三井化学の年収【2021年最新版】

書類・面接の対策を公開!気になる役員の報酬・ボーナス事情は?三井化学の年収は低い?高い?


三井化学の平均年収

三井化学の平均年収は安定しており、2021年の有価証券報告書では850.1万円と報告されています。化学業界内では9位の平均年収です。三井化学は様々な事業を展開する総合科学メーカーで、売上高の45%が海外での売上となっている、グローバル企業です。コミュニケーションを大切にする企業で、上司と部下の関係も良好。フレックスタイム制を導入しており、ワークライフバランスも取りやすくなっています。平均勤続年数が18.2年と長めで、働きやすい環境が定着率を高くしていることが伺えます。

三井化学の平均年収概要

平均年収: 850.1万円 下降傾向
平均年齢
41.2歳
平均勤続年数
18.2年
従業員数
4,404人

三井化学の平均年収推移

平均年収推移(三井化学と上場企業平均)

三井化学の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると16.6万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は842.8万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

三井化学の平均年収推移(2015年〜2019年)

三井化学の平均年収 年収
2019年 850万円
2018年 867万円
2017年 847万円
2016年 830万円
2015年 820万円

業界内やエリア内での三井化学のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
252位
3737社
全国の上場企業の平均年収より237.6万円高い

全国の平均年収より417.9万円高い
三井化学の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
850.1万 612.5万 432.2万

三井化学の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると237.6万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると417.9万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中252位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
9位
213社
化学業界の平均年収より194.6万円高い
三井化学の平均年収 化学業界の平均年収
850.1万 655.5万

三井化学が属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、三井化学の年収は業界平均と比べて194.6万円高く、業界内順位を見ると213社中9位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
192位
1979社
東京都の平均年収より202.9万円高い
三井化学の平均年収 東京都の平均年収
850.1万 647.2万

三井化学の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、三井化学の年収はエリア平均と比べて202.9万円高く、エリア内順位を見ると1979社中192位と高い順位となります。

三井化学ではボーナスはどれくらい貰える?

三井化学では6月と12月の年2回、ボーナスが支給されています。

平均支給額は約110万円〜290万円、男女間の差は最大で約60万円、ピークは50歳代で迎えます。

ボーナスは業績と連動している上に、自身の評価によっても更にアップするため、支給額は非常に高くなっています。

三井化学の職種別の年収

職種別の年収を比較してみると、一般職の平均年収は約500万円〜875万円、技術職は約500万円〜860万円、総合職は約700万円〜1225万円となっています。

一般職と技術職は、やはり総合職ほどの高年収は得られないため、昇級試験などを積極的に受ける必要がありそうです。

ちなみに学歴別の初任給は、博士了291,500円、修士了248,500円、学士卒230,500円となっており、一般企業と比較しても初任給の相場は少し高めに設定されています。

三井化学では出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、主任の平均年収は約600万円〜855万円、係長は約800万円〜960万円、課長は約1000万円〜1270万円、部長は約1200万円〜1570万円となっています。

係長以上の役職で平均年収を上回り、更に役職に就くと成績や評価によって100万円単位で増えることもあるため、昇進による年収のアップはかなり期待できるようです。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中