日立金属の年収【2021年最新版】

平均年収が高い理由は?ボーナスはいくら?気になる福利厚生や研修制度は?


日立金属の平均年収

日立金属の平均年収は、2021年は721.9万円で前期に比べて下降傾向です。鉄鋼業界内では9位の平均年収となっています。日立金属は特殊鋼・エコ製品などを取り扱っている素材メーカーです。自社への誇りを持って仕事をする人が多く、協調性の高い人が集まっています。若手の内から大きな仕事を任せられることあり、賞与が業績と連動しているので、仕事へのモチベーションを維持しやすいでしょう。平均勤続年数は18.4年と長くなっています。

日立金属の平均年収概要

平均年収: 721.9万円 下降傾向
平均年齢
43.2歳
平均勤続年数
18.4年
従業員数
7,067人

日立金属の平均年収推移

平均年収推移(日立金属と上場企業平均)

日立金属の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると32.4万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は758.4万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

日立金属の平均年収推移(2015年〜2019年)

日立金属の平均年収 年収
2019年 722万円
2018年 754万円
2017年 774万円
2016年 776万円
2015年 767万円

業界内やエリア内での日立金属のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
747位
3737社
全国の上場企業の平均年収より109.4万円高い

全国の平均年収より289.7万円高い
日立金属の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
721.9万 612.5万 432.2万

日立金属の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると109.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると289.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中747位と高い順位となります。

鉄鋼業界内での比較

業界内順位
9位
45社
鉄鋼業界の平均年収より95.0万円高い
日立金属の平均年収 鉄鋼業界の平均年収
721.9万 626.9万

日立金属が属する鉄鋼業界の上場企業の平均年収は626.9万円です。 そのため、日立金属の年収は業界平均と比べて95.0万円高く、業界内順位を見ると45社中9位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
506位
1979社
東京都の平均年収より74.7万円高い
日立金属の平均年収 東京都の平均年収
721.9万 647.2万

日立金属の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日立金属の年収はエリア平均と比べて74.7万円高く、エリア内順位を見ると1979社中506位と高い順位となります。

日立金属ではボーナスはどれくらい貰える?

公式ウェブサイトの発表によると、日立金属では6月と12月の年2回ボーナスが支給されています。

業績にも左右されますが、口コミを参考に算出したところ、ボーナスの支給額は約85万円〜280万円となっているようです。

女性の管理職も多い日立金属ですが、平均的なボーナスの支給額には男女差があり、最大で55万円以上男性の方が多く貰っている傾向にあります。

また、年代別に見ると50歳代でボーナスの支給額がピークとなっていることが分かりました。

日立金属の職種別の年収

日立金属の職種別の平均年収についても確認してみましょう。

口コミによると、総合職は約600万円〜1000万円と最も高く、一般職の平均年収は約380万円〜790万円、技術職は約420万円〜780万円となっています。

なお、公式採用ウェブサイトで公表されている学歴別の年収は、学部卒:219,100円、修士了:238,100円、博士了:269,500円です。

日立金属では出世するとどれくらいの年収が貰える?

日立金属で出世したらどのくらいの年収が貰えるのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

口コミから算出したところ、係長:700万円〜875万円、課長:780万円〜1150万円、部長:880万円〜1335万円でした。

課長や部長などの役職まで出世すると1000万円以上の年収も夢ではないようですが、年功序列の社風のため、長く勤めなければ出世は難しいでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中