スタンレー電気の年収【2021年最新版】

役員報酬は1億円超え!?面接は人柄重視!業績が好調な理由とは?


スタンレー電気の平均年収

スタンレー電気の平均年収は、2021年は654.2万円で前期に比べて上昇傾向です。電気機器業界内では105位の平均年収です。スタンレー電気はLEDや光センサなどの電気機器を製造している企業です。研修期間が1年間設けられているため、仕事の基礎をしっかりと学ぶことができます。完全週休二日制で有休もとりやすいため、ワークライフバランスが整っているのもポイントです。5年ごとに長期休暇がもらえるチャージ休暇という制度もあり、平均勤続年数が16.6年と長めとなっています。

スタンレー電気の平均年収概要

平均年収: 654.2万円 上昇傾向
平均年齢
40.8歳
平均勤続年数
16.6年
従業員数
3,688人

スタンレー電気の平均年収推移

平均年収推移(スタンレー電気と上場企業平均)

スタンレー電気の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると5.4万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は641.3万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

スタンレー電気の平均年収推移(2015年〜2019年)

スタンレー電気の平均年収 年収
2019年 654万円
2018年 649万円
2017年 639万円
2016年 637万円
2015年 628万円

業界内やエリア内でのスタンレー電気のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1251位
3737社
全国の上場企業の平均年収より41.7万円高い

全国の平均年収より222.0万円高い
スタンレー電気の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
654.2万 612.5万 432.2万

スタンレー電気の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると41.7万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると222.0万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1251位と高い順位となります。

電気機器業界内での比較

業界内順位
105位
244社
電気機器業界の平均年収より10.5万円低い
スタンレー電気の平均年収 電気機器業界の平均年収
654.2万 664.7万

スタンレー電気が属する電気機器業界の上場企業の平均年収は664.7万円です。 そのため、スタンレー電気の年収は業界平均と比べて10.5万円低く、業界内順位を見ると244社中105位と平均的な順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
800位
1979社
東京都の平均年収より7.0万円高い
スタンレー電気の平均年収 東京都の平均年収
654.2万 647.2万

スタンレー電気の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、スタンレー電気の年収はエリア平均と比べて7.0万円高く、エリア内順位を見ると1979社中800位と平均的な順位となります。

スタンレー電気ではボーナスはどれくらい貰える?

スタンレー電気では7月と12月の年2回、ボーナスが支給されます。

平均支給額は約95万円〜210万円、男女間の差は最大で約55万円、50歳代前半でピークを迎えます。

ボーナス額は所属する事業部の評価が主となるため、個人成績が良くない年でも事業部の成績によっては高額なボーナスが支給されます。

また、労働組合との取り交わしにより1回のボーナスは最低2ヶ月分の支給が保証されており、近年の平均支給月数は合計で約5.6ヶ月程です。

スタンレー電気の職種別の年収

職種別の年収を比較すると、一般職の平均年収は約350万円〜660万円、技術職は約450万円〜650万円、総合職は約550万円〜925万円となっています。

基本給は年に一度、個人評価に基づいて決定されていますが、所属従業員の多い部門では年功序列が多少なりとも影響しているようです。

学歴別の初任給は2019年度の実績によると、修士了225,890円、学部卒・高専専攻科卒208,320円、高専本科卒187,300円、専門学校卒180,440円、短大卒180,440円となっており、平均よりやや低めに設定されています。

スタンレー電気では出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、係長の平均年収は約680万円〜730万円、課長は約895万円〜1150万円、部長は約1060万円〜1210万円となっています。

管理職に就いた後もボーナスや給与額には評価が影響しますが、近年この評価制度は弱体化しつつあり、金額アップはやや厳しい状況にあるようです。

スタンレー電気の社長や役員の年収

代表取締役社長の北野 隆典氏の年収は約3億3200万円、取締役副社長の平塚 豊氏の年収は約1億円、その他の取締役の平均年収は約1億200万円、監査役は約3350万円となっています。

