日本ゼオンの年収【2021年最新版】

グローバルに活躍する化学メーカー!報酬の高さの秘密とは?選考で気を付けるべき点についても解説!


日本ゼオンの平均年収

日本ゼオンの平均年収は、2021年で736.3万円で前期に比べて上昇傾向。化学業界内では47位、全体では660位でした。日本ゼオンは、主に合成ゴムや化学樹脂の製造を行う企業です。個人の裁量が大きく、責任のある仕事もどんどん任せてもらえるので、働き甲斐もあり成長しやすい環境です。社内はコミュニケーション豊富で、上下関係をあまり感じさせないフラットな社風。現在1,613人の従業員がいて、平均勤続年数16.3年と安定しています。

日本ゼオンの平均年収概要

平均年収: 736.3万円 上昇傾向
平均年齢
40.5歳
平均勤続年数
16.3年
従業員数
1,613人

日本ゼオンの平均年収推移

平均年収推移(日本ゼオンと上場企業平均)

日本ゼオンの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると25.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は716.5万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

日本ゼオンの平均年収推移(2015年〜2019年)

日本ゼオンの平均年収 年収
2019年 736万円
2018年 711万円
2017年 710万円
2016年 707万円
2015年 718万円

業界内やエリア内での日本ゼオンのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
660位
3737社
全国の上場企業の平均年収より123.8万円高い

全国の平均年収より304.1万円高い
日本ゼオンの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
736.3万 612.5万 432.2万

日本ゼオンの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると123.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると304.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中660位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
47位
213社
化学業界の平均年収より80.8万円高い
日本ゼオンの平均年収 化学業界の平均年収
736.3万 655.5万

日本ゼオンが属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、日本ゼオンの年収は業界平均と比べて80.8万円高く、業界内順位を見ると213社中47位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
455位
1979社
東京都の平均年収より89.1万円高い
日本ゼオンの平均年収 東京都の平均年収
736.3万 647.2万

日本ゼオンの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日本ゼオンの年収はエリア平均と比べて89.1万円高く、エリア内順位を見ると1979社中455位と高い順位となります。

日本ゼオンではボーナスはどれくらい貰える?

日本ゼオンでは6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約130万円~270万円で、業績連動型となります。

近年では業績も安定しており支給額も上昇傾向にあるようなので、満足のいく額が期待できます。

日本ゼオンの職種別の年収

日本ゼオンの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約350万円~745万円
  • 技術職:約380万円~730万円
  • 総合職:約600万円~1040万円

昇給は年に一度4月に行われます。

配偶者加算給・家族給・家賃補助等、福利厚生も充実しているため、ライフステージの変化にも充分対応できます。

日本ゼオンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

日本ゼオンで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約755万円~815万円
  • 課長クラス:約965万円~1090万円
  • 部長クラス:約1085万円~1365万円

昇格するには、筆記試験・論文・面接をそれぞれ受ける必要があります。

3年に一度昇格試験を受けるチャンスが得られるようなので、しっかり準備をして臨みましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年4月9日

SNSシェア用テキスト

表示準備中