アスクルの年収【2023年最新版】(2ページ目)

顧客満足度の高さでも有名な大手通信販売会社!報酬の高さの秘密とは?就活前に知っておきたい面接の特徴は?気になるポイントを徹底的に解説!


アスクルの社長や役員の年収

2020年の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しないとのことでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役5名に対して総額1億2000万円で1人あたり2400万円、社内監査役1名に対して1800万円が支給されていました。

このことから、代表取締役社長CEOの吉岡晃氏の報酬は2400万円以上1億円未満であると考えられます。

現在は新規顧客が増加傾向にあるため、ビッグデータ・AI機能を活用してWEBサイトに画像検索機能を追加する等、利便性の向上に尽力。

購買点数・単価の増加を図り、従来顧客に対しての更なるサービスの拡充にも取り組んでいます。

今後、利益に応じて役員の報酬も少しずつ伸びていくかもしれません。

競合他社とアスクルの年収比較

アスクルの競合会社として、MonotaROフェリシモ等が挙げられます。

それぞれの年収を見ると、アスクルは673万円、MonotaROは550万円、フェリシモは675万円と、現時点ではフェリシモには及びませんでしたが、その差は約2万円とあまり大きくないことが分かります。

小売・流通・外食業界の平均年収507.1万円と比較しても、アスクルの年収の方が約165.5万円高いことから、水準は高いと言って良いでしょう。

J.D.パワージャパンによると、2020年のオフィス用品通販サービスの総合満足度ランキングでアスクルはNo.1を取得。

顧客との間に複数の販売システムを設置し、役割ごとに業務を分担することによって効率を高めています。

あらゆる工夫を施すことで顧客に対して迅速・丁寧なサービスを提供でき、その結果高い顧客満足度に繋がっていると考えられます。

人気と信頼度の高さにより利益も増加し、今後年収は更に高くなっていくと考えられます。

アスクルの平均年収が高い理由

2017年から2019年にかけてのアスクルの売り上げ及び経常利益の推移を確認すると、売り上げは2017年で3061.0億円、2018年で3194.1億円、2019年で3406.2億円でした。

また経常利益は、2017年で89.5億円、2018年で31.7億円、2019年で47.0億円となっていました。

経常利益が2018年に一度下降していますが現在は回復傾向にあり、売り上げに関しては直近3年間で約345.2億円上昇しました。

近年では新型コロナウイルスの影響を受け、医療機関・物流サービス業を中心に衛生用品等のニーズが急上昇。

WEBサイトを通じてすぐに必要な商品を届けてもらえる利便性が、高い年収の理由の一つとして考えられます。

今後はニーズに応じて、オフィス・製造業・サービス業・個人事業主等に対しても、更に行き届いたサービスを提供することを目指しているため、より収益も上がり、平均年収も伸びると期待できます。

アスクルが属するソフトバンクグループとは?

ソフトバンクグループは、アスクルをはじめとしてヤフー、LINE、Zフィナンシャル等の大手企業が多数所属するグループです。

グループ企業では、インターネット広告事業、イーコマース事業、コンテンツサービス等、様々な事業やサービスを手掛けています。

アスクルの採用情報

アスクルでは現在、新卒採用・キャリア採用がそれぞれ行われています。

募集職種や選考について詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、総合職・エンジニア職とで募集を行っています。

入社後はそれぞれ以下の職種・部門に配属される予定です。

  • 総合職:ECマーケティング、営業、カタログ企画、WEB企画、マーチャンダイザー、調達管理、受注センター、物流企画、お客様サービスデスク、IT/システム、事業企画、管理部門
  • エンジニア職:Webサイト・スマホアプリケーション、EC関連システム、物流・ロジスティクスへのテクノロジー

配属先は、入社後の研修を通して自身の希望・適性等を鑑みて決められます。

研修の一環として部門別研修が用意されており、複数の部署をローテーションで経験することができるので、特に希望する部署等があればその旨を伝えるようにしましょう。

これまでの採用実績としては、総合職・エンジニア職とでそれぞれ以下の通りです。

総合職

  • 2019年:25名
  • 2020年:27名
  • 2021年:16名

エンジニア職

  • 2019年:10名
  • 2020年:11名
  • 2021年:5名

2023年3月までに大学院・大学・短大・高専・専門学校を卒業(見込み)の方、2023年4月に入社できる職務経歴のない方を募集対象としています。

総合職・エンジニア職それぞれで学部・学科による制限があるかどうかの記載が見られなかったため、念のため確認しておいても良いかもしれません。

選考は、エントリー→説明会→エントリーシートの提出→WEB適性検査→面接(複数回)→最終面接の順で進みます。

過去に選考を受けた方の体験談を見ると、WEB適性検査は言語・非言語問題が出題され、各設問ごとに制限時間が設けられていたとのことです。

制限時間は問題によって異なるようなので、焦らず落ち着いて解くよう心がけましょう。

また説明会への参加は任意となるようですが、アスクルへの理解を深めるための絶好の機会です。

スケジュール調整を徹底し、なるべく参加するようにしましょう。

キャリア採用

キャリア採用では現在、公式ホームページにて、IT・エンジニア、物流それぞれで以下の職種の募集が行われています。

  • IT・エンジニア:WEBアプリケーションエンジニア、エンジニアリングマネージャー、システムエンジニア、企画・ディレクター、システム企画等
  • 物流:物流システムエンジニア、物流設備(マテハン等)のメンテナンス職

どの職種においても、応募する上では実務経験が必須となります。

どのようなスキル・経験が必要か、どのような人材を求めているか等、職種ごとに公式ホームページの募集要項に記載されているため、応募前に必ず確認するようにしましょう。

応募は、各募集要項の最下部「この職種に応募する」から、エントリーフォームを記入することで応募できます。

自身の基本情報・学歴・直近の職歴・語学力・志望理由・転職理由等、記入する項目が多いため、時間を充分に取って応募するようにしましょう。

また履歴書・職務経歴書のファイルの添付も求められるので、事前の作成が必要です。

アスクルで求められる人材像

アスクルが求める人材像として、リクナビには以下のように記載されています。

  • 既存の枠組みや常識にとらわれることなく、新しい価値を創造できる人材
  • 自ら高い目標を達成しようという「志」を持ち、目標達成のために周囲を説得して巻き込み、目標達成に向かって諦めず最後まで走り切れる人

代表取締役社長CEOの吉岡晃氏のメッセージを見ると、以下の文言が見られました。

  • 「新しい日常を見据え、環境変化にいち早く対応するために必要なことは、変革マインドとスピードです。」
  • 「お客様が求めるもの、社会にとって善いものを提供し続けるために、今までの常識を打ち破り、ともに挑戦し続けていける仲間を待っています。」
  • 「失敗やリスクを恐れず、思い切って大胆に、そしてなによりこの変革への挑戦を楽しみ、お客様や社会とともに、自分自身も幸せになってほしい。そう強く願っています。」

また、アスクルの価値観”ASKUL WAY"として以下の三つが掲げられています。

  • 変革と最速:お客様と地球に最適な変革を、時代の変化より先に最速で実現する。
  • 多様性と共創:多様性を尊重し、あらゆる壁を超え、さまざまな個性と共創する。
  • 誠実と誇り:何事にも誠実に取り組む。誇りを持ちながら謙虚さを忘れない。

存在意義として「仕事場とくらしと地球の明日に『うれしい』を届け続ける」を大切にしていることからも、アスクルでは向上心・リーダーシップ・粘り強さ・挑戦心・素直さ等があり、何事にも積極的な姿勢を持つ人材を求めていると考えられます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2023年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中