エン・ジャパン【2022年最新版】(2ページ目)

バカリズムのテレビCMが話題!エン・ジャパンってどんな会社?女性の働きやすさは?求人内容は?


エン・ジャパンの社長や役員の年収

有価証券報告書によると、役員年収はそれぞれ取締役:2466万円、監査役:1000万円、社外取締役:200万円、社外監査役:75万円です。

代表取締役会長の越智通勝氏、代表取締役社長の鈴木孝二氏の年収は公開されていません。

ただ、有価証券報告書に「年収が1億円を超える者はいない」と明記されています。

また、代表取締役は他の役員の年収よりも高いと考えられます。

よって、会長や社長の年収は約2500万円以上〜1億円未満でしょう。

競合他社とエン・ジャパンの年収比較

エン・ジャパンの競合他社としては、パソナグループパーソルホールディングスなどが挙げられます。

有価証券報告書によると、パソナグループの年収は597万円、パーソルホールディングスの年収は638万円でした。

エン・ジャパンの年収は500万円なので、いずれの競合他社の年収にもおよびません。

ただ、近年エン・ジャパンの売上や経営利益は上昇傾向です。

平均年収も2016年:462万円、2017年:483万円、2018年:495万円と、少しずつ上がってきています。

今後の更なる年収アップに期待したいところです。

エン・ジャパンの事業内容

主な事業

転職サービスの「エン転職」、人材派遣サービスの「エン派遣」、ハイキャリア向け転職サービスの「AMBI」などの、人材採用・紹介がメインの事業です。

特に「エン転職」については、芸人のバカリズムさんと女優の松岡茉優さんを起用したテレビCMが話題となりました。

テレビCM以外にも、都心部の駅・電車内で大型ポスターなどを目にしたことがある方は多いかもしれません。

また、人事・採用者向けサービスとして、採用HP作成・求人掲載サービスの「engage」や、選考プロセス管理ツール「Hirehub」などの事業も展開しています。

その他の事業

その他の事業として、クチコミサイト「カイシャの評判」が有名です。

テック業界のWEBメディアとして「キャリアハック」、フリーランス業務委託のマネジメントシステム「pasture」などもあります。

エン・ジャパンの歴史

エン・ジャパンは設立から20年ほどの比較的新しい企業です。

その沿革を簡単にまとめました。

  • 2000年 日本ブレーンセンターの一部が分離独立しエン・ジャパン設立
  • 2001年 JASDAQ市場へ上場
  • 2002年 「[en]社会人の就職情報」が「転職情報サイトランキング」総合第1位を獲得
  • 2005年 ディスクロージャーの新興市場部門にて優良企業として初選出
  • 2006年 中国のネット求人会社に出資
  • 2009年 レビックグローバル、ウィルソン・ラーニング ワールドワイドと業務提携

リロ・ホールディングと資本提携、ファーマネットワーク、ラクラスと資本業務提携

  • 2011年 中国上海に人材紹介会社を設立
  • 2012年 香港・韓国に人材紹介会社を設立、オーストラリアの人材紹介会社を子会社化
  • 2013年 ビジネスアイデアのコンテストサイト「コトナス」オープン
  • 2014年 インドの人材紹介会社を子会社化

国内最大級に成長した「社会人の転職情報」を「エン転職」へ、リニューアル

  • 2015年 アイタンクジャパンを子会社化
  • 2018年 東京証券取引所 市場第一部へ市場変更
  • 2019年 アウルスを子会社化、インドのIT人材派遣を孫会社化、JapanWorkを子会社化
  • 2020年 Brocanteを子会社化

比較的新しい会社であるにも関わらず、転職サイト業界でのランクイン、M&Aによる事業拡大、海外進出などの数々の飛躍が見られます。

エン・ジャパンが属するエングループとは?

エン・ジャパンが中心となっているエングループは、HR(Human resources)いわゆる人材業界の分野で成長してきた大規模グループ企業です。

新規事業の分野として、文章解析AIやチャットボットなどのテクノロジーも積極的に導入。

近年ではグローバル展開にも注力しており、ベトナム、インド、タイ、中国などにグループ会社を持っています。

エン・ジャパンの採用情報

エン・ジャパンでは新卒採用と中途採用を実施。

社員の男女比は男性47.1%、女性52.9%と女性が多く、「世界一」女性が働きやすい職場環境を目指しているそうです。

産休・育休取得実績は3年連続50名以上です。

結婚後・出産後も長期的に勤務したいと考えている方に、おすすめできます。

新卒採用

新卒採用は大きく分けて下記3つのコースについて募集されています。

(1)コンサルティングセールス、キャリアパートナー、イントラプレナーなどの「ビジネスコース」

(2)プロダクト企画、デジタルマーケティングなどの「企画・マーケティングコース」

(3)コピーライターなどの「コピーライターコース」

出身学部・学科は不問で、大学院・大学・短大・専門・高専の卒業見込み者に、広く門戸が開かれています。

エントリー>セミナー(適正テスト含む)>複数回の面接>内定という順番で選考が進みます。

例年、101名~200名程度が採用されているようです。

中途採用

エン・ジャパンにおける中途入社は53%。新卒入社の47%と比べて高くなっています。

中途入社後、様々な制度が利用できるのもエン・ジャパンの特徴です。

具体的には、新規事業の提案制度「エンタネ」、管理職をお試しする「チャレンジ管理職制度」、研修サービスの無料受講制度(退職後も受講可能)、退職者が復職する「ウェルカムバック制度」などが挙げられます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中