積水ハウスの年収【2020年最新版】

出世するといくら貰える?競合他社との年収も徹底比較!積水ハウスに転職するために必要なこととは?


積水ハウスの平均年収は年々右肩上がり傾向で、2020年で818.9万円となっています。積水ハウスは従業員数14,616人、資本金が2019年時点で2025億9100万円の大手住宅メーカーです。人の人生を左右する商品を扱う企業なので、やりがいを感じながら仕事に臨めるでしょう。営業職は自由度が高く、営業方法も人それぞれ。勉強することも多く、自らの成長を実感できる仕事です。成績が伸びた分だけ給料も上がります。休みが取得しやすいので、プライベートを充実させることも可能です。平均年齢は42.5歳、平均勤続年数は16.3年となっています。

積水ハウスの平均年収概要

平均年収: 818.9万円 上昇傾向
平均年齢
42.5歳
平均勤続年数
16.3年
従業員数
14,616人

積水ハウスの平均年収推移

平均年収推移(積水ハウスと上場企業平均)

積水ハウスの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると0.3万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は806.0万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

積水ハウスの平均年収推移(2015年〜2019年)

積水ハウスの平均年収 年収
2019年 819万円
2018年 818万円
2017年 814万円
2016年 795万円
2015年 783万円
積水ハウスの年収例をチェック

業界内やエリア内での積水ハウスのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
345位
3737社
全国の上場企業の平均年収より206.4万円高い

全国の平均年収より386.7万円高い
積水ハウスの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
818.9万 612.5万 432.2万

積水ハウスの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると206.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると386.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中345位と高い順位となります。

建設業界内での比較

業界内順位
40位
167社
建設業界の平均年収より112.3万円高い
積水ハウスの平均年収 建設業界の平均年収
818.9万 706.6万

積水ハウスが属する建設業界の上場企業の平均年収は706.6万円です。 そのため、積水ハウスの年収は業界平均と比べて112.3万円高く、業界内順位を見ると167社中40位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
46位
426社
大阪府の平均年収より193.1万円高い
積水ハウスの平均年収 大阪府の平均年収
818.9万 625.8万

積水ハウスの所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、積水ハウスの年収はエリア平均と比べて193.1万円高く、エリア内順位を見ると426社中46位と高い順位となります。

積水ハウスではボーナスはどれくらい貰える?

積水ハウスでは6月と12月、別途決算賞与として年3回支給されています。

ボーナスの平均支給額は約80万円〜250万円ほどで、業績によっては1回のボーナスが約3ヶ月分支給されることもあるそうなので、かなりの高収入に繋がります。

給与も一般企業からすると高い金額と言えるため、若手の内にマイホームを持つ夢を叶えた従業員もいるほどです。

積水ハウスの職種別の年収

職種別の年収を比較してみると、一般職は約400万円〜700万円、技術職は約400万円〜850万円、総合職は約500万円〜900万円となっています。

一般的な企業は総合職が一番の高額年収となることが多いですが、積水ハウスでは技術職の方が平均年収が高いようです。

ちなみに学歴による月の初任給を比較してみると、営業職・技術職では大学院卒で224,500円、大学卒で213,500円、地域勤務職では大学卒で178,500円~188,500円、短大・専門・高専卒で168,500円~178,500円となっています。

積水ハウスでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

積水ハウスで出世をすると、どれほど年収が増えるのか調べてみました。

係長になると平均年収は約750万円〜900万円、課長は約900万円〜1300万円、部長は約1300万円〜1600万円となっています。

出世をすることで1000万円以上の高年収を期待することができるため、タイミングやチャンスを逃さずにチャレンジするべきです。

もちろん容易いことではありませんが、営業職は個人成績にて結果を残すことで出世がしやすいとされています。

積水ハウスの社長や役員の年収

代表取締役会長の阿部俊則氏の年収は約1億8600万円、代表取締役副会長の稲垣士郎氏は約1億4600万円、代表取締役社長の仲井嘉浩氏は約1億4400万円となっています。

