東海理化の年収【2020年最新版】

平均年収が高い理由は?グローバル企業って本当?知っておくべき就職情報は?徹底解説!


東海理化の平均年収は、2020年で前期に比べて上昇傾向の640.9万円となりました。車・輸送用機器業界内では41位の平均年収です。東海理化はトヨタグループの自動車部品メーカーです。人材育成に力を入れているため、しっかりとした研修があります。働き方改革の波もあり、残業時間の削減や有休100%消化の動きが出てきたため、ワークライフバランスも調整しやすいです。トヨタグループということもあり、安定した仕事があることも魅力。平均勤続年数も18.0年と定着率が高くなっています。

東海理化の平均年収概要

平均年収: 640.9万円 上昇傾向
平均年齢
41.0歳
平均勤続年数
18.0年
従業員数
6,215人

東海理化の平均年収推移

平均年収推移(東海理化と上場企業平均)

東海理化の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると16.9万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は623.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

東海理化の平均年収推移(2015年〜2019年)

東海理化の平均年収 年収
2019年 641万円
2018年 624万円
2017年 618万円
2016年 621万円
2015年 611万円

業界内やエリア内での東海理化のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1378位
3737社
全国の上場企業の平均年収より28.4万円高い

全国の平均年収より208.7万円高い
東海理化の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
640.9万 612.5万 432.2万

東海理化の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると28.4万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると208.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1378位と高い順位となります。

車・輸送用機器業界内での比較

業界内順位
41位
94社
車・輸送用機器業界の平均年収より10.0万円高い
東海理化の平均年収 車・輸送用機器業界の平均年収
640.9万 630.9万

東海理化が属する車・輸送用機器業界の上場企業の平均年収は630.9万円です。 そのため、東海理化の年収は業界平均と比べて10.0万円高く、業界内順位を見ると94社中41位と平均的な順位となります。

愛知県内での比較

エリア内順位
62位
222社
愛知県の平均年収より60.3万円高い
東海理化の平均年収 愛知県の平均年収
640.9万 580.6万

東海理化の所在地がある愛知県の上場企業の平均年収は580.6万円です。 そのため、東海理化の年収はエリア平均と比べて60.3万円高く、エリア内順位を見ると222社中62位と高い順位となります。

東海理化の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(東海理化と上場企業平均)

東海理化 上場企業平均
2019年 6,215人 1,035人
2018年 6,207人 1,071人
2017年 6,193人 1,042人
2016年 6,061人 1,055人
2015年 6,051人 1,055人

東海理化の従業員数は2019年で6,215人と、1年前と比べて8人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に東海理化と同じ車・輸送用機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が4,374人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(東海理化と上場企業平均)

東海理化 上場企業平均
2019年 41.0歳 41歳
2018年 39.7歳 41歳
2017年 39.3歳 40歳
2016年 39.1歳 40歳
2015年 38.6歳 40歳

東海理化の平均年齢は2019年で41.0歳と、上場企業の平均と比べると同じくらいの水準となっています。

平均年齢を同じ車・輸送用機器業界内で比較してみました。業界平均が41歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(東海理化と上場企業平均)

東海理化 上場企業平均
2019年 18.0年 12年
2018年 17.3年 13年
2017年 16.9年 13年
2016年 16.8年 13年
2015年 16.2年 13年

東海理化の平均勤続年数は2019年で18.0年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ車・輸送用機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が16.2年のため、業界内で見ても長い水準となります。

東海理化の業績推移

東海理化が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 2696.1億円 199.2億円
2018年3月期 2515.1億円 201.6億円
2017年3月期 2395.5億円 172.8億円
2016年3月期 2441.9億円 155.1億円
2015年3月期 2530.9億円 205.5億円

まず、東海理化と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、東海理化が2696.1億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。東海理化の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、東海理化が7.2%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

東海理化 上場企業平均
2019年3月期 4338万円 1.1億
2018年3月期 4052万円 9064万
2017年3月期 3868万円 9022万
2016年3月期 4029万円 9416万
2015年3月期 4183万円 9870万

次に、東海理化と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、東海理化は4338万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

東海理化 上場企業平均
2019年3月期 320万円 788万
2018年3月期 325万円 731万
2017年3月期 279万円 741万
2016年3月期 256万円 672万
2015年3月期 340万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、東海理化は320万円、上場企業平均が788万円となっています。

東海理化ではボーナスはどれくらい貰える?

