東京エレクトロン デバイスの年収【2022年最新版】

出世後の報酬は1000万円以上!?現在の事業の取り組みは?選考までに準備しておくべきことは?気になる点を一気に分析!


東京エレクトロン デバイスの平均年収

東京エレクトロン デバイスの平均年収は、2022年で747.6万円で前期に比べて上昇傾向にあります。商社・卸売業界内では56位、全体では604位、神奈川県内では25位です。東京エレクトロン デバイスでは、3年で独り立ちできるよう教育プログラムが組まれています。専門スキルやビジネススキル、語学まで用意。会社内のルールも学ぶことが可能です。社内は自由に発言できる雰囲気で、社歴に関わらず新しいことに挑戦しやすい環境です。901人の従業員数がおり、平均年齢は43.5歳。平均勤続年数は12.1年と少し短めです。

東京エレクトロン デバイスの平均年収概要

平均年収: 747.6万円 上昇傾向
平均年齢
43.5歳
平均勤続年数
12.1年
従業員数
901人

東京エレクトロン デバイスの平均年収推移

平均年収推移(東京エレクトロン デバイスと上場企業平均)

東京エレクトロン デバイスの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると22.3万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は687.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

東京エレクトロン デバイスの平均年収推移(2015年〜2019年)

東京エレクトロン デバイスの平均年収 年収
2019年 748万円
2018年 725万円
2017年 643万円
2016年 694万円
2015年 629万円

業界内やエリア内での東京エレクトロン デバイスのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
604位
3737社
全国の上場企業の平均年収より135.1万円高い

全国の平均年収より315.4万円高い
東京エレクトロン デバイスの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
747.6万 612.5万 432.2万

東京エレクトロン デバイスの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると135.1万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると315.4万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中604位と高い順位となります。

商社・卸売業界内での比較

業界内順位
56位
330社
商社・卸売業界の平均年収より121.6万円高い
東京エレクトロン デバイスの平均年収 商社・卸売業界の平均年収
747.6万 626.0万

東京エレクトロン デバイスが属する商社・卸売業界の上場企業の平均年収は626.0万円です。 そのため、東京エレクトロン デバイスの年収は業界平均と比べて121.6万円高く、業界内順位を見ると330社中56位と高い順位となります。

神奈川県内での比較

エリア内順位
25位
173社
神奈川県の平均年収より138.4万円高い
東京エレクトロン デバイスの平均年収 神奈川県の平均年収
747.6万 609.2万

東京エレクトロン デバイスの所在地がある神奈川県の上場企業の平均年収は609.2万円です。 そのため、東京エレクトロン デバイスの年収はエリア平均と比べて138.4万円高く、エリア内順位を見ると173社中25位と高い順位となります。

東京エレクトロン デバイスではボーナスはどれくらい貰える?

東京エレクトロン デバイスでは6月と12月の年2回、約4ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約120万円~250万円です。

業績にやや左右されるものの、毎年きちんとボーナスが出るので、社員からも高評価を得ています。

東京エレクトロン デバイスの職種別の年収

東京エレクトロン デバイスで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 一般職:約380万円~745万円
  • 技術職:約400万円~730万円
  • 総合職:約600万円~1040万円

また、学歴別の初任給の目安は以下の通りです。

  • 修士了:222,500円~270,500円
  • 大卒:207,300円~255,300円

上記は地域手当等を含んだ額となります。

社員の方の口コミによると、諸手当として時間外勤務手当や通勤手当が全額支給される他に家賃手当が約6万円~7万円出るため、その分貯金をすることも可能。

福利厚生もきちんと用意されているので、安心して勤めることができます。

東京エレクトロン デバイスでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

東京エレクトロン デバイスで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約650万円~880万円
  • 課長クラス:約855万円~1185万円
  • 部長クラス:約1055万円~1480万円

リクナビを見ると、2020年時点での女性の管理職比率は5.9%とありました。

子育て応援休暇・育児対応勤務等各種制度も整っており、育休取得率も2019年実績では100%を達成。

プライベートもキャリアも両立できるので、女性社員も出世を目指すことのできる環境であると言えます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中