ぐるなびの年収【2022年最新版】

メインで展開するサービスの会員数1000万人以上!?飲食店の支援等も手掛ける大手企業!ボーナス支給額は実力次第?


ぐるなびの平均年収

ぐるなびの平均年収は、2022年で前期に比べて下降傾向の561.0万円でした。サービス業界内では185位の平均年収です。ぐるなびは、飲食店の情報を集めたWEBサイトを運営する企業です。和気あいあいとした雰囲気を持ち、若手でも活躍できる環境があります。担当した飲食店の経営に関わることができるので、やりがいを感じながら仕事に励めるでしょう。コンプライアンス意識も高く、働き方改革を着々と進めています。オフィスの立地が良い点もメリットです。

ぐるなびの平均年収概要

平均年収: 561.0万円 下降傾向
平均年齢
36.3歳
平均勤続年数
6.1年
従業員数
1,688人

ぐるなびの平均年収推移

平均年収推移(ぐるなびと上場企業平均)

ぐるなびの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると12.6万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は567.8万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

ぐるなびの平均年収推移(2015年〜2019年)

ぐるなびの平均年収 年収
2019年 561万円
2018年 574万円
2017年 571万円
2016年 573万円
2015年 560万円

業界内やエリア内でのぐるなびのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
2245位
3737社
全国の上場企業の平均年収より51.5万円低い

全国の平均年収より128.8万円高い
ぐるなびの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
561.0万 612.5万 432.2万

ぐるなびの平均年収は、日本の上場企業の平均年収と比べると51.5万円低く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると128.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中2245位と低い順位となります。

サービス業界内での比較

業界内順位
185位
469社
サービス業界の平均年収より2.2万円高い
ぐるなびの平均年収 サービス業界の平均年収
561.0万 558.8万

ぐるなびが属するサービス業界の上場企業の平均年収は558.8万円です。 そのため、ぐるなびの年収は業界平均と比べて2.2万円高く、業界内順位を見ると469社中185位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
1304位
1979社
東京都の平均年収より86.2万円低い
ぐるなびの平均年収 東京都の平均年収
561.0万 647.2万

ぐるなびの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、ぐるなびの年収はエリア平均と比べて86.2万円低く、エリア内順位を見ると1979社中1304位と低い順位となります。

ぐるなびではボーナスはどれくらい貰える?

ぐるなびでは6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約80万円~180万円で、実力主義であるため頑張りがボーナスにきちんと反映されます。

業績が良かった年には臨時ボーナスも支給されたようなので、モチベーションを保って業務に取り組めます。

ぐるなびの職種別の年収

ぐるなびの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約300万円~585万円
  • 技術職:約330万円~575万円
  • 総合職:約480万円~820万円

また、2020年4月実績では学歴別の初任給は以下の通りでした。

  • 院了:230,000円
  • 学卒:220,000円

昇給は毎年7月・1月の2回行われるため、長く勤めることで大幅なベースアップが狙えます。

ぐるなびでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ぐるなびで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約615万円~645万円
  • 課長クラス:約830万円~855万円
  • 部長クラス:約940万円~1040万円

女性活躍推進活動にも力を入れており、現在は2022年までに女性管理職比率25%を達成することを目標に、サポート体制を整える等環境の整備に尽力。

今後女性社員もますます働きやすい環境となると見込めます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中