日本製粉の年収【2021年最新版】

製粉業界で国内シェア第2位!創業120年以上の大手老舗食品メーカー!競合他社とも徹底的に比較!


日本製粉の平均年収

日本製粉の平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の727.9万円となりました。食料品業界の中では28位の平均年収です。日本製粉は「オーマイ」で有名な製粉企業。落ち着きのある社風で、ノルマなどもありません。女性社員が比較的多く、働きやすい環境なので、産休や育休からの復職者も少なくないようです。福利厚生に関しては、特に手厚い住宅手当が魅力。平均勤続年数は16.8年となっています。

日本製粉の平均年収概要

平均年収: 727.9万円 上昇傾向
平均年齢
40.0歳
平均勤続年数
16.8年
従業員数
1,002人

日本製粉の平均年収推移

平均年収推移(日本製粉と上場企業平均)

日本製粉の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると14.7万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は716.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

日本製粉の平均年収推移(2015年〜2019年)

日本製粉の平均年収 年収
2019年 728万円
2018年 713万円
2017年 715万円
2016年 711万円
2015年 717万円

業界内やエリア内での日本製粉のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
703位
3737社
全国の上場企業の平均年収より115.4万円高い

全国の平均年収より295.7万円高い
日本製粉の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
727.9万 612.5万 432.2万

日本製粉の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると115.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると295.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中703位と高い順位となります。

食料品業界内での比較

業界内順位
28位
126社
食料品業界の平均年収より112.8万円高い
日本製粉の平均年収 食料品業界の平均年収
727.9万 615.1万

日本製粉が属する食料品業界の上場企業の平均年収は615.1万円です。 そのため、日本製粉の年収は業界平均と比べて112.8万円高く、業界内順位を見ると126社中28位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
482位
1979社
東京都の平均年収より80.7万円高い
日本製粉の平均年収 東京都の平均年収
727.9万 647.2万

日本製粉の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日本製粉の年収はエリア平均と比べて80.7万円高く、エリア内順位を見ると1979社中482位と高い順位となります。

日本製粉ではボーナスはどれくらい貰える?

日本製粉では6月と12月の年2回、約6ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約105万円~230万円で、年功序列で支給額が決定されるようです。

日本製粉の職種別の年収

日本製粉の年収を職種別に見てみると以下の通りです。

一般職:約400万円~735万円

技術職:約400万円~720万円

総合職:約600万円~1030万円

日本製粉の平均年収は728万円なので、技術職ではやや平均より低くなります。

総合職では年収1000万円を超えることも可能なので、しっかり稼ぎたい方は総合職に就くと良いでしょう。

日本製粉では出世するとどれくらいの年収が貰える?

日本製粉で役職に就いた場合の年収を見てみましょう。

係長クラス:約795万円~810万円

課長クラス:約1050万円~1075万円

部長クラス:約1180万円~1345万円

課長クラス、部長クラスでは年収1000万円を優に超えていることが分かりました。

勤務年数に伴って出世していくので、長く勤めることで出世できる可能性が高まるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中