タカラスタンダードの年収【2021年最新版】

創業100年以上の設備機器メーカー!ホーローキッチンの先駆者って本当?面接のポイントもご紹介!


タカラスタンダードの平均年収

タカラスタンダードの平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の564.3万円でした。その他製品業界内では47位の平均年収です。タカラスタンダードは、システムキッチンなどを製造する住宅設備機器メーカーです。昔ながらの社風を持ち、安定感のある企業。ここで働くことで、対応力や忍耐力など、営業として必要な力が身につきます。明確な評価制度があり、評価に応じてボーナスが上がる仕組みです。若手の内から正当な評価を得やすいので、やりがいがあるでしょう。

タカラスタンダードの平均年収概要

平均年収: 564.3万円 上昇傾向
平均年齢
39.4歳
平均勤続年数
14.4年
従業員数
5,876人

タカラスタンダードの平均年収推移

平均年収推移(タカラスタンダードと上場企業平均)

タカラスタンダードの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると0.4万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は568.4万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

タカラスタンダードの平均年収推移(2015年〜2019年)

タカラスタンダードの平均年収 年収
2019年 564万円
2018年 564万円
2017年 570万円
2016年 569万円
2015年 574万円

業界内やエリア内でのタカラスタンダードのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
2213位
3737社
全国の上場企業の平均年収より48.2万円低い

全国の平均年収より132.1万円高い
タカラスタンダードの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
564.3万 612.5万 432.2万

タカラスタンダードの平均年収は、日本の上場企業の平均年収と比べると48.2万円低く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると132.1万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中2213位と平均的な順位となります。

その他製品業界内での比較

業界内順位
47位
111社
その他製品業界の平均年収より8.7万円高い
タカラスタンダードの平均年収 その他製品業界の平均年収
564.3万 555.6万

タカラスタンダードが属するその他製品業界の上場企業の平均年収は555.6万円です。 そのため、タカラスタンダードの年収は業界平均と比べて8.7万円高く、業界内順位を見ると111社中47位と平均的な順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
257位
426社
大阪府の平均年収より61.5万円低い
タカラスタンダードの平均年収 大阪府の平均年収
564.3万 625.8万

タカラスタンダードの所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、タカラスタンダードの年収はエリア平均と比べて61.5万円低く、エリア内順位を見ると426社中257位と低い順位となります。

タカラスタンダードではボーナスはどれくらい貰える?

タカラスタンダードでは、7月と12月の年2回、合計約2ヶ月~5ヶ月分がボーナスとして支給されます。

平均支給額は約80万円~190万円となっています。

また口コミによると、業績が良い場合には3月にも決算賞与が支給されることもあるようです。

タカラスタンダードの職種別の年収

タカラスタンダードの年収を職種別に見ていくと、一般職では約400万円~585万円、技術職では約450万円~575万円、総合職では約580万円~820万円です。

またリクナビによると、職歴別の給与例は以下の通りです。

  • 事務系総合職(営業、総務、人事、経理、営業事務、社内SE)大卒:208,500円  
  • 技術系総合職(素材研究、製品開発、生産技術、設計、施工監理、社内SE)大卒:208,500円
  • エリア総合職(ショールームアドバイザー)大卒:192,000円

