タカラレーベンの年収【2022年最新版】

出世後の報酬は1000万円以上!その報酬の高さの理由とは!?選考内容についても詳しく分析!


タカラレーベンの平均年収

タカラレーベンの平均年収は、2022年で661.5万円でした。不動産業界内では59位、全体では1181位です。タカラレーベンは、マンションの開発・販売等不動産関連事業を中心とした企業です。入社1年目からマンション企画に携わる等責任ある仕事を任されるので、実践的に仕事を覚えられます。実力主義で、社員を年齢や社歴に関係なく評価する社風。半年毎に行われる「決起大会」では表彰も行われます。中でも「ホープ賞」は、入社初年度のみ獲得可能。1人だけに与えられる賞であるため、モチベーションも上がります。従業員数296人、平均年齢は34.7歳と若手社員が多いです。

タカラレーベンの平均年収概要

平均年収: 661.5万円 上昇傾向
平均年齢
34.7歳
平均勤続年数
5.4年
従業員数
296人

タカラレーベンの平均年収推移

平均年収推移(タカラレーベンと上場企業平均)

タカラレーベンの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると30.5万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は630.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

タカラレーベンの平均年収推移(2015年〜2019年)

タカラレーベンの平均年収 年収
2019年 661万円
2018年 631万円
2017年 620万円
2016年 607万円
2015年 632万円

業界内やエリア内でのタカラレーベンのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1181位
3737社
全国の上場企業の平均年収より49.0万円高い

全国の平均年収より229.3万円高い
タカラレーベンの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
661.5万 612.5万 432.2万

タカラレーベンの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると49.0万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると229.3万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1181位と高い順位となります。

不動産業界内での比較

業界内順位
59位
134社
不動産業界の平均年収より1.3万円低い
タカラレーベンの平均年収 不動産業界の平均年収
661.5万 662.8万

タカラレーベンが属する不動産業界の上場企業の平均年収は662.8万円です。 そのため、タカラレーベンの年収は業界平均と比べて1.3万円低く、業界内順位を見ると134社中59位と平均的な順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
761位
1979社
東京都の平均年収より14.3万円高い
タカラレーベンの平均年収 東京都の平均年収
661.5万 647.2万

タカラレーベンの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、タカラレーベンの年収はエリア平均と比べて14.3万円高く、エリア内順位を見ると1979社中761位と高い順位となります。

タカラレーベンではボーナスはどれくらい貰える?

タカラレーベンでは7月と12月の年2回、約4ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約115万円~220万円でした。

完全に成果主義であるため、成果を出すほど支給額もどんどん上昇していくようです。

実力次第では若手社員であっても充分な額が得られるため、自身の頑張りをきちんと評価されたいという方にはぴったりの環境です。

タカラレーベンの職種別の年収

タカラレーベンの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約300万円~665万円
  • 技術職:約330万円~650万円
  • 総合職:約520万円~930万円

時間外手当や交通費が全額出るだけでなく、資格手当等も支給されます。

一級建築士であれば月に50,000円、宅建であれば月に20,000円等、資格によって支給額はやや異なります。

取得を推奨されている資格にどんどんチャレンジすることで、月収だけでなく年収も上げることができると見込めます。

タカラレーベンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

タカラレーベンで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約690万円~770万円
  • 課長クラス:約905万円~1035万円
  • 部長クラス:約1065万円~1295万円

リクナビによると、2019年時点で女性管理職比率は8.5%だったとのことです。

近年では社員全員が更に働きやすい環境を作るため、テレワーク制度等をはじめとした各種制度の充実化を図っています。

今後女性社員も更に活躍することのできる環境になると期待できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中