クラレの年収【2020年最新版】

面接対策には自己分析が重要?クラレはこんなものまで作っていた!職種別・出世後の年収はいくら?


クラレの平均年収は、2020年で前期に比べて下降傾向の699.4万円となりました。化学業界内では72位の平均年収です。クラレは高分子化学と合成化学分野の技術を使った製品を製造している企業です。「他人のやれないことをやる」をモットーとしている通り、他企業と差別化を図れる製品を作っているため、将来の安定性があります。新築の独身寮がある点も、従業員には嬉しいポイントです。家族手当や住宅手当などの手当も充実しています。平均勤続年数17.6年と、定着率も高くなっています。

クラレの平均年収概要

平均年収: 699.4万円 下降傾向
平均年齢
40.9歳
平均勤続年数
17.6年
従業員数
4,181人

クラレの平均年収推移

平均年収推移(クラレと上場企業平均)

クラレの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると0.9万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は685.3万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

クラレの平均年収推移(2015年〜2019年)

クラレの平均年収 年収
2019年 699万円
2018年 700万円
2017年 674万円
2016年 682万円
2015年 671万円
クラレの年収例をチェック

業界内やエリア内でのクラレのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
900位
3737社
全国の上場企業の平均年収より86.9万円高い

全国の平均年収より267.2万円高い
クラレの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
699.4万 612.5万 432.2万

クラレの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると86.9万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると267.2万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中900位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
72位
213社
化学業界の平均年収より43.9万円高い
クラレの平均年収 化学業界の平均年収
699.4万 655.5万

クラレが属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、クラレの年収は業界平均と比べて43.9万円高く、業界内順位を見ると213社中72位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
602位
1979社
東京都の平均年収より52.2万円高い
クラレの平均年収 東京都の平均年収
699.4万 647.2万

クラレの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、クラレの年収はエリア平均と比べて52.2万円高く、エリア内順位を見ると1979社中602位と高い順位となります。

クラレではボーナスはどれくらい貰える?

クラレでは4月と10月の年2回、ボーナスが支給されます。

平均支給額は約93万円〜220万円、男女間の差は最大で約45万円、ピークは50歳代前半で迎えます。

ボーナスは個人成績と連動しているため、努力や頑張りが顕著に年収にあらわれます。

また賞与だけでなく、東京在住の場合は45歳まで持ち家手当が3万円、借家補助7万円〜11万円支給されるなど、手当も充実しています。

クラレの職種別の年収

職種別の年収を比較すると、一般職の平均年収は約400万円〜600万円、技術職は約500万円〜630万円、総合職は約600万円〜830万円となっています。

ある段階に達するまで年収は皆平等にアップするため、安定しているのですが、仕事ができる人にとっては給与水準が伸びづらいと感じる人もいるようです。

しかし、頑張れば頑張った分だけ給与もアップしていくため、従業員のモチベーションに繋がっていることも事実です。

学歴別の初任給は、学部卒228,600円、事務系修士了244,200円、技術系修士了255,800円、博士了282,300円となっており、他企業と比較しても高めの金額設定と言えるでしょう。

クラレでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、係長の平均年収は約650万円〜770万円、課長は約860万円〜1032万円、部長は約950万円〜1300万円となっています。

