持田製薬の年収【2021年最新版】

今後の目標はグローバル展開?報酬の高さの理由とは?就活前に知っておくべき選考のポイントも徹底的に解説!


持田製薬の平均年収

持田製薬の平均年収は、2021年で810.0万円でした。医薬品業界内では24位、全体では370位、東京都内では270位と高順位です。持田製薬は、医薬品やスキンケア製品の製造販売を行う企業です。福利厚生では育児・介護による休業制度や時短勤務制度、在宅勤務制度が充実。ライスステージの変化に応じて働き方を選択でき、生活もキャリアも大切にできます。職種によっては普通自動車免許、英語力が求められます。英語力の目安はTOEIC700点となりますので、少しずつ勉強しておきましょう。平均勤続年数17.1年と定着率も安定しています。

持田製薬の平均年収概要

平均年収: 810.0万円 下降傾向
平均年齢
41.6歳
平均勤続年数
17.1年
従業員数
1,323人

持田製薬の平均年収推移

平均年収推移(持田製薬と上場企業平均)

持田製薬の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると3.6万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は815.5万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

持田製薬の平均年収推移(2015年〜2019年)

持田製薬の平均年収 年収
2019年 810万円
2018年 814万円
2017年 813万円
2016年 818万円
2015年 823万円

業界内やエリア内での持田製薬のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
370位
3737社
全国の上場企業の平均年収より197.5万円高い

全国の平均年収より377.8万円高い
持田製薬の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
810.0万 612.5万 432.2万

持田製薬の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると197.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると377.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中370位と高い順位となります。

医薬品業界内での比較

業界内順位
24位
67社
医薬品業界の平均年収より39.3万円高い
持田製薬の平均年収 医薬品業界の平均年収
810.0万 770.7万

持田製薬が属する医薬品業界の上場企業の平均年収は770.7万円です。 そのため、持田製薬の年収は業界平均と比べて39.3万円高く、業界内順位を見ると67社中24位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
266位
1979社
東京都の平均年収より162.8万円高い
持田製薬の平均年収 東京都の平均年収
810.0万 647.2万

持田製薬の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、持田製薬の年収はエリア平均と比べて162.8万円高く、エリア内順位を見ると1979社中266位と高い順位となります。

持田製薬ではボーナスはどれくらい貰える?

持田製薬では7月と12月の年2回、約6ヶ月~7ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約130万円~260万円です。

年功序列の風土が築かれているため、ボーナスも年を追うごとに少しずつ支給額が増えていくと予想できます。

とは言え社員の方の口コミによると、近年では実績及び行動等も評価されボーナスに反映されるようになってきたとのことです。

日々業務にきちんと取り組むことで自身の頑張りがボーナスに反映され、満足できる額が支給されると言えます。

持田製薬の職種別の年収

持田製薬の年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約370万円~840万円
  • 技術職:約400万円~820万円
  • 総合職:約630万円~1170万円

持田製薬の年間休日数は約125日です。

完全週休2日制であることはもちろんリフレッシュ休暇や年5日の連続休暇等も取得できるため、メリハリをつけて働くことが可能。

自己啓発支援制度やクラブ活動等も用意されているので、充実した日々を送ることができます。

持田製薬では出世するとどれくらいの年収が貰える?

持田製薬で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約870万円~920万円
  • 課長クラス:約1145万円~1220万円
  • 部長クラス:約1340万円~1490万円

出世も基本的に年功序列となりますが、上司に信頼されているかどうかも出世の鍵となるようです。

入社後は上司の指示をよく聞き、上司との間に強い信頼関係を築くようにすると出世に繋がるかもしれません。

また厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースによると、現時点での持田製薬の女性管理職比率は10.2%でした。

社員の方の口コミを見ると産前・産後休暇や育児休暇を取得する方も多く、近年では女性活躍推進活動にも積極的に取り組んでいるとのことです。

今後環境が更に整備されていくにつれ、女性の管理職数も増加していくと考えられます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年6月21日

SNSシェア用テキスト

表示準備中