因幡電機産業の年収【2022年最新版】

創業80年以上の老舗企業!気になるボーナス支給額は?就活で心がけたいことについても解説!


因幡電機産業の平均年収

因幡電機産業の平均年収は、2022年で前期に比べて上昇傾向の810.5万円となりました。商社・卸売業界内では34位の平均年収です。因幡電機産業は電線や配線器具を扱う商社です。取引先は大企業から中小企業まで幅広いので、刺激を受けながら仕事に臨めます。会社に9割負担してもらえる借上社宅があるので、生活を安定させやすいです。給与はボーナスの比率が高く、業績が良いときはより多く貰えます。

因幡電機産業の平均年収概要

平均年収: 810.5万円 上昇傾向
平均年齢
38.3歳
平均勤続年数
14.6年
従業員数
1,331人

因幡電機産業の平均年収推移

平均年収推移(因幡電機産業と上場企業平均)

因幡電機産業の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると78.6万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は776.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

因幡電機産業の平均年収推移(2015年〜2019年)

因幡電機産業の平均年収 年収
2019年 811万円
2018年 732万円
2017年 733万円
2016年 750万円
2015年 859万円

業界内やエリア内での因幡電機産業のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
367位
3737社
全国の上場企業の平均年収より198.0万円高い

全国の平均年収より378.3万円高い
因幡電機産業の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
810.5万 612.5万 432.2万

因幡電機産業の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると198.0万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると378.3万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中367位と高い順位となります。

商社・卸売業界内での比較

業界内順位
34位
330社
商社・卸売業界の平均年収より184.5万円高い
因幡電機産業の平均年収 商社・卸売業界の平均年収
810.5万 626.0万

因幡電機産業が属する商社・卸売業界の上場企業の平均年収は626.0万円です。 そのため、因幡電機産業の年収は業界平均と比べて184.5万円高く、業界内順位を見ると330社中34位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
49位
426社
大阪府の平均年収より184.7万円高い
因幡電機産業の平均年収 大阪府の平均年収
810.5万 625.8万

因幡電機産業の所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、因幡電機産業の年収はエリア平均と比べて184.7万円高く、エリア内順位を見ると426社中49位と高い順位となります。

因幡電機産業ではボーナスはどれくらい貰える?

因幡電機産業では夏と冬の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約110万円~270万円で、業績が良い年には年間で約7ヶ月~9ヶ月分のボーナスが出ます。

7月には業績賞与も支給されるため、満足しているという声が多く見られました。

因幡電機産業の職種別の年収

因幡電機産業の年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約350万円~805万円

技術職:約400万円~785万円

総合職:約650万円~1125万円

因幡電機産業の平均年収は811万円なので、総合職に就くことで平均以上の年収が望めるでしょう。

因幡電機産業では出世するとどれくらいの年収が貰える?

因幡電機産業で出世した場合の年収も見ていきましょう。

係長クラス:約705万円~950万円

課長クラス:約925万円~1275万円

部長クラス:約1185万円~1600万円

因幡電機産業で出世する社員の特徴としては、社内に限らず取引先の方とも良い人間関係を築けることが挙げられるようです。

業務外にも積極的にコミュニケーションを取るよう心がけると良いでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中