管理職に昇進すると評価制度によって年収が決定されるため、仕事ができる人にとっては、仕事量や内容に見合った評価が得られると満足の声も多数聞かれます。

しかし、近年は管理職の人口が多くなってきていることから、昇進しにくい状態になっているようです。

出世するためには、仕事ができるかどうかだけでなく、高いコミュ二ケーションスキルも必須とされます。

クラレの社長や役員の年収

代表取締役社長の伊藤 正明氏の年収は公開されていませんでしたが、その他の取締役の平均年収は約5500万円、監査役は約2800万円となっています。

年功序列の制度は廃止の方向に進み、成果主義へと変わろうとしています。

完全に成果主義に移行した後、従業員のモチベーションのアップに伴い、業績や収益の増加に繋がることが期待されます。

競合他社とクラレの年収比較

クラレの競合他社というと、カネカ旭化成などが挙げられます。

最新の有価証券報告書によれば、カネカの平均年収は約753.3万円、旭化成の平均年収は約787.1万円となっています。

クラレの平均年収は約699.4万円ですので、カネカや旭化成よりも年収が低いことが分かります。

現在は新事業への取り組みにも注力していますので、今後の活躍に期待しましょう。

クラレの事業内容

クラレは、化学業界に属する日本の大手企業です。

主な事業

クラレは、国産技術によって世界初の合成繊維ビニロンの事業化に成功した企業です。

テレビや携帯電話などの液晶画面に欠かせない「クラレポバールフィルム」 、マヨネーズやケチャップなどの食品包装材や化粧品・薬品の容器に使用される「エバール」など、地球環境に優しく、更に暮らしを便利にする様々な製品を開発しています。

その他にも、中にはランドセルに使用される人工皮革「クラリーノ」、マジックテープ、空気や水を綺麗にする活性炭、天然の歯に近い美しさを与える歯科材料、火星探査機着陸用エアバッグに使用されている「ベクトラン」など、多くの製品が世界・国内シェアのトップを誇っています。

その他の事業

クラレの新事業創出を目指し、自動車関連部材や細胞培養プレートなどに用いられる「エルプラシア」、LEDイルミネーションなどに使用されるアミューズメント向け光学フィルム「レジェンダ」、回路基板材料として使用される独自開発の液晶ポリマーフィルム「ベクスター」などの技術開発や市場開拓を推進しています。

クラレの歴史

クラレの歴史についてご紹介します。

  • 1926年:「倉敷絹織(株)」創立
  • 1928年:レーヨン長繊維(糸)事業化
  • 1933年:東京、大阪株式取引所に上場
  • 1937年:レーヨン短繊維(綿)事業化
  • 1943年:社名を「倉敷航空化工(株)」に変更
  • 1945年:社名を「倉敷絹織(株)」に復帰
  • 1949年:社名を「倉敷レイヨン(株)」に変更
  • 1960年:面ファスナー(マジックテープ)、ビニロン長繊維(糸) 事業化
  • 1970年:社名を「(株)クラレ」に変更
  • 1978年:歯科材料事業化
  • 1985年:ソフトコンタクトレンズ事業化
  • 1996年:米国現地法人の持株・統括会社「クラレアメリカ」設立
  • 2007年:「ミラバケッソ」をキーワードにしたテレビCM放映開始
  • 2010年:ビニロンが国立科学博物館の「未来技術遺産」に登録
  • 2018年:米国の活性炭製造・販売メーカーCalgon Carbon社を買収

クラレが属するクラレグループとは?

クラレグループレとは、クラレが中心核となるグループ企業のことです。

所属企業には、倉庫業・物流・加工業を行う岡山臨港、宿泊施設・飲食施設の経営を行う倉敷国際ホテル、経営コンサルティング、技術情報・技術の取引仲介を行うテクノソフトなどがあります。

クラレの採用情報

クラレでは、新卒採用、中途採用、障がい者採用にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、研究開発、商品・用途開発、技術開発、知的財産、技術営業などの技術職、営業・法務・経理・総務・人事などの事務職にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京千代田区および大阪・新潟・茨城・岡山・愛媛の事業所、研究所のいずれかになります。

