タナベ経営の年収【2022年最新版】

出世は実力次第?競合会社と比較すると?就活前に知っておくべき面接のポイントは?


タナベ経営の平均年収

タナベ経営の平均年収は、2022年で前期に比べて上昇傾向の695.0万円でした。サービス業界内では61位の平均年収でした。タナベ経営は、経営コンサルティング企業です。実力主義でオープンな雰囲気があります。研修が3年間あるので、新人でもしっかりと学ぶことが可能です。顧客から直接評価をもらえるので、明確なやりがいを持って働けるでしょう。スケジュールは自己管理なので、自分次第でワークライフバランスの調整が可能です。オフィスがアクセスの良い場所にあり、通勤もしやすいです。

タナベ経営の平均年収概要

平均年収: 695.0万円 上昇傾向
平均年齢
37.8歳
平均勤続年数
9.0年
従業員数
356人

タナベ経営の平均年収推移

平均年収推移(タナベ経営と上場企業平均)

タナベ経営の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると2.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は686.2万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

タナベ経営の平均年収推移(2015年〜2019年)

タナベ経営の平均年収 年収
2019年 695万円
2018年 693万円
2017年 693万円
2016年 678万円
2015年 672万円

業界内やエリア内でのタナベ経営のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
936位
3737社
全国の上場企業の平均年収より82.5万円高い

全国の平均年収より262.8万円高い
タナベ経営の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
695.0万 612.5万 432.2万

タナベ経営の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると82.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると262.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中936位と高い順位となります。

サービス業界内での比較

業界内順位
61位
469社
サービス業界の平均年収より136.2万円高い
タナベ経営の平均年収 サービス業界の平均年収
695.0万 558.8万

タナベ経営が属するサービス業界の上場企業の平均年収は558.8万円です。 そのため、タナベ経営の年収は業界平均と比べて136.2万円高く、業界内順位を見ると469社中61位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
109位
426社
大阪府の平均年収より69.2万円高い
タナベ経営の平均年収 大阪府の平均年収
695.0万 625.8万

タナベ経営の所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、タナベ経営の年収はエリア平均と比べて69.2万円高く、エリア内順位を見ると426社中109位と高い順位となります。

タナベ経営ではボーナスはどれくらい貰える?

タナベ経営では6月と12月の年2回、約3ヶ月~5ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約90万円~225万円で、職種によって異なるようです。

業績に応じて決算賞与も支給されるので、その分年収もアップすると言えます。

タナベ経営の職種別の年収

タナベ経営の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約400万円~880万円
  • 技術職:約420万円~860万円
  • 総合職:約580万円~1230万円

成果主義であるため、実績を残すことができれば年収は更に増加するようです。

タナベ経営では出世するとどれくらいの年収が貰える?

タナベ経営で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約785円~1190万円
  • 課長クラス:約1040万円~1570万円
  • 部長クラス:約1320万円~1735万円

実力が重視されるため、成果を出している社員が優先的に出世していく傾向にあります。

業務に真摯に取り組み結果を出すことで、出世への道も開けると考えられます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中