ヤマハ発動機の年収【2022年最新版】(3ページ目)

ヤマハ発動機は自動車だけじゃない?高年収を得るには海外勤務が良い?気になる出世後に関しても紹介!


ヤマハ発動機の採用情報

ヤマハ発動機では、新卒採用、中途採用、障がい者採用にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、研究・商品開発、商品企画、生産技術、品質管理などの技術職、営業、物流、広報、経理、人事などの営業事務職、海外営業に関する事務、生産管理事務、物流・貿易に関する事務を行う業務職にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある静岡県および全国各地にある事業所、海外事業所のいずれかになります。

選考方法は、エントリー→説明会→エントリーシート提出→書類選考→適性検査→面接(複数回)→内定です。

中途採用

中途採用では、現在募集を行っていません。

随時更新されますので、こまめにチェックすることをおすすめします。

募集が再開された場合の勤務地は、本社のある静岡県および全国各地にある事業所、海外事業所のいずれかになります。

選考方法は、エントリーシート提出→書類選考→適性検査→面接(複数回)→内定です。

障がい者採用

障がい者採用では、現在募集を行っていません。

随時更新されますので、こまめにチェックすることをおすすめします。

募集が再開された場合の勤務地は、本社のある静岡県および全国各地にある事業所、海外事業所のいずれかになります。

選考方法は、エントリーシート提出→書類選考→適性検査→面接(複数回)→内定です。

ヤマハ発動機で求められる人材像

ヤマハ発動機では、求める人材像について以下のように公表しています。

  • 自ら考え、自ら提案し、自ら行動できる人
  • 苦しい場面でも自己責任で行動ができる人
  • 自分の市場価値を高める行動ができる人
  • チームワークを大切にした行動ができる人

ヤマハ発動機はバイクや自動車を製造するだけでなく、陸・海・空それぞれのフィールドで活躍する様々な製品を開発・製造しています。

そのため、スポーツやレジャーに興味のある人ほど楽しみながら仕事に取り組むことができます。

仲間と共により良い製品を作ろうと、常に向上心を持っている人材が求められていると感じます。

ヤマハ発動機に就職、転職するためには?

面接の最初には、本社のある静岡県磐田での勤務について「生活に慣れることができそうか」と訊かれるのがお約束だそうです。

地方での生活経験がない場合には、きちんとした理由を添えて「大丈夫です」と伝えられるようにしておきましょう。

また、将来は海外勤務の可能性も充分にあり得るため、海外勤務への可否についても悪いイメージを与えないように回答してください。

他には、ヤマハ発動機の製品を知っている限り挙げるというミッションもあるようなので、企業研究の際にはヤマハ発動機の製品をしっかりとインプットしておきましょう。

また、「過去の辛い経験」「その克服方法」や、「自分を雇うことで企業が得られるメリット」について訊かれることもあるため、自己分析で過去の出来事の整理や長所・スキルについてもまとめておくと良いです。

ヤマハ発動機の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(ヤマハ発動機と上場企業平均)

ヤマハ発動機 上場企業平均
2019年 10,567人 1,035人
2018年 10,614人 1,071人
2017年 10,564人 1,042人
2016年 10,511人 1,055人
2015年 10,440人 1,055人

ヤマハ発動機の従業員数は2019年で10,567人と、1年前と比べて47人の減少となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にヤマハ発動機と同じ車・輸送用機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が4,374人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(ヤマハ発動機と上場企業平均)

ヤマハ発動機 上場企業平均
2019年 42.9歳 41歳
2018年 43.3歳 41歳
2017年 43.2歳 40歳
2016年 43.0歳 40歳
2015年 42.8歳 40歳

ヤマハ発動機の平均年齢は2019年で42.9歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ車・輸送用機器業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(ヤマハ発動機と上場企業平均)

ヤマハ発動機 上場企業平均
2019年 19.4年 12年
2018年 19.9年 13年
2017年 19.8年 13年
2016年 19.7年 13年
2015年 19.4年 13年

ヤマハ発動機の平均勤続年数は2019年で19.4年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ車・輸送用機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が16.2年のため、業界内で見ても長い水準となります。

ヤマハ発動機の業績推移

ヤマハ発動機が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年12月期 6877.3億円 679.7億円
2018年12月期 6772.4億円 639.1億円
2017年12月期 6780.9億円 731.0億円
2016年12月期 6151.0億円 490.0億円
2015年12月期 6589.7億円 487.2億円

まず、ヤマハ発動機と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年12月期の売上は、ヤマハ発動機が6877.3億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。ヤマハ発動機の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、ヤマハ発動機が1.5%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

ヤマハ発動機 上場企業平均
2019年12月期 6508万円 1.1億
2018年12月期 6381万円 9064万
2017年12月期 6419万円 9022万
2016年12月期 5852万円 9416万
2015年12月期 6312万円 9870万

次に、ヤマハ発動機と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年12月期で見ると、ヤマハ発動機は6508万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

ヤマハ発動機 上場企業平均
2019年12月期 643万円 788万
2018年12月期 602万円 731万
2017年12月期 692万円 741万
2016年12月期 466万円 672万
2015年12月期 467万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年12月期では、ヤマハ発動機は643万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
ヤマハ発動機株式会社
設立年月日
1955年7月1日
所在地
静岡県磐田市新貝2500
エリア
静岡 
業界・業種
代表者名
日高 祥博
上場市場
東証1部
上場年月日
1961年9月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中