シグマクシスの年収【2020年最新版】

顧客リピート率90%以上!クライアントが離れないその魅力とは?売り上げが鰻上りの理由まで大公開!


シグマクシスの平均年収は、2020年で前期に比べて上昇傾向の1167.3万円となりました。サービス業界内では9位の平均年収となっています。シグマクシスはビジネス・コンサルティング企業です。社内はフラットな雰囲気で、一人一人を育てようという意識が高いです。平均年齢が36.8歳とフレッシュな雰囲気があります。やりたいことに挑戦できるため、プロジェクトが成功したときの達成感にやりがいを感じるでしょう。給料は年俸制となっています。自分で仕事を管理するため、ワークライフバランスは自分次第になりますが、その分調整がしやすいです。

シグマクシスの平均年収概要

平均年収: 1167.3万円 上昇傾向
平均年齢
36.8歳
平均勤続年数
4.3年
従業員数
487人

シグマクシスの平均年収推移

平均年収推移(シグマクシスと上場企業平均)

シグマクシスの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると17.6万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は1080.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

シグマクシスの平均年収推移(2015年〜2019年)

シグマクシスの平均年収 年収
2019年 1167万円
2018年 1150万円
2017年 1058万円
2016年 1037万円
2015年 992万円

業界内やエリア内でのシグマクシスのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
49位
3737社
全国の上場企業の平均年収より554.8万円高い

全国の平均年収より735.1万円高い
シグマクシスの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
1167.3万 612.5万 432.2万

シグマクシスの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると554.8万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると735.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中49位と高い順位となります。

サービス業界内での比較

業界内順位
9位
469社
サービス業界の平均年収より608.5万円高い
シグマクシスの平均年収 サービス業界の平均年収
1167.3万 558.8万

シグマクシスが属するサービス業界の上場企業の平均年収は558.8万円です。 そのため、シグマクシスの年収は業界平均と比べて608.5万円高く、業界内順位を見ると469社中9位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
41位
1979社
東京都の平均年収より520.1万円高い
シグマクシスの平均年収 東京都の平均年収
1167.3万 647.2万

シグマクシスの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、シグマクシスの年収はエリア平均と比べて520.1万円高く、エリア内順位を見ると1979社中41位と高い順位となります。

シグマクシスの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(シグマクシスと上場企業平均)

シグマクシス 上場企業平均
2019年 487人 1,035人
2018年 428人 1,071人
2017年 396人 1,042人
2016年 339人 1,055人
2015年 355人 1,055人

シグマクシスの従業員数は2019年で487人と、1年前と比べて59人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて少ない水準となります。

次にシグマクシスと同じサービス業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が768人なので、それと比較しても少ない規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(シグマクシスと上場企業平均)

シグマクシス 上場企業平均
2019年 36.8歳 41歳
2018年 36.9歳 41歳
2017年 37.3歳 40歳
2016年 37.1歳 40歳
2015年 36.5歳 40歳

シグマクシスの平均年齢は2019年で36.8歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じサービス業界内で比較してみました。業界平均が38歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(シグマクシスと上場企業平均)

シグマクシス 上場企業平均
2019年 4.3年 12年
2018年 4.2年 13年
2017年 4.1年 13年
2016年 3.9年 13年
2015年 3.6年 13年

シグマクシスの平均勤続年数は2019年で4.3年と、上場企業の平均と比べると短い水準となっています。

平均勤続年数も同じサービス業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が7.6年のため、業界内で見ても短い水準となります。

シグマクシスの業績推移

シグマクシスが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 131.4億円 13.0億円
2018年3月期 111.9億円 10.0億円
2017年3月期 105.5億円 7.5億円
2016年3月期 92.5億円 6.1億円
2015年3月期 80.4億円 -1.4億円

まず、シグマクシスと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、シグマクシスが131.4億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。シグマクシスの売上は平均と比べて低い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、シグマクシスが17.5%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では伸びている会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

シグマクシス 上場企業平均
2019年3月期 2699万円 1.1億
2018年3月期 2614万円 9064万
2017年3月期 2664万円 9022万
2016年3月期 2728万円 9416万
2015年3月期 2266万円 9870万

次に、シグマクシスと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、シグマクシスは2699万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

シグマクシス 上場企業平均
2019年3月期 267万円 788万
2018年3月期 233万円 731万
2017年3月期 189万円 741万
2016年3月期 179万円 672万
2015年3月期 -39万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、シグマクシスは267万円、上場企業平均が788万円となっています。

シグマクシスではボーナスはどれくらい貰える?

