日本航空の年収【2021年最新版】

「世界の人気エアライン2020」国内No.1!面接は人物重視?競合会社と比較すると?


日本航空の平均年収

日本航空の平均年収は、2021年で827.5万円で前期に比べて下降傾向。空運業界内では1位、全体では316位、東京都内でも244位と高順位でした。「世界の人気エアライン2019」では世界第5位で、国内では3年連続第1位に選ばれています。近年では働き方改革として所定外労働時間の制限、テレワーク制度、ワーケーション制度等も取り入れているので、働き方をある程度選択できる環境です。従業員数12,750人と多くの社員がいるものの社内の雰囲気は良好。航空券の社員割引がある等プライベートも充実させられます。

日本航空の平均年収概要

平均年収: 827.5万円 下降傾向
平均年齢
39.9歳
平均勤続年数
15.0年
従業員数
12,750人

日本航空の平均年収推移

平均年収推移(日本航空と上場企業平均)

日本航空の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると39.2万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は809.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

日本航空の平均年収推移(2015年〜2019年)

日本航空の平均年収 年収
2019年 828万円
2018年 867万円
2017年 859万円
2016年 761万円
2015年 736万円

業界内やエリア内での日本航空のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
316位
3737社
全国の上場企業の平均年収より215.0万円高い

全国の平均年収より395.3万円高い
日本航空の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
827.5万 612.5万 432.2万

日本航空の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると215.0万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると395.3万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中316位と高い順位となります。

空運業界内での比較

業界内順位
1位
5社
空運業界の平均年収より126.6万円高い
日本航空の平均年収 空運業界の平均年収
827.5万 700.9万

日本航空が属する空運業界の上場企業の平均年収は700.9万円です。 そのため、日本航空の年収は業界平均と比べて126.6万円高く、業界内順位を見ると5社中1位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
240位
1979社
東京都の平均年収より180.3万円高い
日本航空の平均年収 東京都の平均年収
827.5万 647.2万

日本航空の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日本航空の年収はエリア平均と比べて180.3万円高く、エリア内順位を見ると1979社中240位と高い順位となります。

日本航空ではボーナスはどれくらい貰える?

日本航空では年2回、約4ヶ月~6ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約110万円~260万円でした。

年度末に期末賞与も支給されるので、その分貯金をすることも可能でしょう。

日本航空の職種別の年収

日本航空の年収を職種別に見てみましょう。

一般職:約500万円~850万円

技術職:約550万円~835万円

総合職:約700万円~1190万円

またパイロット職に就いた場合、平均年収は1635万円~2110万円と高額であることが分かりました。

総合職・パイロット職では年収1000万円以上と、満足のいく年収を得ることができるでしょう。

日本航空では出世するとどれくらいの年収が貰える?

日本航空で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約910万円~940万円

課長クラス:約1200万円~1240万円

部長クラス:約1365万円~1555万円

日本航空では基本的に年功序列で出世していくようです。

特に努力家な社員が出世しやすいようなので、入社後は業務と真摯に向き合うと良いでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中