将来的には海外勤務の可能性もあります。

選考方法は、エントリーシート提出→書類審査→筆記試験→適性検査→面接(複数回)→内定です。

中途採用

中途採用では、現在本社での募集は行われておらず、全国の事業所にて募集を行っています。

【倉敷事業所】設備設計職、設備技術職、液晶用光学フィルムの生産オペレーター職、ポリエステル繊維の生産オペレーター職

【岡山事業所】設備管理・設計担当、化学製品の生産オペレーター職

【西条事業所】プラントエンジニア

【新潟事業所】設備エンジニア、化学製品の生産オペレーター、安全衛生・保安防災担当者、歯科材料製品の生産補助

【鹿島事業所】プラントエンジニア、研究開発、化学製品の生産オペレーター職、人事

選考方法は、エントリーシート提出→書類審査→筆記試験→適性検査→面接(複数回)→内定です。

クラレで求められる人材像

クラレでは、求める人材について以下のように語っています。

  • 自らが当事者意識を持って、自発的に考えながら、仕事を推進できる力
  • 価値観の異なる人々と協働し、成果を産み出す力
  • 未知への挑戦や成長、変化を楽しむ力
  • 「世のため人のため、他人のやれないことをやる」クラレの価値観に共鳴してくれる人

今までに無い繊維や新しい製品を作り続けていくためには、発想力や想像力、行動力などが問われる会社です。

そのため、新しい価値を創造するために、何事も楽しみながら仕事に取り組める人材が強く求められます。

クラレに就職、転職するためには?

クラレの社員によると、面接では「あなたにとって仕事とは何か」「苦手な人はどんな人?」など、一般企業の面接では珍しい質問をされることが多いようです。

どんな人間なのか、どんな考え方をしているのかなど、その人の人間性を知ろうとする傾向にあるため、自己分析と自己理解が重要なポイントとなるでしょう。

もちろん「志望動機」や「入社したら何がしたいか」など、一般的な質問もあります。

企業研究など基本的な質問に対する準備も大切ですが、まずは自分がどんな人なのかを改めて考え、整理しておくことをおすすめします。

クラレの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(クラレと上場企業平均)

クラレ 上場企業平均
2019年 4,181人 1,035人
2018年 4,019人 1,071人
2017年 3,832人 1,042人
2016年 3,386人 1,055人
2015年 3,327人 1,055人

クラレの従業員数は2019年で4,181人と、1年前と比べて162人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にクラレと同じ化学業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が913人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(クラレと上場企業平均)

クラレ 上場企業平均
2019年 40.9歳 41歳
2018年 41.0歳 41歳
2017年 41.3歳 40歳
2016年 41.2歳 40歳
2015年 41.2歳 40歳

クラレの平均年齢は2019年で40.9歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ化学業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(クラレと上場企業平均)

クラレ 上場企業平均
2019年 17.6年 12年
2018年 17.9年 13年
2017年 18.6年 13年
2016年 18.8年 13年
2015年 18.9年 13年

クラレの平均勤続年数は2019年で17.6年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ化学業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.3年のため、業界内で見ても長い水準となります。

クラレの業績推移

クラレが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年12月期 2363.2億円 327.2億円
2018年12月期 2481.5億円 436.1億円
2017年12月期 2426.6億円 464.0億円
2016年12月期 2177.3億円 417.2億円
2015年12月期 2225.6億円 436.7億円

まず、クラレと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年12月期の売上は、クラレが2363.2億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。クラレの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、クラレが4.8%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

クラレ 上場企業平均
2019年12月期 5652万円 1.1億
2018年12月期 6174万円 9064万
2017年12月期 6332万円 9022万
2016年12月期 6430万円 9416万
2015年12月期 6689万円 9870万

次に、クラレと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年12月期で見ると、クラレは5652万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

クラレ 上場企業平均
2019年12月期 783万円 788万
2018年12月期 1085万円 731万
2017年12月期 1211万円 741万
2016年12月期 1232万円 672万
2015年12月期 1312万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年12月期では、クラレは783万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
株式会社クラレ
設立年月日
1926年6月24日
所在地
東京都千代田区大手町1−1−3 大手センタービル
エリア
東京 
公式サイト
業界・業種
代表者名
伊藤 正明
上場市場
東証1部
上場年月日
1949年5月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年6月25日

SNSシェア用テキスト

表示準備中