デンカの年収【2021年最新版】

世界シェアNo.1を誇る製品多数輩出!?100年以上の歴史を持つ総合化学品会社!面接は人物重視?その傾向と対策とは?


デンカの平均年収

デンカの平均年収は2021年で706.9万円でした。化学業界内順位は65位、全体での順位は849位です。給与は大幅に下がるような環境もなく、ボーナスも年2回必ずもらえるので安定しています。古い体制は残っていますが、国の方針や改革などを取り入れようとする姿勢は強く、少しずつ従業員が働きやすい環境を整えている印象です。従業員数3,250人、勤続年数17.1年の安定率も、これらの取り組みによるものと考えられます。

デンカの平均年収概要

平均年収: 706.9万円 上昇傾向
平均年齢
40.6歳
平均勤続年数
17.1年
従業員数
3,250人

デンカの平均年収推移

平均年収推移(デンカと上場企業平均)

デンカの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると39.5万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は650.2万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

デンカの平均年収推移(2015年〜2019年)

デンカの平均年収 年収
2019年 707万円
2018年 667万円
2017年 646万円
2016年 630万円
2015年 601万円

業界内やエリア内でのデンカのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
849位
3737社
全国の上場企業の平均年収より94.4万円高い

全国の平均年収より274.7万円高い
デンカの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
706.9万 612.5万 432.2万

デンカの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると94.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると274.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中849位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
65位
213社
化学業界の平均年収より51.4万円高い
デンカの平均年収 化学業界の平均年収
706.9万 655.5万

デンカが属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、デンカの年収は業界平均と比べて51.4万円高く、業界内順位を見ると213社中65位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
573位
1979社
東京都の平均年収より59.7万円高い
デンカの平均年収 東京都の平均年収
706.9万 647.2万

デンカの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、デンカの年収はエリア平均と比べて59.7万円高く、エリア内順位を見ると1979社中573位と高い順位となります。

デンカではボーナスはどれくらい貰える?

デンカでは7月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

2020年度の平均では約5.28ヶ月分支給されており、平均支給額は約105万円~230万円です。

ボーナスの支給月数も毎年ほとんど変わらず安定しているため、安心して勤めることができると考えられます。

デンカの職種別の年収

デンカの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約320万円~655万円
  • 技術職:約300万円~645万円
  • 総合職:約550万円~920万円

また初任給は、地区区分(A・B・C)及び学歴により額が異なります。

新卒採用ページの募集要項に2020年実績での初任給額がそれぞれ掲載されているので、参考程度に確認しておきましょう。

デンカでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

デンカで出世した場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約685万円~800万円
  • 課長クラス:約885万円~1070万円
  • 部長クラス:約995万円~1340万円

デンカでは、仕事を積極的に行うだけでなく、コミュニケーション能力も持ち合わせている社員が比較的出世しやすいようです。

周囲の社員と積極的に交流をし、業務内でも無理をしない範囲で様々なことに挑戦すると良いでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中