事務系総合職、技術系総合職の大卒では給与は同額の208,500円ですが、エリア総合職の大卒では192,000円と約16,500円程差があります。

年功序列制のため、長く勤めるほど給与も増加していきます。

タカラスタンダードでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

タカラスタンダードで出世した場合の年収を見ていくと、以下の通りとなっています。

係長クラス:560万円~645万円

課長クラス:735万円~850万円

部長クラス:940万円~1045万円

近年では女性社員も管理職を目指せる体制が整い始めており、性別に関係なく出世できるチャンスを得られます。

タカラスタンダードの社長や役員の年収

2019年の有価証券報告書によると、報酬が1億円を超える役員はいないとのことでした。

また、社内取締役6名に対して総額2億5300万円の1人あたり4216万円、社内監査役2名に対して総額3300万円の1人あたり1650万円が支払われていました。

このことから、代表取締役社長の渡辺岳夫氏、代表取締役副社長の井東洋司氏の年収は4216万円~1億円未満であると推察することができます。

競合他社とタカラスタンダードの年収比較

タカラスタンダードの競合他社としては、クリナップLIXILグループが挙げられます。

それぞれの平均年収を見ていくと、クリナップは513万円、LIXILグループは1199万円でした。

タカラスタンダードの平均年収は564万円なので、群を抜いて高額のLIXILグループには及ばないものの、クリナップよりも約51万円高いことが分かりました。

新製品の開発等にも勤しんでいることから、今後競合他社との差をどんどん縮めていく可能性があるでしょう。

タカラスタンダードの平均年収が高い理由

タカラスタンダードの売り上げを見てみると、2017年では1808.0億円、2018年では1859.9億円、2019年では1910.0億円となっています。

独自開発した「高品位ホーロー」を使った製品が高い人気を誇っていることもあり、売り上げは年々上昇。

売り上げが安定していることから、平均年収もそれに伴い高くなっていると言えるでしょう。

タカラスタンダードの事業内容

主な事業

タカラスタンダードでは、住宅設備関連事業を中心にキッチンや浴室、洗面化粧台等の製造販売を行っています。

世界で初めてホーローキッチンの開発に成功したことでも有名で、ホーローキッチンの売り上げは業界内でもNo.1。

実際にホーローキッチンやバスを見学できるショールームを全国約170ヵ所に設置する等、更なる事業の拡大を目指しています。

その他の事業

上記の他にも、タカラスタンダードは倉庫事業や荷役作業の請負等多岐にわたって事業を手掛けています。

中でも物流事業では業務の見直しや改善を徹底し、車両拘束時間を3年間で1時間短縮させる等、サービスの向上に余念がありません。

現在物流センター数は国内に5ヵ所、倉庫数は国内に9ヵ所設置し、物流の質を更に高めるため商品開発にも注力しています。

タカラスタンダードの歴史

タカラスタンダードは創業100年以上の歴史を持ち、大手設備機器メーカーとなりました。

ここで、タカラスタンダードの歴史を振り返ってみましょう。

1912 日本エナメル創設

1945 家庭用ホーロー鉄器製造を開始

1962 世界で初めてホーローキッチンを開発

1971 タカラスタンダードに社名変更

1973 東京株式市場第一部に上場

大阪株式市場第一部に上場

1977 ホーローシステムキッチンを商品化

1982 国内初のステンレス一体成型ユニットバスを商品化

1999 業界初のフリーサイズ対応可能のシステムバスを商品化

2002 業界初のリフォーム対応マンション向けシステムバスを発売

2012 創業100周年を迎える

2015 「ホーロークリーンキッチンパネル」発売

タカラスタンダードが属するタカラスタンダードグループとは?

タカラスタンダードグループは、日本フリットやタカラ化工、タカラ物流サービス等から成り立ちます。

グループ企業では主にフリットやホーローパネル、プラスチック成型品、複合材料等の製造を行い、タカラスタンダードをサポートをしています。

タカラスタンダードの採用情報

タカラスタンダードでは、現在新卒採用及びキャリア採用を行っています。

新卒採用

新卒採用では、事務系総合職、エリア総合職、技術系総合職でそれぞれ募集しており、募集職種は以下の通りとなっています。

事務系総合職:営業(代理店営業・直需営業・特販営業)、総務、人事、経理、営業事務、社内SE

エリア総合職:ショールームアドバイザー

技術系総合職:素材研究、製品開発、生産技術、設計、施工監理、社内SE

事務系総合職、エリア総合職に関しては学部・学科を問いませんが、技術系職種に関しては機械、電気・電子、材料・化学、林産、情報、建築・住居、土木、意匠 等の学部・学科を卒業している必要があります。

また、入社までに普通自動車免許を取得しなければならないため、計画を立て取得するようにしておきましょう。

中途採用

キャリア採用では、営業職、ショールームアドバイザー、施工管理の募集をしており、応募要件や基本給についてはそれぞれ以下の通りです。

営業職

営業職では、特に代理店営業、直需営業、特販営業、建材営業、海外営業の募集を行っています。

募集要件:営業経験のある方、普通自動車免許(AT可)

特に歓迎・優遇されること

  • 商品力のある商材を取り扱いたい方
  • 新しい事にチャレンジしてみたい方
  • 過去の経験を活かし、より大きなフィールドで勝負したい方
  • ルート営業、代理店営業の経験がある方
  • ディベロッパーや大手建設会社、住宅メーカー、設計事務所、官公庁、宅地開発業者への営業経験がある方
  • 建材営業、海外営業の経験がある方

基本給は207,500円~307,500円です。

選考方法はWEBエントリー→WEB選考・書類選考→1次面接→最終面接となっています。

ショールームアドバイザー

ショールームアドバイザーは、未経験、第二新卒の方を中心に募集しています。

応募にあたり、以下に該当する方は特に歓迎されています。

  • 営業や販売の経験がある方
  • 人と接することが好きな方
  • 住宅やインテリアに興味がある方
  • インテリアコーディネーターの資格をお持ちの方
  • 臨機応変な対応ができる方

