クックパッドの年収【2023年最新版】(3ページ目)

投稿レシピ数347万品以上!海外74ヵ国でもサービスを展開する大手企業!就活性必見の面接で必ず訊かれる質問内容とは?


クックパッドの採用情報

クックパッドでは、現在新卒採用及びキャリア採用がそれぞれ行われています。

募集要項を詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、現在以下の職種で募集を行っています。

  • サービス開発エンジニア
  • リサーチエンジニア
  • UI/UXデザイナー

応募する上で学部・学科による制限等は特に見られませんでした。

職種により多少異なりますが、入社後はサービス開発研修・ジョブローテーション研修・カスタマーサポート研修等を経た後に本配属となります。

グローバル研修も並行して行われており、新卒3年以内であれば希望者は新興国で勤務するチャンスも得られるので、海外での勤務も経験したいという方はぜひ希望を出すようにしましょう。

選考は、書類選考→課題テスト→一次面接→最終面接の順で行われます。

課題テストはエンジニア職を希望する方はプログラミング・論述のテストが約3時間、デザイナー職を希望する方はUI/UXデザインが約1時間それぞれ実施されるので、しっかり準備をして臨みましょう。

キャリア採用

キャリア採用では、現在以下の職種の募集が行われています。

  • Android エンジニア
  • iOS エンジニア
  • Web エンジニア
  • テストエンジニア
  • UX エンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • データエンジニア 等

現時点ではエンジニア職の募集が中心となっています。

職種ごとに求められるスキル等も異なるため、必ず希望する職種の募集要項をチェックしましょう。

選考は、エントリー→適性検査→面接の順で進みます。

面接は2回~3回程実施されるので、日程調整等がしやすいよう予め予定を確認しておきましょう。

クックパッドで求められる人材像

クックパッドの技術部長に対するインタビュー記事を見ると、求める人材について以下の特徴を挙げています。

  • トライアンドエラーを何度も繰り返し、最終的に高い価値あるものを作り出せるマインドを持っている人
  • 「何とかなるさ」という根拠のない楽観主義ではなく、「何とかする!」という人
  • 厳しい状況に置かれても、前向きにとらえて楽しく仕事をできる人

「毎日の料理を楽しくすること」を経営理念として掲げていることから、クックパッドではチャレンジ精神・粘り強さ・主体性・向上心等を持ち、個人・社会・地球のために尽くすことのできる人材を求めていると考えられます。

クックパッドに就職、転職するためには?

クックパッドの技術部長のインタビュー記事内には、「『何をやっている時が一番楽しいか』『一番得意なことは何か』『今までに作ったものは何か』といった項目は必ず聞いています」とありました。

「クックパッドでは好きでやっていることがたまたま仕事と重なっている、という感覚を持っている人が多い。そういう資質をその人が持っていると感じられるかどうか」を見ているとの記載もあったので、自身がどのようなことが好きなのか見つめ直しながら自己分析を進めると良いでしょう。

過去の面接では以下のような質問があったようです。

  • どのようなWEBサービスが好きか
  • これまでにチームを率いた経験はあるか
  • クックパッドをどのように活用しているか
  • 人生で一番熱中したことは何か
  • 印象に残っている失敗談について

また、自身が思い描いているキャリア等についても訊かれるため、入社後どのようになりたいか具体的に考えておく必要があります。

クックパッドの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(クックパッドと上場企業平均)

クックパッド 上場企業平均
2019年 368人 1,035人
2018年 357人 1,071人
2017年 280人 1,042人
2016年 225人 1,055人
2015年 257人 1,055人

クックパッドの従業員数は2019年で368人と、1年前と比べて11人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて少ない水準となります。

次にクックパッドと同じサービス業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が768人なので、それと比較しても少ない規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(クックパッドと上場企業平均)

クックパッド 上場企業平均
2019年 33.6歳 41歳
2018年 32.9歳 41歳
2017年 32.5歳 40歳
2016年 32.2歳 40歳
2015年 32.4歳 40歳

クックパッドの平均年齢は2019年で33.6歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じサービス業界内で比較してみました。業界平均が38歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(クックパッドと上場企業平均)

クックパッド 上場企業平均
2019年 2.5年 12年
2018年 2.1年 13年
2017年 2.8年 13年
2016年 2.7年 13年
2015年 2.5年 13年

クックパッドの平均勤続年数は2019年で2.5年と、上場企業の平均と比べると短い水準となっています。

平均勤続年数も同じサービス業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が7.6年のため、業界内で見ても短い水準となります。

クックパッドの業績推移

クックパッドが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年12月期 113.6億円 18.2億円
2018年12月期 121.6億円 49.9億円
2017年12月期 134.7億円 77.1億円
2016年12月期 144.5億円 90.2億円
2015年12月期 115.6億円 68.5億円

まず、クックパッドと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年12月期の売上は、クックパッドが113.6億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。クックパッドの売上は平均と比べて低い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、クックパッドが6.5%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

クックパッド 上場企業平均
2019年12月期 3088万円 1.1億
2018年12月期 3406万円 9064万
2017年12月期 4810万円 9022万
2016年12月期 6423万円 9416万
2015年12月期 4500万円 9870万

次に、クックパッドと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年12月期で見ると、クックパッドは3088万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

クックパッド 上場企業平均
2019年12月期 495万円 788万
2018年12月期 1398万円 731万
2017年12月期 2754万円 741万
2016年12月期 4008万円 672万
2015年12月期 2664万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年12月期では、クックパッドは495万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
クックパッド株式会社
設立年月日
2004年9月1日
所在地
東京都渋谷区恵比寿4−20−3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
エリア
東京 
公式サイト
業界・業種
代表者名
岩田 林平
上場市場
東証1部
上場年月日
2009年7月17日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2023年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中