大同特殊鋼の年収【2020年最新版】

競合他社との年収の差は?気になる出世後の報酬も公開!面接で多く訊かれる質問とは?


大同特殊鋼の平均年収

大同特殊鋼の平均年収は、2020年で前期に比べて上昇傾向の743.6万円でした。鉄鋼業界内では3位の平均年収です。大同特殊鋼は特殊鋼の製造を行っている企業です。風通しが良く、若手の裁量も大きな企業です。日々の仕事で学ぶことが多く、責任のある仕事を任せられるので、やりがいを感じやすいでしょう。今のところは男性の社員が多いですが、ダイバーシティを推進しており、女性も働きやすい環境が整いつつあります。オフィスも綺麗でストレスフリーな環境です。平均勤続年数は16.7年となっています。

大同特殊鋼の平均年収概要

平均年収: 743.6万円 上昇傾向
平均年齢
39.1歳
平均勤続年数
16.7年
従業員数
3,425人

大同特殊鋼の平均年収推移

平均年収推移(大同特殊鋼と上場企業平均)

大同特殊鋼の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると6.6万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は728.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

大同特殊鋼の平均年収推移(2015年〜2019年)

大同特殊鋼の平均年収 年収
2019年 744万円
2018年 737万円
2017年 728万円
2016年 716万円
2015年 720万円

業界内やエリア内での大同特殊鋼のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
621位
3737社
全国の上場企業の平均年収より131.1万円高い

全国の平均年収より311.4万円高い
大同特殊鋼の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
743.6万 612.5万 432.2万

大同特殊鋼の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると131.1万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると311.4万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中621位と高い順位となります。

鉄鋼業界内での比較

業界内順位
3位
45社
鉄鋼業界の平均年収より116.7万円高い
大同特殊鋼の平均年収 鉄鋼業界の平均年収
743.6万 626.9万

大同特殊鋼が属する鉄鋼業界の上場企業の平均年収は626.9万円です。 そのため、大同特殊鋼の年収は業界平均と比べて116.7万円高く、業界内順位を見ると45社中3位と高い順位となります。

愛知県内での比較

エリア内順位
21位
222社
愛知県の平均年収より163.0万円高い
大同特殊鋼の平均年収 愛知県の平均年収
743.6万 580.6万

大同特殊鋼の所在地がある愛知県の上場企業の平均年収は580.6万円です。 そのため、大同特殊鋼の年収はエリア平均と比べて163.0万円高く、エリア内順位を見ると222社中21位と高い順位となります。

大同特殊鋼ではボーナスはどれくらい貰える?

大同特殊鋼では7月と12月の年2回、ボーナスが支給されます。

平均支給額は約115万円〜240万円、男女間の差は最大で約60万円、ピークは50歳代で迎えます。

特に開発・技術系は残業や休日出勤が多いため、他の職種よりも高い給与を得ることができます。

大同特殊鋼の職種別の年収

職種別の年収を比較すると、一般職の平均年収は約400万円〜750万円、技術職は約350万円〜735万円、総合職は約600万円〜1040万円となっています。

仕事の量や内容ではなく、年齢・勤続年数に応じて給与がアップしていくため、高い年収を得るためには長く勤めることが重要です。

ほとんどの従業員が、勤続20年ほどで年収1000万円に到達するようです。

学歴別の初任給は、2019年度の実績によるとグローバルスタッフの修士了235,000円、大学卒210,000円、高専卒181,000円、エリアスタッフの大学卒183,110円となっており、他の企業と比較しても一般的な金額設定と言えます。

大同特殊鋼では出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、係長の平均年収は約750円〜825万円、課長は約850万円〜1100万円、部長は約1200万円〜1375万円となっています。

管理職に就くと給与やボーナスの水準は高くなり、2年目から120万円ほど支給された方もいるようです。

大同特殊鋼の社長や役員の年収

代表取締役会長の嶋尾 正氏と代表取締役社長の石黒 武氏の年収は公開されていませんでしたが、その他の取締役の平均年収は約4800万円、監査役は約2900万円となっています。