役員等の報酬は1億円を超えており、従業員の平均年収を考えると非常に高額な報酬であることが分かります。

競合他社とスタンレー電気の年収比較

スタンレー電気の競合他社というと、小糸製作所星和電機などが挙げられます。

最新の有価証券報告書によれば、小糸製作所の平均年収は約667.6万円、星和電機の平均年収は約620.1万円となっています。

スタンレー電気の平均年収は約654.2万円ですので、小糸製作所よりはやや低いものの、同業社の中では平均よりも少し高い年収と言えるでしょう。

スタンレー電気の平均年収が高い理由

過去5年間の売上高を見てみると、2017年には3000億円後半台となったものの、その後4300億円〜4400億円台と高い数字を推移しています。

経常利益に関しては2016年度の457億円から右肩上がりに上昇し、2019年度には610億円を記録。

純利益に関しても、2015年度の251億円から順調に上昇し、2019年度には402億円と約1.5倍の増益となりました。

この背景には、営業利益が2015年度の444億円から2018年度には823億円へ急上昇したことが大きく影響していると考えられます。

これらの近年良好な業績が、平均年収を引き上げる要因となっているようです。

スタンレー電気の事業内容

スタンレー電気は、電気機器業界に属する日本の大手企業です。

主な事業

自動車機器事業

主に自動車に搭載されている様々なランプやセンサを製造しています。

前方を照らす「ヘッドランプ」は従来も物よりも小型化・省エネになり、悪天候時に下方視界を照らす「フォグランプ」は白と黄色の2色に切替が可能、進路変更時の方向を示す「ターンランプ」はLED化することで被視認性が向上しました。

その他には、前方30km・後方1kmの道路交通情報を知らせる「光ビーコン用センサ」、ドアに触れるだけで開閉できる「ドアノブタッチセンサ」、後方の車両を検知する「ドアミラーカメラ用センサ」、ブレーキ動作を2台後ろまで知らせる「ハイマウントストップランプ」、車内に搭載されているエアコンパネルやオーディオパネルも製造しています。

コンポーネンツ事業

自動車に搭載されるLED仕様の発光ダイオードや赤外発光ダイオード・光センサーから、テレビなどの家電に使用される液晶表示素子や超小形電球まで製造しており、幅広い製品に使用されています。

LED製品に関しては、可視光以外にも紫外光・赤外光まで拡大し、より安全で便利な暮らしづくりに貢献しています。

電子応用製品事業

この事業では、車載センターパネルモジュールや車載用センサー・操作パネル等だけではなく、カメラ用ストロボや樹木などを照らす景観用照明、舞台などで使用される演出用LED照明、道路用LED照明なども製造しています。

また、新しい野菜や果物などの栽培方法として注目されている、室内での栽培に用いる植物育成用照明の開発・製造にも力を入れています。

その他の事業

その他には、スタンレー電気の製造する部品を使用しているレースカーが「TOKYO AUTO SALON 2020」へ出展されたり、スタンレー電気と契約しているプロ選手が活躍する「スタンレーレディスゴルフトーナメント」が開催されるなど、スポーツの分野でも貢献しています。

スタンレー電気の歴史

スタンレー電気の歴史についてご紹介します。

  • 1920年:北野商会を創立、自動車用電球の製造ならびに販売開始
  • 1933年:資本金50万円で株式会社に改組し、スタンレー電気株式会社に商号変更
  • 1940年:セレン整流器の製造開始
  • 1943年:時局の要請により、北野電気工業株式会社と改称
  • 1949年:旧商号スタンレー電気株式会社に復元
  • 1952年:シールドビーム・自動車照明器具の製造に着手
  • 1961年:東京証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 1968年:超小形電球の製造開始
  • 1970年:大阪証券取引所市場第一部に株式を上場
  • 1976年:高輝度発光ダイオードの製造開始
  • 1980年:カラー液晶の製造開始
  • 1987年:米貨建新株引受権付社債を発行し、ロンドン証券取引所に上場
  • 1992年:ユーロ円建普通社債を発行し、ロンドン証券取引所に上場
  • 2005年:韓国の販売拠点としてStanley Electric Korea Co., Ltd.を設立
  • 2011年:インドの販売拠点としてStanley Electric Sales of India Pvt. Ltd.を設立
  • 2019年:神奈川県横浜市にみなとみらいテクニカルセンターを開設

スタンレー電気が属するスタンレーグループとは?

