キッコーマンの年収【2021年最新版】

醤油を中心に日本の調味料を世界のスタンダードへと導くグローバル企業!就職内定に導くポイントも徹底的に解説します


キッコーマンの平均年収

キッコーマンの平均年収は、2021年は797.2万円で前期に比べて下降傾向です。食料品業界内では13位の平均年収でした。キッコーマンは調味料や加工食品を製造している企業です。堅実な経営体制をとっており、社員を大切にしています。休日出勤がほぼなく、有給もとりやすいため、ワークライフバランスも優れています。住宅補助やスーツ補助、昼食補助などの珍しい手当も含む手厚い福利厚生も魅力です。

キッコーマンの平均年収概要

平均年収: 797.2万円 下降傾向
平均年齢
43.2歳
平均勤続年数
14.2年
従業員数
456人

キッコーマンの平均年収推移

平均年収推移(キッコーマンと上場企業平均)

キッコーマンの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると11.3万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は804.0万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

キッコーマンの平均年収推移(2015年〜2019年)

キッコーマンの平均年収 年収
2019年 797万円
2018年 808万円
2017年 800万円
2016年 816万円
2015年 798万円

業界内やエリア内でのキッコーマンのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
411位
3737社
全国の上場企業の平均年収より184.7万円高い

全国の平均年収より365.0万円高い
キッコーマンの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
797.2万 612.5万 432.2万

キッコーマンの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると184.7万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると365.0万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中411位と高い順位となります。

食料品業界内での比較

業界内順位
13位
126社
食料品業界の平均年収より182.1万円高い
キッコーマンの平均年収 食料品業界の平均年収
797.2万 615.1万

キッコーマンが属する食料品業界の上場企業の平均年収は615.1万円です。 そのため、キッコーマンの年収は業界平均と比べて182.1万円高く、業界内順位を見ると126社中13位と高い順位となります。

千葉県内での比較

エリア内順位
3位
49社
千葉県の平均年収より206.2万円高い
キッコーマンの平均年収 千葉県の平均年収
797.2万 591.0万

キッコーマンの所在地がある千葉県の上場企業の平均年収は591.0万円です。 そのため、キッコーマンの年収はエリア平均と比べて206.2万円高く、エリア内順位を見ると49社中3位と高い順位となります。

キッコーマンではボーナスはどれくらい貰える?

キッコーマンでは、6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

ボーナスの総支給額は、おおよそ110万円〜250万円です。

口コミによると、50歳~54歳で最も多くのボーナスが支給される傾向にあります。

キッコーマンの職種別の年収

キッコーマンの職種別年収は、下記の通りです。

総合職:約700万円~1165万円

技術職:約380万円~820万円

一般職:約500万円~835万円

なお、学歴別の初任給(月額)については、下記の通りとなっています。

学部卒:月給217,000円

修士卒:月給232,892円

(2019年度初任給実績)

キッコーマンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

キッコーマンで出世して役職がついた場合の平均年収は下記の通りです。

係長:約860万円~925万円

課長:約1100万円~1215万円

部長:約1240万円~1550万円

キッコーマンでは、基本的には年功序列の給与制度をとっています。

管理職になると給与がかなり上がる傾向にあります。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中