ADEKAの年収【2021年最新版】

半導体関連製品の世界シェア約60%!多岐にわたる事業を手掛ける大手化学素材メーカー!気になる面接内容とは?


ADEKAの平均年収

ADEKAの平均年収は、2021年で前期に比べて下降傾向の701.9万円でした。化学業界内では71位の平均年収です。ADEKAは化学品と食品の素材メーカー。堅実な社風を持っている、穏やかな企業です。経営は安定しており、基本的には解雇もないので、安心して働けます。3年ごとに昇格試験があるので、モチベーションを保ちながら仕事に臨めるでしょう。社宅も用意されているので、生活に余裕を持たせることができます。休暇がとりやすく、残業もほぼないため、ワークライフバランスも優れています。

ADEKAの平均年収概要

平均年収: 701.9万円 下降傾向
平均年齢
38.5歳
平均勤続年数
15.5年
従業員数
1,702人

ADEKAの平均年収推移

平均年収推移(ADEKAと上場企業平均)

ADEKAの平均年収推移は、前期同様です。

上述のように、過去5年間の平均年収は695.0万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ADEKAの平均年収推移(2015年〜2019年)

ADEKAの平均年収 年収
2019年 702万円
2018年 702万円
2017年 697万円
2016年 693万円
2015年 681万円

業界内やエリア内でのADEKAのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
884位
3737社
全国の上場企業の平均年収より89.4万円高い

全国の平均年収より269.7万円高い
ADEKAの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
701.9万 612.5万 432.2万

ADEKAの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると89.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると269.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中884位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
71位
213社
化学業界の平均年収より46.4万円高い
ADEKAの平均年収 化学業界の平均年収
701.9万 655.5万

ADEKAが属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、ADEKAの年収は業界平均と比べて46.4万円高く、業界内順位を見ると213社中71位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
592位
1979社
東京都の平均年収より54.7万円高い
ADEKAの平均年収 東京都の平均年収
701.9万 647.2万

ADEKAの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、ADEKAの年収はエリア平均と比べて54.7万円高く、エリア内順位を見ると1979社中592位と高い順位となります。

ADEKAではボーナスはどれくらい貰える?

ADEKAでは、年2回約2.5ヶ月~5ヶ月分のボーナスが支給されます。

年間の平均支給額は約105万円~265万円となっており、あまり業績に左右されないため、安定した額のボーナスが支給されているようです。

ADEKAの職種別の年収

ADEKAの年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約340万円~720万円

技術職:約380万円~705万円

総合職:約620万円~1005万円

また、2019年4月実績での基本給は以下の通りです。

博士了:251,060円

修士了:226,190円

学部卒:211,190円

昇給は年1回4月にあり、毎年約5,000円~10,000円程上昇します。

TOEICの受験結果やテスト・面接等の結果も昇給額に影響するため、しっかり準備して臨むようにしましょう。

ADEKAでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

役職別に見た場合の年収は以下の通りでした。

係長クラス:約740万円~790万円

課長クラス:約975万円~1045万円

部長クラス:約1150万円~1300万円

年功序列制ではあるものの、数年ごとに昇格試験を受験することができます。

早ければ30歳半ば頃から役職に就くことができるので、日々の業務に努めることはもちろん、昇格試験にも備えておきましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中