DICの年収【2021年最新版】

海外売上高比率約60%!創業110年の歴史を持つ大手化学メーカー!世界シェアNo.1の製品も多数!?


DICの平均年収

DICの平均年収は、2021年では768.1万円で前期に比べて下降傾向でした。化学業界内では34位、全体では513 位、東京都内では364位と高順位。DICは印刷インキや有機顔料等で世界トップシェアの企業です。月平均残業時間は12時間、リモートワーク制度を取り入れる等労働環境改善に努め、2019年には健康経営優良法人に認定されました。賞与も年4回と好待遇なこともあり、従業員数3,593人、平均勤続年数18.9年と高水準であることにも納得です。

DICの平均年収概要

平均年収: 768.1万円 下降傾向
平均年齢
43.4歳
平均勤続年数
18.9年
従業員数
3,593人

DICの平均年収推移

平均年収推移(DICと上場企業平均)

DICの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると16.4万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は772.8万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

DICの平均年収推移(2015年〜2019年)

DICの平均年収 年収
2019年 768万円
2018年 784万円
2017年 778万円
2016年 774万円
2015年 759万円

業界内やエリア内でのDICのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
513位
3737社
全国の上場企業の平均年収より155.6万円高い

全国の平均年収より335.9万円高い
DICの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
768.1万 612.5万 432.2万

DICの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると155.6万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると335.9万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中513位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
34位
213社
化学業界の平均年収より112.6万円高い
DICの平均年収 化学業界の平均年収
768.1万 655.5万

DICが属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、DICの年収は業界平均と比べて112.6万円高く、業界内順位を見ると213社中34位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
359位
1979社
東京都の平均年収より120.9万円高い
DICの平均年収 東京都の平均年収
768.1万 647.2万

DICの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、DICの年収はエリア平均と比べて120.9万円高く、エリア内順位を見ると1979社中359位と高い順位となります。

DICではボーナスはどれくらい貰える?

DICでは4月・5月・10月・11月の年4回、約5.5ヶ月~6ヶ月分のボーナスが支給され、平均支給額は約110万円~240万円となっています。

年2回実施される面接により支給額が決まるので、自身の頑張りを正当に評価してもらえると言えるでしょう。

DICの職種別の年収

DICの年収を職種別に見てみましょう。

一般職:約300万円~800万円

技術職:約400万円~780万円

総合職:約650万円~1115万円

また、2019年度実績では初任給は以下の通りでした。

博士了:287,510円

修士了:244,370円

学部卒:224,110円

福利厚生や手当も充実しているため、安心して働くことができるでしょう。

DICでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

DICで役職に就いた場合の年収も見ていきましょう。

係長クラス:約760万円~890万円

課長クラス:約1000万円~1160万円

部長クラス:約1275万円~1420万円

役職に就くには昇格試験に合格する必要があり、試験内容は論文・面接となります。

人事評価も加味されるので、普段から業務に真面目に取り組み、社内の人とも良い関係を築いておくと良いでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中