基本給は首都圏区分では181,000円~219,000円、首都圏以外では175,000円~211,000円です。

選考方法はWEBエントリー→WEB選考→1次面接・適性検査→最終面接となります。

施工管理

施工管理への応募では、施工管理経験(年数・資格は不問)、普通自動車免許(AT可)が必要となります。

特に歓迎されること

  • 内装設備の施工管理を経験されている方
  • コミュニケーションを上手く取り、意見を言える方(現場、営業、設計、生産部門等との連携が不可欠な仕事です)
  • 建築施工管理技士(1級、2級)の方

基本給は198,900円 ~ 307,500円となっています。

選考方法はWEBエントリー→WEB選考・書類選考→1次面接・適性検査→最終面接です。

タカラスタンダードで求められる人材像

タカラスタンダードの公式ホームページには、求める人物像について以下のように挙げています。

  • 前向きさ(失敗を恐れず、常に前向きな姿勢で物事に取り組める人)
  • 粘り強さ(自分なりに考え、粘り強く物事に取り組める人)
  • 好奇心(入社後も専門性を広げ、 幅広い分野で活躍できる技術者を目指せる人)
  • 協働(周囲と積極的にコミュニケーションを取り、 物事を進めていける人)

また、「人々の生活に役立つ仕事に喜びを感じながら、自らの飛躍、そして成長を通して、共に会社の発展に貢献していくことができる方」とも記載されています。

これらのことから、タカラスタンダードでは周囲と協力しながら何事にも挑戦できる人材を求めていると言えるでしょう。

タカラスタンダードに就職、転職するためには?

タカラスタンダードの面接では比較的一般的な質問が多く、コミュニケーション能力を見られているという口コミが多々見られました。

実際の面接内容例としては以下の通りです。

  • ショールームを実際に見学した感想
  • なぜ住設機器メーカーの中でもタカラスタンダードを志望したか、その他にはどのような業界を受けているのか
  • ホーローに対してどのような印象を持っているか
  • 企業選びの軸について
  • 企業研究はどのように行ったか
  • タカラスタンダードの製品についてどう思うか 等

自身のことに加え、タカラスタンダードの製品やサービス等に対して深く問われます。

公式ホームページや会社案内をしっかり読み込むと共に、自身がどのような軸で企業を選びタカラスタンダードを志望しているのか整理しておきましょう。

タカラスタンダードの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(タカラスタンダードと上場企業平均)

タカラスタンダード 上場企業平均
2019年 5,876人 1,035人
2018年 5,853人 1,071人
2017年 5,800人 1,042人
2016年 5,718人 1,055人
2015年 5,650人 1,055人

タカラスタンダードの従業員数は2019年で5,876人と、1年前と比べて23人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にタカラスタンダードと同じその他製品業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が836人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(タカラスタンダードと上場企業平均)

タカラスタンダード 上場企業平均
2019年 39.4歳 41歳
2018年 39.3歳 41歳
2017年 39.0歳 40歳
2016年 38.9歳 40歳
2015年 38.7歳 40歳

タカラスタンダードの平均年齢は2019年で39.4歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じその他製品業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(タカラスタンダードと上場企業平均)

タカラスタンダード 上場企業平均
2019年 14.4年 12年
2018年 14.4年 13年
2017年 14.4年 13年
2016年 14.4年 13年
2015年 14.3年 13年

タカラスタンダードの平均勤続年数は2019年で14.4年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じその他製品業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が13.5年のため、業界内で見ても長い水準となります。

タカラスタンダードの業績推移

タカラスタンダードが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 1910.0億円 124.3億円
2018年3月期 1859.9億円 126.4億円
2017年3月期 1808.0億円 126.7億円
2016年3月期 1780.4億円 133.8億円
2015年3月期 1724.4億円 135.2億円

まず、タカラスタンダードと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、タカラスタンダードが1910.0億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。タカラスタンダードの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、タカラスタンダードが2.7%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

タカラスタンダード 上場企業平均
2019年3月期 3250万円 1.1億
2018年3月期 3178万円 9064万
2017年3月期 3117万円 9022万
2016年3月期 3114万円 9416万
2015年3月期 3052万円 9870万

次に、タカラスタンダードと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、タカラスタンダードは3250万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

タカラスタンダード 上場企業平均
2019年3月期 211万円 788万
2018年3月期 216万円 731万
2017年3月期 218万円 741万
2016年3月期 234万円 672万
2015年3月期 239万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、タカラスタンダードは211万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
タカラスタンダード株式会社
設立年月日
1912年5月30日
所在地
大阪市城東区鴫野東1−2−1
エリア
大阪 
業界・業種
代表者名
渡辺 岳夫
上場市場
東証1部
上場年月日
1963年7月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中