東洋インキSCホールディングスの年収【2020年最新版】


東洋インキSCホールディングスの平均年収は2020年で730.8万円で前期に比べて上昇傾向。化学業界内順位は49位、全体での順位は687位です。従業員数410人、勤続年数17.4年となっています。独身者には家賃補助、既婚者には家族手当が平等に支給されているので、従業員を区別することなく扱っています。また、フレックス勤務など、働き方改革にも真剣に取り組んでいます。まだ完全ではないですが、ご愛嬌と言える範囲です。そのほかには野球観戦や保養所利用、イベントのチケットなど数多くを従業員価格で楽しむことができるので、休日も充分にリフレッシュできます。

東洋インキSCホールディングスの平均年収概要

平均年収: 730.8万円 上昇傾向
平均年齢
42.8歳
平均勤続年数
17.4年
従業員数
410人

東洋インキSCホールディングスの平均年収推移

平均年収推移(東洋インキSCホールディングスと上場企業平均)

東洋インキSCホールディングスの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると0.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は717.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

東洋インキSCホールディングスの平均年収推移(2015年〜2019年)

東洋インキSCホールディングスの平均年収 年収
2019年 731万円
2018年 731万円
2017年 725万円
2016年 706万円
2015年 696万円

業界内やエリア内での東洋インキSCホールディングスのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
687位
3737社
全国の上場企業の平均年収より118.3万円高い

全国の平均年収より298.6万円高い
東洋インキSCホールディングスの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
730.8万 612.5万 432.2万

東洋インキSCホールディングスの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると118.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると298.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中687位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
49位
213社
化学業界の平均年収より75.3万円高い
東洋インキSCホールディングスの平均年収 化学業界の平均年収
730.8万 655.5万

東洋インキSCホールディングスが属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、東洋インキSCホールディングスの年収は業界平均と比べて75.3万円高く、業界内順位を見ると213社中49位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
472位
1979社
東京都の平均年収より83.6万円高い
東洋インキSCホールディングスの平均年収 東京都の平均年収
730.8万 647.2万

東洋インキSCホールディングスの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、東洋インキSCホールディングスの年収はエリア平均と比べて83.6万円高く、エリア内順位を見ると1979社中472位と高い順位となります。

東洋インキSCホールディングスの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(東洋インキSCホールディングスと上場企業平均)

東洋インキSCホールディングス 上場企業平均
2019年 410人 1,035人
2018年 410人 1,071人
2017年 440人 1,042人
2016年 458人 1,055人
2015年 454人 1,055人

東洋インキSCホールディングスの従業員数は2019年で410人と、1年前と比べて同じ人数となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて少ない水準となります。

次に東洋インキSCホールディングスと同じ化学業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が913人なので、それと比較しても少ない規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(東洋インキSCホールディングスと上場企業平均)

東洋インキSCホールディングス 上場企業平均
2019年 42.8歳 41歳
2018年 42.6歳 41歳
2017年 42.6歳 40歳
2016年 42.2歳 40歳
2015年 42.2歳 40歳

東洋インキSCホールディングスの平均年齢は2019年で42.8歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ化学業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(東洋インキSCホールディングスと上場企業平均)

東洋インキSCホールディングス 上場企業平均
2019年 17.4年 12年
2018年 17.1年 13年
2017年 17.1年 13年
2016年 16.5年 13年
2015年 16.4年 13年

東洋インキSCホールディングスの平均勤続年数は2019年で17.4年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ化学業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.3年のため、業界内で見ても長い水準となります。

企業データ

会社名
東洋インキSCホールディングス株式会社
設立年月日
1907年1月15日
所在地
東京都中央区京橋2−2−1 京橋エドグラン
エリア
東京 
業界・業種
化学  塗料 
代表者名
高島 悟
上場市場
東証1部
上場年月日
1961年10月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年5月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中