山陽特殊製鋼の年収【2021年最新版】(3ページ目)

軸受鋼の国内シェアNo.1を誇る大手鉄鋼メーカー!福利厚生・各種制度も充実?環境負荷低減のための独自技術を活かした取り組みとは?選考のポイントも詳しく解説!


山陽特殊製鋼に就職、転職するためには?

過去に山陽特殊製鋼の面接を受けた方の口コミを確認すると、面接では志望動機等をはじめとした一般的なものの他に、適性検査と併せて行われる工場見学の感想等も訊かれたとのことです。

工場見学の際にはきちんと説明を聞き、気になった点や気が付いたこと等もきちんとメモを取り面接の際に活かすようにしましょう。

過去の面接での質問内容は以下の通りです。

  • 山陽特殊製鋼に点数をつけるとしたら何点か
  • 普段周囲から何と言われることが多いか
  • キャリアプランについてどのように考えているか 等

また、体力や精神力があるかどうかを訊かれたという体験談も見られました。

これまでに体育会系の部活動をしていた方や運動習慣のある方はそのことについても話をし、体力面に自信があることを伝えると良いかもしれません。

運動経験があまりないという方も面接中はハキハキと元気良く受け答えをすることを意識し、覇気を纏って臨みましょう。

山陽特殊製鋼の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(山陽特殊製鋼と上場企業平均)

山陽特殊製鋼 上場企業平均
2019年 1,334人 1,035人
2018年 1,277人 1,071人
2017年 1,266人 1,042人
2016年 1,309人 1,055人
2015年 1,341人 1,055人

山陽特殊製鋼の従業員数は2019年で1,334人と、1年前と比べて57人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に山陽特殊製鋼と同じ鉄鋼業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,558人なので、それと比較しても少ない規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(山陽特殊製鋼と上場企業平均)

山陽特殊製鋼 上場企業平均
2019年 39.3歳 41歳
2018年 39.4歳 41歳
2017年 39.2歳 40歳
2016年 39.2歳 40歳
2015年 39.2歳 40歳

山陽特殊製鋼の平均年齢は2019年で39.3歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ鉄鋼業界内で比較してみました。業界平均が40歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(山陽特殊製鋼と上場企業平均)

山陽特殊製鋼 上場企業平均
2019年 17.7年 12年
2018年 17.7年 13年
2017年 17.8年 13年
2016年 17.9年 13年
2015年 17.9年 13年

山陽特殊製鋼の平均勤続年数は2019年で17.7年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ鉄鋼業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.5年のため、業界内で見ても長い水準となります。

山陽特殊製鋼の業績推移

山陽特殊製鋼が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 1628.0億円 101.6億円
2018年3月期 1485.4億円 99.2億円
2017年3月期 1304.5億円 115.8億円
2016年3月期 1399.8億円 112.9億円
2015年3月期 1598.6億円 84.2億円

まず、山陽特殊製鋼と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、山陽特殊製鋼が1628.0億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。山陽特殊製鋼の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、山陽特殊製鋼が9.6%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

山陽特殊製鋼 上場企業平均
2019年3月期 1.2億円 1.1億
2018年3月期 1.2億円 9064万
2017年3月期 1.0億円 9022万
2016年3月期 1.1億円 9416万
2015年3月期 1.2億円 9870万

次に、山陽特殊製鋼と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、山陽特殊製鋼は1.2億円、上場企業平均が1.1億円となっています。 そのため山陽特殊製鋼は上場企業の中では従業員あたりの付加価値が高い優良な企業と言えます。

従業員一人あたり経常利益の推移

山陽特殊製鋼 上場企業平均
2019年3月期 762万円 788万
2018年3月期 777万円 731万
2017年3月期 915万円 741万
2016年3月期 863万円 672万
2015年3月期 628万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、山陽特殊製鋼は762万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
山陽特殊製鋼株式会社
設立年月日
1935年1月11日
所在地
兵庫県姫路市飾磨区中島3007
エリア
兵庫  姫路 
業界・業種
鉄鋼 
代表者名
樋口 眞哉
上場市場
東証1部
上場年月日
1980年11月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年7月20日

SNSシェア用テキスト

表示準備中