その他の取締役の平均年収は約8900万円、監査役は約1300万円でした。

トップの取締役の年収は1億超えと非常に高いのですが、監査役となると途端に1000万円台前半と低い印象を受けます。

この高年収は出世へのモチベーションにも繋がりますが、もう少し従業員へ還元する方が企業としても良い方向へ進むのではないでしょうか。

競合他社と積水ハウスの年収比較

積水ハウスの競合他社というと、大和ハウスやトヨタホームが思い浮かびます。

最新の有価証券報告書から比較してみると、大和ハウスの平均年収は約907.3万円、トヨタホームの平均年収は約851.5万円となっています。

積水ハウスの平均年収は約818万円ですので、非常に好調な業績を収めていると言っても、競合他社と比べると若干劣ってしまいます。

しかし、一般的な社会人としては高い年収になりますので、この調子で業績をアップしていくことで更に平均年収も上がっていくことでしょう。

積水ハウスの平均年収が高い理由

積水ハウスの平均年収が高い理由として一番に挙げられるのが収益の増加です。

2015年の売上高1,912,721(百万円)から毎年順調にアップし、2019年には2,160,316(百万円)と5年連続で最高益の更新を果たしました。

収益アップの裏には、4つの事業が上手くバランスをとっており、近年の戸建住宅の受注減少をカバーするようにリフォーム事業が盛り上がっています。

また、都市開発などの開発ビジネスや、日本だけに留まらない国際型事業も好調です。

これらの企業努力が従業員の年収の高さに繋がっています。

積水ハウスの事業内容

主な事業

積水ハウスでは主に、建築事業、不動産事業を展開しています。

建築事業では、主に住宅を建築しており、数多くのデザイン賞などを受賞しています。

また、不動産事業では全国各地に店舗を構え、売買や賃貸だけでなく、リフォームなどの施工にも力を入れています。

中には高齢者向けの賃貸を取り扱うグランマストを展開するなど、安心・安全で末長く住める住宅の提供を行っています。

その他の事業

その他の事業としては、家具や室内の装飾品だけでなく、住宅設備機器、医療機器などの販売を行っています。

有料老人ホームや医療・介護系施設の経営と、これらに関する経営コンサルティングを手がけるなどの社会貢献度も高い企業です。

また、住宅などを購入する際のフィナンシャルサービス、信託事業などの金融サービスも行われており、住宅を購入する際の1から10まで丁寧にサポートしてくれます。

積水ハウスの歴史

積水ハウスの歴史をご紹介します。

  • 1960年:積水化学工業株式会社にハウス事業部を設置
  • 1970年:東京・大阪両証券取引所市場第2部に株式を上場
  • 1981年:EDR(欧州預託証券)形式により、ルクセンブルク証券取引所に上場
  • 1990年:工業化住宅などの品質向上貢献企業として通商産業大臣表彰を受ける
  • 2001年:累積建築戸数150万戸達成
  • 2004年:「ハイブリッド換気システムIII」が省エネ大賞会長賞を受賞
  • 2016年:「グリーンファースト ゼロ」の推進が 「平成28年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞
  • 2020年:戸建販売セカンドブランド新会社「積水ハウス ノイエ株式会社」営業開始

積水ハウスが属する積水ハウスグループとは?

積水ハウスグループでは不動産部門を展開しており、細かく分けると売買、分譲、賃貸に関する不動産部門、建築、リフォームなどに関する施工部門、その他にはフィナンシャルサービス、信託、アセットマネジメントがあります。

積水ハウスの採用情報

積水ハウスでは新卒採用、社会人採用(中途採用)にて募集が行われています。

新卒採用

新卒採用では営業職、建築や研究・生産に関わる技術職などの総合職、営業事務・技術事務・総務事務などの地域勤務職にて募集を行っています。

勤務地については、地域勤務職は希望勤務エリア内、その他の職種は本社のある大阪を始めとした全国主要都市です。

選考の流れは、HPもしくはマイナビからエントリーをします。

HPからのエントリーでは、必ず希望職種を登録してください。

その後は専用マイページにて随時選考に関する情報が送られてくるので、それに従って応募しましょう。

適性試験の有無、面接などの回数は情報公開されていません。

中途採用(社会人採用)

