鳥居薬品の年収【2022年最新版】(2ページ目)

創業150年もの歴史を持つ製薬メーカー!気になるボーナス額は?選考で気を付けるべきポイントもご紹介!


鳥居薬品の社長や役員の年収

2020年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しないとのことでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役5名に対して総額8200万円で1人あたり1640万円、社内監査役2名に対して総額2200万円で1人あたり1100万円がそれぞれ支給されていました。

このことから、代表取締役社長の松田剛一氏の報酬は1640万円以上1億円未満であると考えられます。

現在は、今後高い収益を得るためのリスクマネジメントを徹底し、事業の運営体制の見直しも積極的に行っています。

事業を取り巻く環境が徐々に安定すれば利益も上がり、役員の報酬もそれに伴い増加するかもしれません。

競合他社と鳥居薬品の年収比較

鳥居薬品の競合会社として、日本新薬アステラス製薬が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、鳥居薬品は778万円、日本新薬は791万円、アステラス製薬は1072万円と、現時点では競合会社には及びませんでした。

しかし近年では、中期経営計画として事業構造の改革及び成長、収益構造の改善を目標として掲げています。

JTと強く連携し医薬品の共同開発に力を入れて取り組むことで収益力の強化を図っているため、今後利益が増えると共に少しずつ平均年収も伸びていく可能性もあると考えられます。

鳥居薬品の平均年収が高い理由

直近3年間の鳥居薬品の売り上げ及び経常利益の推移を確認すると、売り上げは2017年で641.4億円、2018年で625.5億円、2019年で430.0億円でした。

また経常利益は2017年で64.0億円、2018年で50.8億円、2019年で16.9億円と、現時点では売り上げ・経常利益共に下降傾向にあることが分かります。

近年の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、MRの医療機関への訪問自粛を余儀なくされたこと等が業績に響いたと考えられます。

しかしアレルゲン領域での販売数は順調に伸びているため一定の収益を確保することができ、年収も高水準を保っていると言えます。

現在は腎・透析領域等で治療剤に新たな効能を追加するための研究開発に取り組んでいるので、今後販売された暁には業績も徐々に回復し、平均年収も増加していくと見込めます。

鳥居薬品が属するJTグループとは?

JTグループは、鳥居薬品をはじめとしてTSネットワーク、ジェイティ物流、日本フィルター工業、ジェイティエンジニアリング等の企業が所属するグループです。

グループ企業では、輸入たばこ卸売事業及び保税・通関・倉庫事業、たばこ用フィルタープラグの製造販売、生産設備・ユーティリティ設備の技術開発・調査・計画・設計・調達等、様々な分野で事業やサービスを展開しています。

鳥居薬品の採用情報

鳥居薬品では現在、新卒採用を中心に採用活動を行っています。

募集職種や選考について詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では現在、MR職のみ募集を行っています。

募集対象は2022年3月に大学・大学院を卒業(予定)の方、大学・大学院を2019年3月~2021年3月に卒業した方としており、理系・文系等による制限は特にありません。

入社後は全国各地で勤務することになりますが、年に一度上司と将来のキャリアや希望勤務地等について話し合える場も設けられているので、自身の希望を定期的に伝えることができます。

その時々で自身が今後どのように働きたいか、どのようなキャリアを築きたいか等きちんと考えるようにしましょう。

人財育成制度としては、MR導入教育研修や継続教育研修等が用意されています。

MR認定試験対策ができるようカリキュラムも組まれているので、基礎から勉強しながら試験合格を目指すことが可能。

文系出身の方も専門知識をきちんと身につけることができるので安心できます。

選考は、エントリー・WEB説明会→書類選考→適性検査→会社説明会→面接の順で進みます。

適性検査は言語・非言語問題と併せて性格テスト・ストレス耐性テストも実施される予定です。

過去に選考を受けた方の体験談を見ると、言語・非言語はそれぞれ約20分、性格テストは約30分程だったとのことです。

試験内容はSPIで筆記試験であったとの口コミも見られたので、きちんと対策をしておけば当日も落ち着いて試験に取り組むことができると言えます。

また普通自動車運転免許が必要となるので、入社までに必ず取得するようにしましょう。

キャリア採用

残念ながら現在、鳥居薬品では公式ホームページ・転職サイトでもキャリア採用の募集は行われていませんでした。

過去の採用情報も見られなかったことから、現時点での鳥居薬品への転職は難しいと言えます。

しかし今後、MR職や医薬品技術職、コーポレート職・システム職での募集が必要に応じて行われる可能性は充分あります。

新卒採用ページの「仕事を知る」の項目では各職種の業務等について詳しく知ることができるので、今後鳥居薬品への転職を希望する方は目を通しておくと良いかもしれません。

公式ホームページと併せて各転職サイトを確認し、求人情報がないかチェックするようにしましょう。

鳥居薬品で求められる人材像

リクナビには、鳥居薬品が求める人材像として以下の二つが挙げられていました。

  • なりたい自分を思い描き(Ambition)、その実現(Realization)に向けた行動ができる。
  • 相手の立場で考え、真摯で誠実な対応をすることで、相手の信頼(Trust)を得ることができる。

また行動宣言として「私たちは、 お客様の信頼を高めるために、 柔軟に考え、連携し、 機敏に行動します」ということを掲げています。

これらのことから鳥居薬品では、その時々で目標を設定しそれに向けて計画的に行動ができるか、周囲の人に対して誠実か、スピード感を持って行動できるか等が見られると考えられます。

選考では、「これまでに挑戦したこと及びそれに対してどれくらいの期間どのようにアプローチしたか」「周囲の人とどのようにコミュニケーションを取ることを意識しているか」等の具体的なエピソードを通し、自身ならではの強みや良さをアピールすると良いかもしれません。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中