イオンの年収【2021年最新版】

創業262年!就活前に知っておきたい求められる人材とは?競合他社は?


イオンの平均年収

イオンの平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の824.7万円となりました。小売・流通・外食業界の中では9位の平均年収です。イオンは、大企業ということで法令順守意識が高い企業です。自己申告制で新規プロジェクトに参加できるなど、やりがいを持って働ける仕組みができています。休みはとりやすく、労働時間も定められているので、ワークライフバランスも整っています。残業もありますが、残業代が1分単位で出るので安心です。

イオンの平均年収概要

平均年収: 824.7万円 上昇傾向
平均年齢
47.2歳
平均勤続年数
18.2年
従業員数
382人

イオンの平均年収推移

平均年収推移(イオンと上場企業平均)

イオンの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると25.2万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は826.2万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

イオンの平均年収推移(2015年〜2019年)

イオンの平均年収 年収
2019年 825万円
2018年 799万円
2017年 812万円
2016年 822万円
2015年 872万円

業界内やエリア内でのイオンのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
321位
3737社
全国の上場企業の平均年収より212.2万円高い

全国の平均年収より392.5万円高い
イオンの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
824.7万 612.5万 432.2万

イオンの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると212.2万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると392.5万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中321位と高い順位となります。

小売・流通・外食業界内での比較

業界内順位
9位
351社
小売・流通・外食業界の平均年収より317.6万円高い
イオンの平均年収 小売・流通・外食業界の平均年収
824.7万 507.1万

イオンが属する小売・流通・外食業界の上場企業の平均年収は507.1万円です。 そのため、イオンの年収は業界平均と比べて317.6万円高く、業界内順位を見ると351社中9位と高い順位となります。

千葉県内での比較

エリア内順位
2位
49社
千葉県の平均年収より233.7万円高い
イオンの平均年収 千葉県の平均年収
824.7万 591.0万

イオンの所在地がある千葉県の上場企業の平均年収は591.0万円です。 そのため、イオンの年収はエリア平均と比べて233.7万円高く、エリア内順位を見ると49社中2位と高い順位となります。

イオンではボーナスはどれくらい貰える?

イオンでは、5月、7月、12月の年3回ボーナスが支給され、平均支給額は約100万円~270万円となっています。

ボーナス支給額はランクによって決定し、年に一度の昇格試験(筆記試験・面接)によりランクを上げることができます。

ランクは初級クラスのJ1~J3、マネージャークラスのM1~M3、店長・役員クラスのSランクに分けられているので、自身の位置づけも把握でき、やる気に繋がります。

イオンの職種別の年収

イオンの年収を職種別に見てみましょう。

一般職:約350万円~835万円

技術職:約500万円~820万円

総合職:約670万円~1170万円

イオンの平均年収は825万円なので、技術職では平均よりやや低い年収となっています。

イオンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

イオンで役職に就いた場合の年収を見ていくと以下の通りです。

係長クラス:約700万円~950万円

課長クラス:約920万円~1280万円

部長クラス:約1200万円~1600万円

現在女性管理職比率50%を達成するため、制度を充実させる等環境を整えています。

女性も出世を目指しやすく、キャリア形成がしやすい環境であると言えるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中