イオンモールの年収【2022年最新版】

目指すはアジアNo.1商業ディベロッパー!気になる女性管理職数は?選考前に知っておくべき面接の特徴とは?


イオンモールの平均年収

イオンモールの平均年収は、2022年で666.0万円でした。不動産業界内では56位、全体では1151位、千葉県内では15位です。イオンモールは、現在国内に195モールを展開し、業績も右肩上がり。現在中国やアセアン地域を中心に事業を拡大しています。年功序列制ではなく、比較的実力主義のため頑張り次第で昇格することが可能。社員は皆前向きで生き生きしていて、全体的に士気が高いです。月平均残業時間は11.1時間、年間休日は125日となっています。ある程度自由に休暇も取得でき、メリハリをつけて働くことができます。従業員数1,792人、平均年齢40.8歳です。

イオンモールの平均年収概要

平均年収: 666.0万円 上昇傾向
平均年齢
40.8歳
平均勤続年数
6.5年
従業員数
1,792人

イオンモールの平均年収推移

平均年収推移(イオンモールと上場企業平均)

イオンモールの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると1.1万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は659.4万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

イオンモールの平均年収推移(2015年〜2019年)

イオンモールの平均年収 年収
2019年 666万円
2018年 665万円
2017年 662万円
2016年 654万円
2015年 651万円

業界内やエリア内でのイオンモールのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1151位
3737社
全国の上場企業の平均年収より53.5万円高い

全国の平均年収より233.8万円高い
イオンモールの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
666.0万 612.5万 432.2万

イオンモールの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると53.5万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると233.8万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1151位と高い順位となります。

不動産業界内での比較

業界内順位
56位
134社
不動産業界の平均年収より3.2万円高い
イオンモールの平均年収 不動産業界の平均年収
666.0万 662.8万

イオンモールが属する不動産業界の上場企業の平均年収は662.8万円です。 そのため、イオンモールの年収は業界平均と比べて3.2万円高く、業界内順位を見ると134社中56位と平均的な順位となります。

千葉県内での比較

エリア内順位
15位
49社
千葉県の平均年収より75.0万円高い
イオンモールの平均年収 千葉県の平均年収
666.0万 591.0万

イオンモールの所在地がある千葉県の上場企業の平均年収は591.0万円です。 そのため、イオンモールの年収はエリア平均と比べて75.0万円高く、エリア内順位を見ると49社中15位と高い順位となります。

イオンモールではボーナスはどれくらい貰える?

イオンモールでは5月・7月・12月の年3回、約5ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約105万円~205万円です。

2020年度実績では5月支給分は業績連動のものとなり、入社1年目の社員への支給はなかったとのことです。

資格等を取得すると更に支給額が増加するとの口コミも見られたので、入社後は仕事の合間を縫って自己研鑽にも努めましょう。

イオンモールの職種別の年収

イオンモールの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約280万円~685万円
  • 技術職:約350万円~670万円
  • 総合職:約520万円~955万円

また、2020年度実績では学歴別の初任給は以下の通りでした。

  • 大学院卒:238,000円
  • 大卒:232,000円

昇給は年に一度行われ、筆記試験・面接がそれぞれ実施されます。

職位が上がるごとに少しずつベースアップするので、昇級試験はしっかりと準備した上で臨む必要があります。

イオンモールでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

イオンモールで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約680万円~750万円
  • 課長クラス:約895万円~990万円
  • 部長クラス:約1090万円~1220万円

2019年度末には女性管理職数は155名(17.4%)を達成しており、女性社員もどんどん活躍できる環境になりつつあります。

各種制度を設けるだけでなく、業務の効率化を目指してデジタル技術を導入する等、従業員全員が働きやすい職場作りに尽力。

今後も、性別に関係なく自身の思い描いたキャリアを実現することのできる環境になっていくと見込めます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中