芝浦機械の年収【2022年最新版】(2ページ目)

国内でも高いシェアを誇る製品を複数展開する総合機械メーカー!今後の目標は「高収益企業」?求められる人材は?


芝浦機械の社長や役員の年収

2020年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員についての記載はありませんでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役5名に対して総額1億1700万円で1人あたり2340万円、社内監査役1名に対して1800万円がそれぞれ支給されていました。

このことから、代表取締役社長の坂元繁友氏の報酬は2340万円以上1億円未満であると推測できます。

現在は再生可能エネルギー関連商品の開発・提供、グローバル供給体制の強化等も視野に入れており、更なる事業の拡大が見込めます。

今後収益源が増えると共に、役員の報酬も少しずつ上昇していくかもしれません。

競合他社と芝浦機械の年収比較

芝浦機械の競合会社として、ソディック東洋機械金属等が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、芝浦機械は635万円、ソディックは570万円、東洋機械金属は640万円と、現時点では競合会社よりも年収が高いことが分かりました。

現在ダイカストマシン及び横中ぐり盤は共に国内シェア50%を達成しており、創業されてからこれまでの間独自の技術で顧客のニーズに応えてきました。

近年では既存製品の高効率化・高機能化を図り、成形技術・超精密加工技術の研究開発に力を入れて取り組んでいます。

今後これらの技術を活かした製品が輩出されれば、顧客の業務効率をより向上させることができニーズも高まると考えられます。

競合会社を更に引き離す可能性は充分あると言って良いでしょう。

芝浦機械の平均年収が高い理由

芝浦機械の売り上げ及び経常利益の推移を確認すると、売り上げは2017年で839.0億円、2018年で896.8億円、2019年で855.8億円でした。

また経常利益は2017年で18.1億円、2018年で50.9億円、2019年で31.5億円となっています。

2019年に売り上げ・経常利益共に一度下降していますが、直近3年間で売り上げは約16.8億円、経常利益は約13.4億円上昇していることが分かります。

新型コロナウイルスの影響を受けたとは言え、北米・中国では射出成型機が、国内では環境配慮型新素材用シート・フィルム製造装置の売り上げ数がそれぞれ増加したことが業績を支えたため、社員にもきちんと還元できていると考えられます。

現在は経営改革プランの一つとしても掲げている「高収益企業への変革」を実現するため経営改革にも尽力。

今後これらのプランが実現され収益が増加した暁には、平均年収も更に伸びると期待できます。

芝浦機械が属する芝浦機械グループとは?

芝浦機械グループは、芝浦機械エンジニアリング、東栄電機、不二精機製造所、芝浦セムテック等の子会社22社・関連会社1社から成り立つグループです。

国内だけでなく海外にも子会社を保有しており、グループ企業ではプラスチック加工機械・ダイカストマシン等の開発・設計・製造販売、計量証明・作業環境測定・飲料水検査の販売等、様々な事業を展開しています。

芝浦機械の採用情報

芝浦機械では現在、新卒採用を中心に採用活動を行っています。

募集職種や選考について詳しく見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では現在総合職の募集を行っており、入社後は技術系・事務系それぞれで以下の職種に配属される予定です。

  • 技術系:機械設計、電気回路設計、ソフトウェア設計、開発技術、製造技術、電装技術、IoT、AI開発、情報システム等
  • 事務系:国内営業、輸出営業、情報システム、経理、広報、法務、購買等

募集人数は技術系で30名程、事務系で5名程です。

事務系では全学部・学科が募集対象とされていますが、技術系では機械系・電気系・電子系・制御系・材料系・情報系等の学部・学科に所属する方が募集対象となるので注意しましょう。

マイナビによると選考は、エントリー→会社説明会→エントリーシートの提出→面接→適性検査→筆記試験→グループディスカッション→面接(複数回)の順で行われるとのことです。

残念ながら過去に選考を受けた方の体験談を見ても、グループディスカッションではどんなテーマが出題されたか等の情報は得られませんでした。

しかし、適性検査は一般的なSPIテストで市販の対策本で充分対策できたとの口コミも複数見られました。

早い内から就職活動に向けての準備を始め、しっかり対策しておきましょう。

キャリア採用

残念ながら現在公式ホームページではキャリア採用の募集は行われていませんでしたが、転職サイトでは法務職の求人が掲載されていました。

実務経験は問わないとのことですが、法学部卒・ロースクール出身・司法試験受験経験者のいずれかに該当することが応募条件として提示されているので、条件を満たしている方はぜひ応募しましょう。

また、過去には転職サイトで以下の職種の募集が行われています。

  • 産業用ロボット開発エンジニア
  • 機械設計・電気設計エンジニア
  • 技術営業
  • 生産管理

いずれの職種も応募する上で実務経験が必須となります。

将来的に上記の職種で東芝機械への転職を考えている方は、現職で経験やスキルを磨き専門的な資格等も取得しておくと良いかもしれません。

今後これらの職種の募集も必要に応じて再度行われると考えられるので、こまめに公式ホームページや転職サイトを確認するようにしましょう。

芝浦機械で求められる人材像

リクナビを見ると、芝浦機械では「自分なりの目標や考え方や常に前に進もうという向上心を持ち、前向きに自らのスキルアップに取り組んでいくことができる『自ら考え、行動できる』人財」を求めていると記載されていました。

また、芝浦機械の経営基本方針として「時代への適応と革新」「期待を越える顧客満足」「感謝・感激・感動」等が掲げられています。

これらのことから芝浦機械では、選考を通して向上心・自主性・行動力・順応性等を持っているかが見られると考えられます。

「将来どのような人になりたいか」「芝浦機械でどんな業務に携わりどう活躍したいか」「現在の目標について、またそれを達成するためにどんな努力をしているか」等のエピソードに基づき、自身の強みを伝えるようにしましょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中