中途採用では営業職、技術職、カスタマーズサービス社員、監理技術者・主任技術者にて募集を行っています。

勤務地については、営業職、技術職は本社のある大阪を始めとする全国主要都市、カスタマーズサービス社員と監理技術者・主任技術者は東日本エリア、西日本エリアです。

選考の流れは、それぞれの職種ページよりマイページ登録→書類選考→1次面接→2次面接→内定となります。

積水ハウスで求められる人材像

積水ハウスでは求める人材像について非公開としており、合同企業説明会、学内セミナー等で話をするとしています。

そこで過去の情報をもとに見てみると、積水ハウスの根本哲学は「人間愛」とし、「顧客本位」の住まいづくりを重視してきました。

お客様にとって住宅は人生で最大の買い物である為、要望や期待に応えながら長く満足してもらえるように、顧客に対して常に正直で誠実「顧客に対して常に正直で誠実」であることが求められます。

より深く知りたいという方は、毎年インターンシップが開催されていますので参加してみましょう。

積水ハウスに就職、転職するためには?

積水ハウスは高年収や福利厚生の充実などから非常に人気の企業です。

転職は特にハードルが高く、より自分をアピールしてくれる力が強い転職サイトを選びましょう。

また、毎年インターンシップが開催されており、営業コース、設計コース、施工管理コース、生産技術コースの4コースが東京と大阪で行われます。

参加方法は、インターンシップのページより情報登録→エントリー→専用ページにて写真登録・WEBテストを受験→書類選考→面接→参加となります。

積水ハウスの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(積水ハウスと上場企業平均)

積水ハウス 上場企業平均
2019年 14,616人 1,035人
2018年 14,482人 1,071人
2017年 14,041人 1,042人
2016年 13,855人 1,055人
2015年 13,625人 1,055人

積水ハウスの従業員数は2019年で14,616人と、1年前と比べて134人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に積水ハウスと同じ建設業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,464人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(積水ハウスと上場企業平均)

積水ハウス 上場企業平均
2019年 42.5歳 41歳
2018年 42.2歳 41歳
2017年 41.8歳 40歳
2016年 41.2歳 40歳
2015年 40.7歳 40歳

積水ハウスの平均年齢は2019年で42.5歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ建設業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(積水ハウスと上場企業平均)

積水ハウス 上場企業平均
2019年 16.3年 12年
2018年 16.1年 13年
2017年 16.0年 13年
2016年 15.6年 13年
2015年 15.4年 13年

積水ハウスの平均勤続年数は2019年で16.3年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ建設業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が14.5年のため、業界内で見ても長い水準となります。

積水ハウスの業績推移

積水ハウスが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年1月期 1兆1725.2億円 1172.6億円
2018年1月期 1兆1696.7億円 1246.4億円
2017年1月期 1兆1809.0億円 1094.3億円
2016年1月期 1兆1486.3億円 1165.2億円
2015年1月期 1兆2281.4億円 1063.6億円

まず、積水ハウスと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年1月期の売上は、積水ハウスが1兆1725.2億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。積水ハウスの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、積水ハウスが0.2%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

積水ハウス 上場企業平均
2019年1月期 8022万円 1.1億
2018年1月期 8077万円 9064万
2017年1月期 8410万円 9022万
2016年1月期 8290万円 9416万
2015年1月期 9014万円 9870万

次に、積水ハウスと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年1月期で見ると、積水ハウスは8022万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

積水ハウス 上場企業平均
2019年1月期 802万円 788万
2018年1月期 861万円 731万
2017年1月期 779万円 741万
2016年1月期 841万円 672万
2015年1月期 781万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年1月期では、積水ハウスは802万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
積水ハウス株式会社
設立年月日
1960年8月
所在地
大阪市北区大淀中1−1−88
エリア
大阪 
業界・業種
代表者名
仲井 嘉浩
上場市場
東証1部、名証1部
上場年月日
1970年8月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年6月25日

SNSシェア用テキスト

表示準備中