トヨタ紡織の年収【2022年最新版】(3ページ目)

面接で押さえておきたい質問とは?気になる出世後の年収を公開!業績が安定している理由とは?


トヨタ紡織の採用情報

トヨタ紡織では、新卒採用、キャリア採用(中途採用)、障がい者採用にて募集が行われています。

新卒採用

新卒採用では、開発・設計・生産技術・品質管理、情報システムなどの技術職、営業、調達、経理、人事、総務、生産管理、広報、法務、工場工務の事務職にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある愛知県および全国各地の工場・開発センター・支社・営業所のいずれかになります。

選考方法は、エントリー→エントリーシート提出→説明会→面接(複数回)→内々定です。

中途採用(キャリア採用)

中途採用では、現在募集が行われていません。

しかし、随時更新されますので、こまめにチェックしましょう。

勤務地は、本社のある愛知県および全国各地の工場・開発センター・支社・営業所のいずれかになります。

選考方法は、エントリー→書類選考後→筆記試験(一般常識、専門知識)→適性検査→面接→内定です。

障がい者採用

障がい者採用では、新卒採用・キャリア採用と同様の職種にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある愛知県を中心とした事業所、工場となります。

選考方法は、エントリー→書類選考後→筆記試験(一般常識、専門知識)→適性検査→面接→内定です。

トヨタ紡織で求められる人材像

トヨタ紡織では求められる人材像について、以下のように公表しています。

  • 従来の考え方や活動には満足せず、より高い目標を掲げて実現を目指し、創造力と勇気を持ってチャレンジし続けられる人。
  • 多くの人々と協力して良い製品を作れる人。チームワークを大切にでき、様々な文化・価値観の違いを尊重し、受入れられる人。
  • 理解できないことは現地へ行き、全神経を使って解るまで観察し、モノを取って見て、動かすことをすすんで実践できる人。
  • 自分のエリアを決めつけず、幅広く様々なことに積極果敢に取り組むことのできる人。

多くの人々と共に前進できるコミュニケーション能力の高い人であること、自分の知識や技術に満足せず常に上を目指せる人であること、がトヨタ紡織に欠かせない要素と言えるでしょう。

トヨタ紡織に就職、転職するためには?

トヨタ紡織の面接は非常に和やかな雰囲気の中で行われるため、「楽しかった」という印象を抱く人も多く、質問が飛び交うというよりも、会話の中からその人の良い部分を見極めようという傾向にあるようです。

質問の中には「なぜトヨタ紡織を選んだのか」「海外勤務に興味があるか」などがあります。

特に重要なのが「トヨタグループの中で、なぜトヨタ紡織を選んだのか」という質問への答えです。

トヨタグループの中心核であるトヨタ自動車ではなく「なぜトヨタ紡織なのか」、この答えを明確にしておくことで将来のビジョンも明確になり、面接官にも好印象を与えられる回答ができるでしょう。

トヨタ紡織の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(トヨタ紡織と上場企業平均)

トヨタ紡織 上場企業平均
2019年 8,259人 1,035人
2018年 8,246人 1,071人
2017年 8,206人 1,042人
2016年 8,219人 1,055人
2015年 8,227人 1,055人

トヨタ紡織の従業員数は2019年で8,259人と、1年前と比べて13人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にトヨタ紡織と同じ車・輸送用機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が4,374人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(トヨタ紡織と上場企業平均)

トヨタ紡織 上場企業平均
2019年 39.3歳 41歳
2018年 38.9歳 41歳
2017年 38.2歳 40歳
2016年 37.6歳 40歳
2015年 37.0歳 40歳

トヨタ紡織の平均年齢は2019年で39.3歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ車・輸送用機器業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(トヨタ紡織と上場企業平均)

トヨタ紡織 上場企業平均
2019年 16.1年 12年
2018年 15.7年 13年
2017年 15.1年 13年
2016年 14.5年 13年
2015年 13.8年 13年

トヨタ紡織の平均勤続年数は2019年で16.1年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ車・輸送用機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が16.2年のため、業界内で見ても短い水準となります。

トヨタ紡織の業績推移

トヨタ紡織が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 7563.1億円 143.1億円
2018年3月期 7218.0億円 296.0億円
2017年3月期 6844.4億円 313.5億円
2016年3月期 6884.3億円 289.5億円
2015年3月期 6443.0億円 351.5億円

まず、トヨタ紡織と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、トヨタ紡織が7563.1億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。トヨタ紡織の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、トヨタ紡織が4.8%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

トヨタ紡織 上場企業平均
2019年3月期 9157万円 1.1億
2018年3月期 8753万円 9064万
2017年3月期 8341万円 9022万
2016年3月期 8376万円 9416万
2015年3月期 7832万円 9870万

次に、トヨタ紡織と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、トヨタ紡織は9157万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

トヨタ紡織 上場企業平均
2019年3月期 173万円 788万
2018年3月期 359万円 731万
2017年3月期 382万円 741万
2016年3月期 352万円 672万
2015年3月期 427万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、トヨタ紡織は173万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
トヨタ紡織株式会社
設立年月日
1950年5月15日
所在地
愛知県刈谷市豊田町1−1
エリア
愛知 
業界・業種
代表者名
沼 毅
上場市場
東証1部、名証1部
上場年月日
1950年8月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中