業績の好調さを見ると役員報酬はやや低い印象を受けますが、従業員の平均年収を考えると妥当な金額であると言えます。

競合他社と大同特殊鋼の年収比較

大同特殊鋼の競合他社というと、日立金属やトピー工業、愛知製鋼などが挙げられます。

最新の有価証券報告書によれば、日立金属の平均年収は約721.9万円、トピー工業の平均年収は約641.1万円、愛知製鋼の平均年収は約725.3万円となっています。

大同特殊鋼の平均年収は約743.6万円ですので、平均よりも少し高い年収であることが分かりました。

・日立金属

・トピー工業

・愛知製鋼

大同特殊鋼の平均年収が高い理由

平均年収が高い理由には、業績の好調さが大きく影響しています。

売上高は2015年度の4836億円から右肩上がりに上昇し、2019年度には5432億円と約600億円も増加しました。

この背景には、自動車部品・産業機械部品事業の売上高が前期比3.4%増、自動車向けのステンレス鋼や高合金の売上高が前期比8.1%増、エンジニアリング事業の売上高が前年比10.7%増・営業利益が前期比4億5500万円増益したことなどが関係しています。

また、平均年齢は40歳に満たないものの勤続年数が16.7年と長いことは、平均年収を引き上げる要因の一つになっていると考えられます。

大同特殊鋼の事業内容

大同特殊鋼は、鉄鋼業界に属する日本の大手企業です。

主な事業

特殊鋼鋼材

自動車・建機・産機などの部品として使用される構造用鋼、船舶・電力・石油化学に用いられる高合金、21世紀を担う夢の金属と言われているチタンなど幅広い素材を取り扱っており、原料や資材の調達から物流管理・流通までを一貫して行っています。

機能材料・磁性材料事業

厨房用品・建築材料・医療機械器具など幅広い分野で使用されるステンレス鋼、自動車・電子部品・精密部品などの素材として用いられる合金粉末、自動車のEPSや衝突防止レーダー・電車・エレベーター・太陽光発電などに使用される磁石製品を取り扱っています。

自動車部品・産業機械部品事業

自動車のクランクシャフトや航空機のエンジンシャフト素材、舶用バルブなどを製造。

クランクシャフトには固体材料を圧縮・打撃することで強度と靭性を増した素材を使用しており、トラックやフォークリフトの部品の製造にも用いられています。

エンジニアリング事業

特殊鋼の製造で培ってきた技術を活かし、鋼設備や工業炉・環境設備・各種機械の設計・施工からメンテナンスまで一貫して行っています。

各企業や工場の品質向上・コスト低減・環境改善・省力化などに役立っており、様々な業界から高い信頼を獲得しています。

その他の事業

流通・サービス事業では、不動産・保険取扱医・ゴルフ場やホテルの経営・ソフトウェア開発など、様々な分野でも事業展開しています。

中には清掃や警備・学校給食など、私たちの身近なところでも大同特殊鋼が活躍しているのです。

大同特殊鋼の歴史

大同特殊鋼の歴史についてご紹介します。

  • 1961年:名古屋電燈(株)から製鋼部門を分離し(株)電気製鋼所を設立。下出民義が社長に就任、合金鉄および工具鋼の生産を開始
  • 1925年:我が国最初のマンガン製特殊軌条の製作に成功
  • 1938年:(株)大同電気製鋼所の商号を大同製鋼(株)に変更
  • 1950年:企業再建整備法により大同製鋼(株)を解散、新大同製鋼(株)として再発足
  • 1953年:新大同製鋼(株)の商号を大同製鋼(株)に変更
  • 1965年:ニューヨーク事務所開設
  • 1976年:大同製鋼(株)、日本特殊鋼(株)、特殊製鋼(株)が合併、商号を大同特殊鋼(株)に変更
  • 1991年:創業75周年にあたり、経営理念を発表
  • 2003年:東京本社を西新橋から品川へ移転
  • 2009年:集光型太陽光発電 実証テスト開始
  • 2016年:創業100周年

大同特殊鋼が属する大同特殊鋼グループとは?

大同特殊鋼グループとは、大同特殊鋼が中心核となるグループ企業のことです。

所属企業には、鋼材・鍛造品・鋳造品の製造を行う大同テクニカ、沿岸荷役・倉庫業および運送を行う川一産業、ゴルフ場・ホテル・娯楽施設の経営を行う木曽駒高原観光開発などがあります。

大同特殊鋼の採用情報

大同特殊鋼では、新卒採用、キャリア採用にて募集を行っています。

新卒採用

新卒採用では、生産管理・営業・企画、海外関連・調達・経理・法務・人事・労務・総務などの文系グローバルスタッフ、製造技術・設備技術・品質保証・研究開発・商品開発・技術サービス・プラントエンジニアなどの理系グローバルスタッフ、一般事務職のエリアスタッフにて募集を行っています。

