山陽特殊製鋼の年収【2021年最新版】(2ページ目)

軸受鋼の国内シェアNo.1を誇る大手鉄鋼メーカー!福利厚生・各種制度も充実?環境負荷低減のための独自技術を活かした取り組みとは?選考のポイントも詳しく解説!


山陽特殊製鋼の社長や役員の年収

2020年度の有価証券報告書を確認しましたが、報酬が1億円を超える役員は存在しないとのことでした。

またその他の役員の報酬については、社内取締役6名に対して総額1億6500万円で1人あたり2750万円、社内監査役1名に対して2900万円がそれぞれ支給されていました。

このことから、代表取締役社長の宮本勝弘氏の報酬は2900万円以上1億円未満であると推測できます。

現在は事業・収益基盤の安定及び企業価値の向上を目指す一方、カーボンニュートラルを実現するための活動にも注力しています。

エコプロセスやグリーンエネルギーの活用等を推進するだけでなく長寿命軸受鋼を開発販売する等、独自の技術を存分に発揮した製品で地球環境負荷の低減に貢献。

今後環境の保全意識が益々高まるにつれこれらの製品のニーズも増えると考えられるので、大きな利益が得られると見込めます。

業績によっては役員の報酬もいずれ1億円を超えるかもしれません。

競合他社と山陽特殊製鋼の年収比較

山陽特殊製鋼の競合会社として、大同特殊鋼東北特殊鋼等が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、山陽特殊製鋼は733万円、大同特殊鋼は744万円、東北特殊鋼は608万円と、現時点では大同特殊鋼にはあと一歩及びませんでした。

しかし、鉄鋼業界の平均年収626.9万円と比較すると約105.7万円高いことから、業界内では高水準であると言って良いでしょう。

現時点で軸受鋼の国内シェアNo.1を誇っており、現在は製造プロセスを改善しコスト・品質の面での競争力を強化することを視野に入れています。

今後これまでよりも更に品質の高い製品が輩出された暁には、国内だけでなく海外でも高いシェアを獲得し、業績をどんどん伸ばしていくと期待できます。

競合会社の年収を超える日も近いと言っても過言ではありません。

山陽特殊製鋼の平均年収が高い理由

2017年から2019年にかけての山陽特殊製鋼の売り上げ・経常利益の推移を確認すると、売り上げは2017年で1304.5億円、2018年で1485.4億円、2019年1628.0億円でした。

また経常利益は2017年で115.8億円、2018年で99.2億円、2019年で101.6億円となっていました。

経常利益が2018年に一度下降していますが現在は回復傾向にあり、売り上げに関しては直近3年間で約323.5億円上昇していることが分かります。

2020年には新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け特殊鋼の需要が低下し売り上げ数量等が減少したとは言え、現時点では業績にはあまり大きな影響はないと言えます。

現在は早期の収益力の回復を目指し、インドをはじめとした海外市場での事業・収益基盤を拡大することに注力。

幸い自動車・産業機械等の業界での特殊鋼の需要が回復しつつあるので、今後事業環境が安定するにつれ業績も上昇していくと考えられます。

その時々のニーズを的確に捉え柔軟に事業を運営していることが、高い年収に繋がっているのでしょう。

山陽特殊製鋼が属する日本製鉄グループとは?

日本製鉄グループは、山陽特殊製鋼をはじめとして王子製鉄、北九州環境プラントサービス、ジオスター、太陽シャーリング等が所属するグループです。

グループ企業では平鋼の製造販売や環境施設の操業・設備保全・運転管理、インフラ整備向けコンクリート製品・金属製品の製造販売等、あらゆる事業を展開しています。

山陽特殊製鋼の採用情報

山陽特殊製鋼では現在、新卒採用を中心に採用活動が行われています。

各募集職種や選考について詳しい情報を確認していきましょう。

新卒採用

新卒採用では現在、総合職技術系・総合職事務系の募集を行っています。

入社後の配属先はそれぞれ以下の通りです。

  • 技術系:製造技術・管理、設備管理、研究開発、技術営業、生産管理、システム企画等
  • 事務系:経理・財務、総務、人事、営業、購買等

事務系は全学部・学科が募集対象となりますが、技術系に関しては材料・機械・電気・電子・物理・化学・情報・数学等の工学系・理学系の学部・学科に所属する方が対象となるので注意しましょう。

配属先は新入社員研修期間に自身の専攻・適性及び各職場の配属要請等を考慮して決められますが、ジョブローテーション制度も用意されているのであらゆる部署を体験し知識を広げることも可能です。

希望する業務・職場を申告できる自己申告書を基に上司と面談することが可能なので、自身の今後のキャリアを考えた上で必要に応じて利用するようにしましょう。

選考は、エントリー→書類選考→一次面接→適性検査→二次面接→最終面接の順で進みます。

過去に選考を受けた方の体験談を確認すると、適性検査ではSPIに似た問題や性格テストの他に英語や一般常識等の問題も出題されたとのことです。

問題数が非常に多かったとの声も見られたので、解ける問題から取り掛かりテンポ良く回答するようにしましょう。

キャリア採用

現在公式ホームページではキャリア採用の募集は行われていませんが、転職サイトでは鍛造・旋削加工職の求人情報が掲載されていました。

鍛造または旋削の経験、製造現場管理の経験を持つ方を募集しており、NC旋盤の使用経験があれば尚良しとのことです。

専門的な資格やこれまでに培ったスキル・経験等、選考を通してしっかりアピールすると良いでしょう。

また上記の職種は転職サイトでの募集となっているので、いつ掲載が終了するか定かではありません。

希望する方はなるべく早く応募し、求人を逃さないようにしましょう。

山陽特殊製鋼で求められる人材像

山陽特殊製鋼では選考を通して「コミュニケーション能力を重視している」とリクナビに記載されており、人事メッセージには山陽特殊製鋼の「高信頼性鋼」を支える人物の特徴として以下の二つが挙げられています。

  • 感謝の気持ちを忘れない
  • 周囲を思いやり、理解する

また経営理念の一つとして「人と人との信頼」を掲げており、人とのコミュニケーションに努め信頼関係を築くことを大切にしています。

これらのことから山陽特殊製鋼では、コミュニケーション能力の他にも協調性があるか、気配りができるか等も見られると考えられます。

選考では「普段人とどのようにコミュニケーションを取っているか」「他者と意見がぶつかった時どう対処しているか」等、日頃周囲を慮ってどのように行動しているかに重点を置いて話をすると良いかもしれません。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年7月20日

SNSシェア用テキスト

表示準備中