リコーの年収【2022年最新版】(3ページ目)

業績アップには秘密があった!?気になる高年収の理由とは?幅広い事業に注目!やりたいことがリコーにはあった!


リコーの採用情報

リコーでは新卒採用、キャリア採用(中途採用)、障がい者採用にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、研究、設計開発、生産技術、顧客向けシステム提案、調達、品質保証、市場技術サポート、社内システム、知的財産、企画・戦略、マーケティング、人事、経理、法務、営業などで募集を行っており、総合職と一般職の区別はなく、原則総合職での採用となります。

勤務地は本社のある東京および全国の各事業所ですが、将来的には海外現地法人での勤務の可能性もあります。

選考方法は、エントリーシート提出→書類審査→WEBテスト→1次選考→2次選考→最終審査→内定となります。

中途採用(キャリア採用)

中途採用では現在、オフィス事業、クラウドサービス、商用印刷・産業印刷のシステム系、インク・材料系、企画・マーケティング系にて募集を行っています。

時期によっては募集職種が更新されますので、こまめにチェックをしましょう。

希望の職種がない場合はキャリア登録しておくことをおすすめします。

事務系の職種は基本的に本社のある東京ですが、その他の職種は本社および全国の各事業所となります。

選考方法は、エントリーシート提出→書類審査→WEBテスト→1次選考→2次選考→最終審査→内定です。

障がい者採用

障がい者採用には新卒の方向けの採用、障がい特性に合う働き方を希望する方には障がい者採用エントリーが用意されています。

新卒の場合は一般の新卒採用と同様の職種に応募することができ、障がい者採用では技術職とスタッフ職にて募集を行っています。

勤務地は東京・神奈川および全国の各事業所ですが、希望は考慮されます。

選考方法はエントリー→書類選考→人事部障がい者担当の個別面談→面接(数回あり)→インターンシップ(必要に応じて)→最終面接→内定となります。

リコーで求められる人材像

リコーでは、求める人材像として、このように話しています。

  • 物事をゼロベースで柔軟に発想し、論理的に組み立てる思考力のある人
  • 高い目標を自ら掲げ、主体的にチャレンジする行動力のある人
  • 「仕事を通じて成長を続けたい」という高い成長意欲を持っている人

リコーの製品は、国内だけでなく海外でもサービスを提供し続けています。

そのため、海外では現場の声、生産側の声に耳を傾けてることが重要とされており、価値観・立場・文化の異なる人々と協力して成果をあげられることが大切です。

また、リコーは常に新しい価値を提供し続けようという思いの強い企業です。

常に新しい企画や製品を提案し、高い目標を持って、仲間と共に実現できる人が理想の人材です。

リコーに就職、転職するためには?

その知名度と給与水準の高さなどから、リコーは非常に人気の就職難易度の高い企業です。

そんなリコーの面接では、難しい質問はほとんどないとのこと。

技術職の面接では「なぜ、リコーを志望したのか?」「○○の原理を説明できるか?」や、営業職の面接では「PDCAサイクルを回した経験はあるか?」「効率よく営業する方法を提案できるか?」というような質問をされることが多いそうです。

これらの質問は、リコーのパンフレットやホームページなどをよく読み込んでおけば、回答に困るような内容ではありません。

リコーに対して理解を深めた上で、自身の志望動機をしっかりと語れるように考えておきましょう。

リコーの面接官は非常によく話を聞いてくれる方達ばかりなので、しっかりと対策して答えれば話も盛り上がり、和やかな面接時間を過ごすことができます。

リコーの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(リコーと上場企業平均)

リコー 上場企業平均
2019年 7,925人 1,035人
2018年 7,740人 1,071人
2017年 8,043人 1,042人
2016年 8,169人 1,055人
2015年 8,206人 1,055人

リコーの従業員数は2019年で7,925人と、1年前と比べて185人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にリコーと同じ電気機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が2,082人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(リコーと上場企業平均)

リコー 上場企業平均
2019年 44.6歳 41歳
2018年 44.0歳 41歳
2017年 43.5歳 40歳
2016年 43.0歳 40歳
2015年 42.7歳 40歳

リコーの平均年齢は2019年で44.6歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ電気機器業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(リコーと上場企業平均)

リコー 上場企業平均
2019年 20.0年 12年
2018年 19.5年 13年
2017年 18.4年 13年
2016年 18.0年 13年
2015年 19.0年 13年

リコーの平均勤続年数は2019年で20.0年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ電気機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.6年のため、業界内で見ても長い水準となります。

リコーの業績推移

リコーが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 8893.4億円 14.0億円
2018年3月期 8622.9億円 168.0億円
2017年3月期 8597.6億円 331.3億円
2016年3月期 9030.2億円 -16.8億円
2015年3月期 9234.8億円 491.7億円

まず、リコーと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、リコーが8893.4億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。リコーの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、リコーが3.1%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

リコー 上場企業平均
2019年3月期 1.1億円 1.1億
2018年3月期 1.1億円 9064万
2017年3月期 1.1億円 9022万
2016年3月期 1.1億円 9416万
2015年3月期 1.1億円 9870万

次に、リコーと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、リコーは1.1億円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

リコー 上場企業平均
2019年3月期 18万円 788万
2018年3月期 217万円 731万
2017年3月期 412万円 741万
2016年3月期 -21万円 672万
2015年3月期 599万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、リコーは18万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
株式会社リコー
設立年月日
1936年2月6日
所在地
東京都大田区中馬込1−3−6
エリア
東京 
公式サイト
業界・業種
代表者名
山下 良則
上場市場
東証1部
上場年月日
1949年5月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中