、寡占状態の分野を扱っているためか、穏やかで堅実な雰囲気があります。給与は年功序列制となっており、一年ごとに一万円上がる仕組みとなっています。独身寮もあるため、若手の頃でもお金を貯めやすいでしょう。

横浜ゴムの平均年収概要

平均年収: 624.3万円 下降傾向
平均年齢
39.1歳
平均勤続年数
16.2年
従業員数
5,543人

横浜ゴムの平均年収推移

平均年収推移(横浜ゴムと上場企業平均)

横浜ゴムの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると1.3万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は620.2万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

横浜ゴムの平均年収推移(2015年〜2019年)

横浜ゴムの平均年収 年収
2019年 624万円
2018年 626万円
2017年 619万円
2016年 615万円
2015年 618万円

業界内やエリア内での横浜ゴムのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1552位
3737社
全国の上場企業の平均年収より11.8万円高い

全国の平均年収より192.1万円高い
横浜ゴムの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
624.3万 612.5万 432.2万

横浜ゴムの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると11.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると192.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1552位と平均的な順位となります。

ゴム製品業界内での比較

業界内順位
10位
19社
ゴム製品業界の平均年収より3.9万円高い
横浜ゴムの平均年収 ゴム製品業界の平均年収
624.3万 620.4万

横浜ゴムが属するゴム製品業界の上場企業の平均年収は620.4万円です。 そのため、横浜ゴムの年収は業界平均と比べて3.9万円高く、業界内順位を見ると19社中10位と平均的な順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
960位
1979社
東京都の平均年収より22.9万円低い
横浜ゴムの平均年収 東京都の平均年収
624.3万 647.2万

横浜ゴムの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、横浜ゴムの年収はエリア平均と比べて22.9万円低く、エリア内順位を見ると1979社中960位と平均的な順位となります。

横浜ゴムではボーナスはどれくらい貰える?

横浜ゴムでは、6月と12月の年2回、約5ヶ月~6ヶ月分のボーナスが支給され、平均支給額は約90万円~200万円となっています。

年2回上司との面談があり、その評価によってボーナス額が決まるので、モチベーションを保って仕事に臨めます。

横浜ゴムの職種別の年収

横浜ゴムの年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約400万円~635万円

技術職:約420万円~625万円

総合職:約600万円~890万円

横浜ゴムの平均年収は624万円なので、総合職ではほぼ平均以上の年収が得られることが分かりました。

横浜ゴムでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

横浜ゴムで役職に就いた場合の平均年収は以下の通りです。

係長クラス:約605万円~700万円

課長クラス:約800万円~930万円

部長クラス:約1020万円~1155万円

部長クラスになると年収1000万円を得ることも夢ではありません。

横浜ゴムで出世するためには、社内での人間関係の良好さはもちろん、やりたいと思った仕事に率先して取り組めるバイタリティも見られます。

興味のある仕事は無理をしない範囲で任せてもらうことで、出世できる可能性も高まるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中