マツダの年収【2023年最新版】

給与レンジあり!売上約3.5兆円企業の年収や出世方法とは?募集職種や求める人材・採用のポイントもご紹介


マツダの平均年収

マツダの平均年収は、2023年で前期に比べて下降傾向の676.9万円でした。車・輸送用機器業界内では27位の平均年収です。マツダは日本で4番目のシェア率を誇る自動車メーカーです。従業員それぞれが仕事に誇りをもって取り組んでおり、同僚から学ぶことも多いです。世界に通じる製品を取り扱っているため、やりがいもあります。グローバル企業なだけあって、ワークライフバランスも整っており、車検費用補助や旅行費用補助などの福利厚生も優れています。平均勤続年数が16.4年と定着率も悪くありません。

マツダの平均年収概要

平均年収: 676.9万円 下降傾向
平均年齢
41.1歳
平均勤続年数
16.4年
従業員数
22,354人

マツダの平均年収推移

平均年収推移(マツダと上場企業平均)

マツダの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると3.4万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は678.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

マツダの平均年収推移(2015年〜2019年)

マツダの平均年収 年収
2019年 677万円
2018年 680万円
2017年 685万円
2016年 681万円
2015年 670万円

業界内やエリア内でのマツダのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1065位
3737社
全国の上場企業の平均年収より64.4万円高い

全国の平均年収より244.7万円高い
マツダの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
676.9万 612.5万 432.2万

マツダの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると64.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると244.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1065位と高い順位となります。

車・輸送用機器業界内での比較

業界内順位
27位
94社
車・輸送用機器業界の平均年収より46.0万円高い
マツダの平均年収 車・輸送用機器業界の平均年収
676.9万 630.9万

マツダが属する車・輸送用機器業界の上場企業の平均年収は630.9万円です。 そのため、マツダの年収は業界平均と比べて46.0万円高く、業界内順位を見ると94社中27位と高い順位となります。

広島県内での比較

エリア内順位
8位
45社
広島県の平均年収より132.5万円高い
マツダの平均年収 広島県の平均年収
676.9万 544.4万

マツダの所在地がある広島県の上場企業の平均年収は544.4万円です。 そのため、マツダの年収はエリア平均と比べて132.5万円高く、エリア内順位を見ると45社中8位と高い順位となります。

マツダではボーナスはどれくらい貰える?

マツダはボーナスを年に2回、7月と12月に支給しています。

ボーナスの平均支給額は70万円~250万円で、製造業のボーナス平均約103万円と比較すると、高いことが分かります。

マツダは年功序列に近いシステムで昇給が決まるので、年齢が上がる程ボーナスも高くなっていくようです。

マツダの職種別の年収

マツダの年収を職種別で比較したところ、総合職が500万円~1000万円、技術職が420万円~800万円、一般職が400万円~710万円という結果でした。

一般企業と比較してボーナスが多いため、どの職種も年収が高めとなっているようです。

マツダが本社を構える広島県の平均年収298.1万円と比較すると、いかに高い金額であるかが分かります。

学歴別の初任給を見ると、大学院博士卒で264,500円、大学院修士卒で232,000円、大学・高専専攻科卒で210,000円、高専本科卒で185,000円、短大・専修(3年課程)卒で182,000円、短大・専修(2年課程)卒で179,000円となります。

この金額は一般企業とさほど変わらず、全国の平均と比較すると若干高いようです。

マツダでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

マツダで出世すると、係長クラスで670万円~775万円、課長クラスで880万円~1020万円、部長クラスで1050万円~1250万円まで上がります。

マツダでは給与レンジ(給与の幅)が設定されており、そのバンド(ランク)に合わせて、基本給や賞与、退職金が決まってくるようです。

入社後数年は年功序列で年収が決まっていきますが、20代後半からは個人の成果も評価に大きく影響してきます。

職位を上げるには、年齢と共に成果も重ねていくことが大切です。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2023年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中