口コミによると、シグマクシスでは2013年頃まで6月及び12月に年俸の約15%~30%をボーナスとして支給していたようですが、現在では支給されていません。

給与は年俸制及び専門業務型裁量労働制で、年俸基準額は以下の通り職位ごとに決められています。

コンサルタント:480万円~650万円

アシスタントマネージャー:600万円~900万円

マネージャー:750万円~1000万円

プリンシパル:1000万円~1200万円

入社初年度の年俸基準額は480万円とされており、それを12回に分割して支給されるので、月々の給与は約40万円程となります。

昇格すると年俸基準額も上がるため、頑張り次第で同世代の倍以上もの年収を稼ぐことも可能です。

シグマクシスの職種別の年収

職種別に年収を見ていくと、一般職では480万円~1115万円、技術職では550万円~1090万円、総合職では800万円~1560万円でした。

それぞれを比較すると、やはり総合職が一番年収が高いです。

しかしながら、成果をあげることによって一般職でも年収1000万円以上を狙うことが可能です。

年功序列制ではなく実力主義であるため、日々努力を積み重ねることにより職位も上がり、年収アップに繋げることができるでしょう。

シグマクシスでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

シグマクシスで役職に就いた場合の平均年収は、係長クラスでは1210万円~1520万円、課長クラスでは1590万円~2045万円、部長クラスでは1790万円~2510万円となります。

係長クラスで既に1000万円を超え、部長クラスになると2000万円以上も望めることが分かりました。

日々社員同士のコミュニケーションを大事にし、業務をしっかりこなすことで出世への道を着実に歩むことができるでしょう。

シグマクシスの社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書によると、代表取締役会長の倉重英樹氏は1億5992万円、代表取締役社長の富村隆一氏は1億5461万円でした。

その他の役員の報酬は、社内取締役6名に対して総額4億2992万円で、1人あたり7165万円となります。

2018年度と比較して、代表取締役会長の倉重英樹氏は約995万円、代表取締役社長の富村隆一氏は約1012万円、社内取締役は1人あたり約16万円昇給しました。

また、2018年度に限り顧問である清水照雄氏も年収1億1797万円となっていました。

役員の年収も高額で年々上昇していることから、業績は順調であると言えるでしょう。

競合他社とシグマクシスの年収比較

シグマクシスの競合他社として、ドリームインキュベータ野村総合研究所が挙げられます。

3社の年収は、シグマクシスは1167万円、ドリームインキュベータは1151万円、野村総合研究所は1222万円でした。

野村総合研究所には若干届かないものの、ドリームインキュベータより約16万円高い結果となりました。

また、サービス業界内の平均年収558.8万円よりも約608.2万円程高く、非常に高水準であることが分かります。

シグマクシスの平均年収が高い理由

シグマクシスの平均年収の高さの理由は、シグマクシスがこれまでに顧客との間に信頼関係を築き上げてきたことであると言えるでしょう。

近年コンサルティング業界の需要が上がっているという背景もありますが、顧客の抱える課題にしっかり向き合い取り組んできたことで、信頼を獲得してきました。

今では既存の顧客リピート率は90%にも及び、売上も2017年では7.5億円、2018年では10億円、2019年では13億円と右肩上がりです。

今後の事業拡大により更に顧客がつき、平均年収もそれに伴いどんどん高くなっていくでしょう。

シグマクシスの事業内容

主な事業

シグマクシスは主にコンサルティングサービス事業を手掛けます。

顧客を「クロスパートナー」と呼び、共にビジネスに取り組むことで新しい価値を生み出すことを目指します。

スキルごとに分けられ構成されたシェルパがあるので、クロスパートナーの悩みや要望に応じてシェルパ同士でチームを組むことが可能です。

立案から実行までスピード感を持って行えるため、幅広い業種から信頼を寄せられています。

これまでに「スマートキッチンプログラム」「変革リーダーラボ」等に取り組んだ実績があります。

その他の事業

その他に、シグマクシスはアライアンス事業にも携わっています。

アライアンス事業ではジョイントベンチャー企業の設立やベンチャーキャピタルへの出資等を行っており、投資先にはローソンデジタルイノベーションやSXキャピタル等があります。

現在はフレスコキャピタル等が立ち上げたファンドに有限責任組合員として参加し、更なるアライアンスネットワークの拡大を目指します。

シグマクシスの歴史

シグマクシスは、2008年に創設された比較的新しい企業です。

ここでは、シグマクシスのこれまでの歴史を見ていきます。

2008 株式会社シグマクシス設立

ユーフォリンク株式会社を合併

2011 M&Aインターナショナル日本総代表組織として加盟

2013 書籍の出版(「本物の提案営業」、「アグリゲーター」、「シグマクシス 『経営論Z』」)