スタンレーグループとは、スタンレー電気が中心核となるグループ企業のことです。

所属企業には、金融・保険事業を行うスタンレーパル、タンタルコンデンサやフイルムコンデンサなどの製造・販売を行う松尾電気、電球の包装・自動車用電子部品の組立を行うスタンレーウェルなどがあります。

スタンレー電気の採用情報

スタンレー電気では、新卒採用、キャリア採用にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、研究開発・電子システム開発・回路設計・製品設計・プロダクトデザイン・金型技術・生産技術・品質保証などの技術職、営業・知的財産・マーケティング・総務・社内システム開発・人事・経理・秘書・購買などの事務職にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京都目黒区および全国各地の事業所・研究所・営業拠点・開発拠点のいずれかになります。

選考方法は、エントリー→会社説明会→エントリーシート提出→適性検査受検→書類選考→面接(3回)→内々定です。

キャリア採用

キャリア採用では、研究開発・電子システム開発・回路設計・製品設計・プロダクトデザイン・金型技術・生産技術・品質保証などの技術職、営業・知的財産・マーケティング・総務・社内システム開発・人事・経理・秘書・購買などの事務職にて募集を行っています。

勤務地は、本社のある東京都目黒区および全国各地の事業所・研究所・営業拠点・開発拠点のいずれかになります。

選考方法は、エントリー→会社説明会→エントリーシート提出→適性検査受検→書類選考→面接(3回)→内々定です。

スタンレー電気で求められる人材像

スタンレー電気では求める人材像を「向上心・向学心のある方」としています。

独自の新入社員研修を取り入れるほど、若手の能力開発に力を入れているため、「学ぶ」ということに前向きで積極的な人材が適していると考えられます。

「チャレンジ精神」を第一に求めているため、自分のやるべきことを理解し、情報収集や分析など主体的に取り組むことが大切です。

常に自分を客観的に捉え、キャリアビジョンを明確に描ける人、失敗を恐れずに挑戦し続けられる人材が求められています。

スタンレー電気に就職、転職するためには?

最大で3回行われる面接ですが、1次面接では雑談により人柄や受け答えの仕方・反応・性格などを分析されているようです。

緊張しすぎる必要はありませんが、面接官のフランクさに気を抜かないように、話し方や言葉遣い・受け答えには注意しましょう。

その他の面接では、他の企業と同様に一般的な質問が多く出されます。

しかし、スタンレー電気の事業内容についてどこまで理解しているのかを掘り下げて訊かれるため、企業研究は手を抜かずしっかりと行ってください。

その上で理解できない事項などがあれば、素直にその旨を伝えても良いでしょう。

理解したように取り繕ったりはせず、良い人柄を印象付けられるよう、誠意を持って臨んでください。

スタンレー電気の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(スタンレー電気と上場企業平均)

スタンレー電気 上場企業平均
2019年 3,688人 1,035人
2018年 3,636人 1,071人
2017年 3,498人 1,042人
2016年 3,483人 1,055人
2015年 3,532人 1,055人

スタンレー電気の従業員数は2019年で3,688人と、1年前と比べて52人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にスタンレー電気と同じ電気機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が2,082人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(スタンレー電気と上場企業平均)

スタンレー電気 上場企業平均
2019年 40.8歳 41歳
2018年 40.9歳 41歳
2017年 41.1歳 40歳
2016年 41.0歳 40歳
2015年 40.9歳 40歳

スタンレー電気の平均年齢は2019年で40.8歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ電気機器業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(スタンレー電気と上場企業平均)

スタンレー電気 上場企業平均
2019年 16.6年 12年
2018年 16.9年 13年
2017年 17.5年 13年
2016年 17.6年 13年
2015年 17.4年 13年

スタンレー電気の平均勤続年数は2019年で16.6年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ電気機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.6年のため、業界内で見ても長い水準となります。

スタンレー電気の業績推移

スタンレー電気が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 2088.5億円 243.1億円
2018年3月期 2113.9億円 256.6億円
2017年3月期 1763.2億円 205.1億円
2016年3月期 1690.7億円 178.0億円
2015年3月期 1597.4億円 175.1億円

まず、スタンレー電気と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、スタンレー電気が2088.5億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。スタンレー電気の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、スタンレー電気が1.2%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

スタンレー電気 上場企業平均
2019年3月期 5663万円 1.1億
2018年3月期 5814万円 9064万
2017年3月期 5041万円 9022万
2016年3月期 4854万円 9416万
2015年3月期 4523万円 9870万

次に、スタンレー電気と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、スタンレー電気は5663万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

スタンレー電気 上場企業平均
2019年3月期 659万円 788万
2018年3月期 706万円 731万
2017年3月期 586万円 741万
2016年3月期 511万円 672万
2015年3月期 496万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、スタンレー電気は659万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
スタンレー電気株式会社
設立年月日
1933年5月5日
所在地
東京都目黒区中目黒2−9−13
エリア
東京 
公式サイト
業界・業種
代表者名
北野 隆典
上場市場
東証1部
上場年月日
1961年10月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中