レノバの年収【2022年最新版】

今後の事業の展望は?どんな人材が求められている?就活前に知っておきたいポイントを解説!


レノバの平均年収

レノバの平均年収は2022年で956.9万円。電気・ガス業界内順位は1位、全体での順位は129位です。電気・ガス業界はまだまだ男社会というイメージもありますが、レノバは女性社長ということもあり、女性目線で物事を捉えてくれる風通しの良い会社です。環境に良い再生可能エネルギー発電施設の開発を行っているため、社会貢献を強く感じられます。従業員数128人、勤続年数が3.4年と短いですが、今後更に問題となるであろう環境問題において、まだまだ発展の可能性を大いに期待できる企業です。

レノバの平均年収概要

平均年収: 956.9万円 上昇傾向
平均年齢
40.3歳
平均勤続年数
3.4年
従業員数
128人

レノバの平均年収推移

平均年収推移(レノバと上場企業平均)

レノバの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると8.2万円増加しています。

上述のように、過去3年間の平均年収は949.4万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

レノバの平均年収推移(2017年〜2019年)

レノバの平均年収 年収
2019年 957万円
2018年 949万円
2017年 943万円

業界内やエリア内でのレノバのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
129位
3737社
全国の上場企業の平均年収より344.4万円高い

全国の平均年収より524.7万円高い
レノバの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
956.9万 612.5万 432.2万

レノバの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると344.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると524.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中129位と高い順位となります。

電気・ガス業界内での比較

業界内順位
1位
24社
電気・ガス業界の平均年収より252.3万円高い
レノバの平均年収 電気・ガス業界の平均年収
956.9万 704.6万

レノバが属する電気・ガス業界の上場企業の平均年収は704.6万円です。 そのため、レノバの年収は業界平均と比べて252.3万円高く、業界内順位を見ると24社中1位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
105位
1979社
東京都の平均年収より309.7万円高い
レノバの平均年収 東京都の平均年収
956.9万 647.2万

レノバの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、レノバの年収はエリア平均と比べて309.7万円高く、エリア内順位を見ると1979社中105位と高い順位となります。

レノバではボーナスはどれくらい貰える?

レノバでは6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約130万円~270万円です。

2010年以前ではボーナスは歩合制であったとの口コミも見られました。

現在は歩合制であるかどうか把握できませんでしたが、頑張りに応じた額が支給されると予想できます。

自身のスキルを磨きながら日々業務に取り組むことで、満足のいく額のボーナスを得られるかもしれません。

レノバの職種別の年収

レノバの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約480万円~875万円
  • 技術職:約500万円~850万円
  • 総合職:約700万円~1050万円

初任給は新卒でも330,000円以上となっています。

6月と12月の年2回、ボーナスと同じ月に昇給も行われるので、順調にベースアップできると見込めます。

レノバでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

レノバで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約925万円~1010万円
  • 課長クラス:約1060万円~1355万円
  • 部長クラス:約1275万円~1695万円

部長クラスになると、かなり高額な報酬が得られることが分かります。

新しいことをどんどん吸収し、新たな分野にも自ら挑戦していく姿勢を見せることで、出世の道も開けるかもしれません。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中