東京証券取引所マザーズ市場に上場

2014 アメリカOne Network Enterprisesと戦略的パートナーシップ締結

株式会社SXA設立

2015 シグマクシスがソフトバンクのエコシステムパートナーとして参画

アメリカIPsoft社と協業を始める

ローソンのIT戦略子会社「株式会社ローソンデジタルイノベーション」を創設

2017 「ディープシグマDPA」を開発

「変革リーダー・ラボ」の提供を始める

東京証券取引所市場第一部へ市場を変更

2018 代表取締役社長兼COOに富村隆一氏が就任

「フードテックの未来2019‐2025」が日経BP社より発売される

シグマクシスが属するシグマクシスグループとは?

シグマクシスグループは、シグマクシスをはじめとし、株式会社SXAや株式会社SXF等から成り立ちます。

グループではM&Aコンサルティングを手掛けており、戦略や事業管理方針、オペレーションについて等顧客を総合的に支援しています。

シグマクシスの採用情報

シグマクシスでは、現在公式ホームページにて新卒採用及び経験者採用(中途採用)を行っています。

新卒採用

新卒採用では、コンサルティングのみの募集となっており、学部・学科に制限はありません。

選考方法は公式ホームページよりエントリー→WEBテスト→グループディスカッション→1次面接→ 説明会→ 2次面接→適性検査→最終面接となります。

またインターンシップでは、4日間にわたり簡単な講義や個人課題・チーム課題、プレゼンテーションに取り組みます。

課題内容は企業に対しての新規事業の立案や成長戦略の策定等で、適宜フィードバックももらえます。

シグマクシスでのコンサルティングに対する考え方や何を重視しているか等を見極めるチャンスとなるので、ぜひ参加しましょう。

中途採用

中途採用では、現在以下の職種が募集されています。

①プラットフォーム・プランニング

②プラットフォーム・ソリューションズ

③オペレーション・デザイン

④P2(Program&Project)

⑤デジタルアーキテクチャー

⑥サービスデザイン

⑦デジタルコンサルタント

⑧デジタルエンジニア

⑨クラウドソリューション

⑩ビジネス・イノベーション

⑪経営戦略コンサルタント

⑫Vision Forest

応募にあたって求められる経験やスキルがそれぞれ違うので、公式ホームページの経験者採用ページにて確認しておきましょう。

公式ホームページ経験者採用ページ最下部のお問合せフォームより、和文の履歴書と職務経歴書を添付することで応募可能です。

シグマクシスで求められる人材像

シグマクシスでは、ホームページにて求める人物像について以下のように提示しています。

  • チームを組成して自ら設定したゴールを達成する人財
  • 多様性を楽しみ、未知を恐れない人財
  • コラボレーションで価値を創造することに喜びを感じる人財

また、2018年には企業の価値観として以下のキーワードが掲げられています。

ビジネスバリュー:思いの共有、コラボレーション、アグリゲーション、シェルパ、アジリティ&スピード、知的闘争

ヒューマンバリュー:オープン&トラスト、真摯、ホスピタリティ、美意識、異質の尊重、仲間

これらから、シグマクシスでは向上心が高くチャレンジ精神が豊富な人材を求めていると推察できます。

シグマクシスに就職、転職するためには?

グループディスカッションでこれまでに出題されたテーマの例として、以下が挙げられます。

  • 最高のチームを作るために必要なことを3つ挙げよ
  • 首都を移転するとすればどこか
  • 食品卸業者における新しいビジネスモデルを考えよ
  • 電子書籍の普及率を向上させるための施策を3つ挙げよ

約30分程議論をした後、代表者が発表し質疑応答をするという流れになっています。

また、グループディスカッションの際に論理的思考力が不十分であると判断された場合、面接でケース問題を出題される場合があります。

これまでに問われた問題の例としては、「この世にあるすべての椅子を二つに分類するとしたらどう分けるか」「50室あるカラオケ店の売り上げを上げるにはどうするか」等が挙げられます。

過去に出題されたテーマを使って自身の意見やその根拠をしっかり伝える練習を行うことが大切です。

念には念を入れ、ケース問題対策を行い論理的思考力を養っておくことで、実際のグループディスカッションや面接でもリラックスして臨めるでしょう。

企業データ

会社名
株式会社シグマクシス
設立年月日
2008年5月9日
所在地
東京都港区虎ノ門4−1−28 虎ノ門タワーズオフィス
エリア
東京  港区 
公式サイト
業界・業種
代表者名
富村 隆一
上場市場
東証1部
上場年月日
2013年12月18日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年5月19日

SNSシェア用テキスト

表示準備中