アスクルの年収【2021年最新版】

顧客満足度の高さでも有名な大手通信販売会社!報酬の高さの秘密とは?就活前に知っておきたい面接の特徴は?気になるポイントを徹底的に解説!


アスクルの平均年収

アスクルの平均年収は、2021年で672.6万円で前期に比べて下降傾向にあります。小売・流通・外食業界内では32位、全体では1090位、東京都内では716位です。アスクルという社名は「翌日配達する」…「明日来る」が由来です。主に通信販売を行っている企業で、あのLOHACOもアスクルが運営しています。商品開発や物流等にも携われるため、知識やスキルの向上も目指せます。現在798人の社員がいますが、社員同士も仲が良く過ごしやすい雰囲気です。平均勤続年数は7.3年と少々短めです。

アスクルの平均年収概要

平均年収: 672.6万円 下降傾向
平均年齢
40.4歳
平均勤続年数
7.3年
従業員数
798人

アスクルの平均年収推移

平均年収推移(アスクルと上場企業平均)

アスクルの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると61.7万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は726.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

アスクルの平均年収推移(2015年〜2019年)

アスクルの平均年収 年収
2019年 673万円
2018年 734万円
2017年 677万円
2016年 782万円
2015年 769万円

業界内やエリア内でのアスクルのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1090位
3737社
全国の上場企業の平均年収より60.1万円高い

全国の平均年収より240.4万円高い
アスクルの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
672.6万 612.5万 432.2万

アスクルの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると60.1万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると240.4万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1090位と高い順位となります。

小売・流通・外食業界内での比較

業界内順位
32位
351社
小売・流通・外食業界の平均年収より165.5万円高い
アスクルの平均年収 小売・流通・外食業界の平均年収
672.6万 507.1万

アスクルが属する小売・流通・外食業界の上場企業の平均年収は507.1万円です。 そのため、アスクルの年収は業界平均と比べて165.5万円高く、業界内順位を見ると351社中32位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
711位
1979社
東京都の平均年収より25.4万円高い
アスクルの平均年収 東京都の平均年収
672.6万 647.2万

アスクルの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、アスクルの年収はエリア平均と比べて25.4万円高く、エリア内順位を見ると1979社中711位と高い順位となります。

アスクルではボーナスはどれくらい貰える?

アスクルでは年俸制が採用されているため基本的にボーナスはありませんが、6月と12月の年2回、年俸を14分割した額が賞与月給与として支給されます。

平均支給額は約115万円~210万円で、業績が良い場合には決算賞与も出るようです。

年2回の査定により年俸が決まるため、頑張ればその分賞与月給与の支給額も増加すると考えられます。

また中途入社者の方は前職の年収がベースとなって年俸が決められるようなので、入社時点できちんと交渉するようにしましょう。

アスクルの職種別の年収

アスクルの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約300万円~740万円
  • 技術職:約330万円~725万円
  • 総合職:約520万円~1030万円

また、学歴別の初任給は総合職・エンジニア職共に以下の通りです。

  • 大学院卒 : 220,000円
  • 大学卒 : 210,000円
  • 短大卒・高専卒・専門卒 : 200,000円

住宅手当が月に最大50,000円支給される他、最近では新しい働き方手当(テレワーク補助)として月に6,000円支給されることになりました。

福利厚生はもちろん各種手当も充実しているので、入社と同時に一人暮らしを始めるという方も安心できます。

アスクルでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

アスクルで出世した場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約685万円~810万円
  • 課長クラス:約900万円~1070万円
  • 部長クラス:約1120万円~1240万円

アスクルではこれまでにも「働く女性支援プロジェクト」や「ダイバーシティ推進プロジェクト」等を推進し、女性社員もより活躍することのできる環境作りに取り組んできました。

その結果、女性管理職比率は12.3%(2014年)から22.1%(2020年)まで上昇。

2017年には「えるぼし」の三ツ星及び「くるみんマーク」を取得し、2019年には「家庭と仕事の両立支援推進企業」に認定されました。

現在は2025年までに女性管理職比率30%を達成することを目標にし、より一層力を入れて活動に取り組んでいるため、今後更に女性社員にとってもキャリアを形成しやすい環境になると期待できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年6月8日

SNSシェア用テキスト

表示準備中