勤務地は、本社のある名古屋・東京および大阪支店、福岡営業所、名古屋研究所、名古屋・京浜地区・千葉・群馬工場のいずれかで、将来的には海外勤務の可能性もあります。

選考方法は、エントリー→WEB会社説明会→エントリーシート提出→適性検査→面接(3回)→内々定です。

キャリア採用

キャリア採用では、現在募集を行っておりません。

随時情報は更新されますので、こまめに確認することをおすすめします。

大同特殊鋼で求められる人材像

大同特殊鋼では、行動指針である「高い志と誠実さを持ち、自ら成長すると共に、チームの力を活かし、挑戦し続ける」に共感してくれる方を求めています。

キャリアや年齢に関わらず責任ある仕事を任せる傾向にあるため、物事を自分で考えられること、行動できることが重要視されます。

職位や年齢などを意識せず自由に意見を言える環境づくりを心がけているため、若手の新しい発想とやる気を存分に発揮してくれる、快活な人材が必要とされているようです。

大同特殊鋼に就職、転職するためには?

面接は和やかな雰囲気で行われますが、面接官の人数が多いため緊張してしまうかもしれません。

しかし質問する人はごく一部なので、話す相手に集中し、緊張を和らげましょう。

質問内容に関しては、「志望動機」「今までに経験した一番辛かったこと・理不尽なこと」「キャリアプランについて」など、一般的なものが多く出されます。

中途採用者には「転職理由」について詳しく訊かれますので、「なぜ大同特殊鋼を選んだのか」「大同特殊鋼でなくてはならない理由」などをしっかりと述べられるようにまとめておきましょう。

もちろん企業研究も大切ですが、ただ調べるだけではなく、自分自身のキャリアや経験などと照らし合わせながら行ってください。

背伸びをしたり取り繕うのではなく、ありのままの自分をアピールできれば、好印象に繋がるはずです。

大同特殊鋼の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(大同特殊鋼と上場企業平均)

大同特殊鋼 上場企業平均
2019年 3,425人 1,035人
2018年 3,340人 1,071人
2017年 3,258人 1,042人
2016年 3,210人 1,055人
2015年 3,146人 1,055人

大同特殊鋼の従業員数は2019年で3,425人と、1年前と比べて85人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に大同特殊鋼と同じ鉄鋼業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,558人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(大同特殊鋼と上場企業平均)

大同特殊鋼 上場企業平均
2019年 39.1歳 41歳
2018年 39.1歳 41歳
2017年 39.2歳 40歳
2016年 39.4歳 40歳
2015年 39.3歳 40歳

大同特殊鋼の平均年齢は2019年で39.1歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ鉄鋼業界内で比較してみました。業界平均が40歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(大同特殊鋼と上場企業平均)

大同特殊鋼 上場企業平均
2019年 16.7年 12年
2018年 17.0年 13年
2017年 17.3年 13年
2016年 17.5年 13年
2015年 17.7年 13年

大同特殊鋼の平均勤続年数は2019年で16.7年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ鉄鋼業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.5年のため、業界内で見ても長い水準となります。

大同特殊鋼の業績推移

大同特殊鋼が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 3408.1億円 243.9億円
2018年3月期 3077.5億円 211.7億円
2017年3月期 2677.7億円 179.0億円
2016年3月期 2807.5億円 155.4億円
2015年3月期 3007.5億円 119.2億円

まず、大同特殊鋼と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、大同特殊鋼が3408.1億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。大同特殊鋼の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、大同特殊鋼が10.7%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

大同特殊鋼 上場企業平均
2019年3月期 9951万円 1.1億
2018年3月期 9214万円 9064万
2017年3月期 8219万円 9022万
2016年3月期 8746万円 9416万
2015年3月期 9560万円 9870万

次に、大同特殊鋼と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、大同特殊鋼は9951万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

大同特殊鋼 上場企業平均
2019年3月期 712万円 788万
2018年3月期 634万円 731万
2017年3月期 549万円 741万
2016年3月期 484万円 672万
2015年3月期 379万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、大同特殊鋼は712万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
大同特殊鋼株式会社
設立年月日
1950年2月1日
所在地
名古屋市東区東桜1−1−10 アーバンネット名古屋ビル
エリア
愛知 
公式サイト
業界・業種
鉄鋼 
代表者名
石黒 武
上場市場
東証1部、名証1部
上場年月日
1950年9月20日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年5月7日

SNSシェア用テキスト

表示準備中