東海理化では、年に2回、7月と12月にボーナスが支給されます。

口コミによれば、ボーナスの総支給額は約120万円〜200万円。

50歳代で最も多くのボーナスを貰っている傾向にあります。

なお、評価は半年に1回の頻度で5段階評価。

昇給は年1回、4月に行われます。

東海理化の職種別の年収

職種別の平均年収を算出したところ、総合職:約650万円~930万円、一般職:約450万円〜640万円、技術職:約400万円〜630万円でした。

ちなみに、2019年4月の実績によると、学歴別の初任給(月給)は、大学院修士卒:229,000円、大学学部卒:207,000円。

その他、残業手当・家族手当・通勤手当などが支給されます。

東海理化では出世するとどれくらいの年収が貰える?

口コミによると、出世後の年収は係長:約550万円~750万円、課長:約800万円~950万円、部長:約1000万円〜1185万円でした。

部長まで出世すると、年収1000万円も夢ではありません。

東海理化の社長や役員の年収

有価証券報告書によると、役員の年収は取締役が約2605万円、監査役が約3050万円、社外役員が約250万円です。

代表取締役社長である三浦 憲二氏の年収は公表されていませんでした。

競合他社と東海理化の年収比較

東海理化の競合他社と言えば、同じく自動車部品メーカーのエフテック、武蔵精密工業、ショーワなどが挙げられます。

それぞれの有価証券報告書によると、平均年収は、エフテック:611万円、武蔵精密工業:630万円、ショーワ:686万円でした。

東海理化の年収は640万円なので、ショーワにはおよばないものの、エフテックや武蔵精密工業より年収が高いことが分かります。

・エフテック

・武蔵精密工業

・ショーワ

東海理化の平均年収が高い理由

東海理化の年収が高い理由として、まず業績が好調であることが挙げられるでしょう。

近年の売上は、2017年:2395億円、2018年:2515億円、2019年:2696億円。

このように売上が年々上昇していることからも分かる通り、近年の東海理化の業績は好調です。

そのため、昨年と比べて20万円近く平均年収が上がっていると考えられます。

また、社員の年齢層が高めであることも高年収の理由の一つです。

東海理化の社員の勤続年数は平均18年、平均年齢が41歳。

41歳ともなれば役職に就いている人も多いことが考えられます。

そのため、会社全体の平均年収が高いことが考えられます。

東海理化の事業内容

東海理化は大手の自動車部品メーカーです。

主な事業

主な事業は、スイッチ、キーロック、シートベルト、シフトレバーなどの自動車用部品の製造。

運転席から手が届く範囲の部品が多いとされています。

日本初のスマートキーシステムを開発したことからも分かる通り、セキュリティシステムも強みの一つです。

その他の事業

その他、社会貢献として、地域児童センターイベントへの協力、地域美化活動としてのゴミ拾い、海外の難民地域に救援衣料を送付しています。

東海理化の歴史

東海理化電の歴史、年表で簡単にご紹介します。

今や連結社員数19,452名もの大企業となった東海理化。

最初は35名の社員による、小さな一歩から始まりました。

  • 1948年 東海理化電機製作所を設立
  • 1961年 名古屋・東京証券取引所市場第二部に上場
  • 1962年 シートベルトの製造を開始
  • 1976年 トヨタ品質管理賞を受賞
  • 1978年 デミング賞実施賞を受賞/名古屋、東京両証券取引所市場第一部へ上場
  • 1977年 アメリカ・オランダに事務所を開設
  • 1982年 フォード社Q-1賞を受賞
  • 1983年 PM優秀事業場賞を受賞
  • 1986年 米国にTokai Rika U.S.A、カナダに合弁会社を設立
  • 1987年 台湾に合弁会社を設立
  • 1994年 タイに合弁会社を設立
  • 1995年 フィリピンに関連会社、インドに合弁会社を設立
  • 1999年 日本初のスマートキーシステムを開発
  • 2001年 ブラジルやチェコに関連会社を設立
  • 2003年 ベルギーに関連会社を設立
  • 2011年 インドネシアに関連会社を設立
  • 2015年 メキシコに関連会社を設立
  • 2018年 中国に関連会社を設立

このように今までの沿革を見てみると、最先端の技術が称えられ、数々の賞を獲得してきたことが分かります。

東海理化が属する東海理化グループとは?

国内では、愛知県や岐阜県を中心に子会社を有する東海理化グループ。

今やアメリカ、カナダ、ブラジル、インド、中国、台湾、そのほか東南アジアなどの世界16ヵ国45社ものグローバルネットワークを持っています。

東海理化の採用情報

東海理化では、新卒採用・中途採用が行われています。

勤務地は愛知県丹羽の本社、もしくは各事業所です。

新卒採用

大学卒業以上の方は、総務人事・経理・情報システム・営業・生産管理などの事務職に応募することができます。

事務職の採用は、例年15名〜20名程度です。

高専卒業以上の方は、開発・設計・生産技術・品質保証などの技術職に応募することができます。

技術職の採用は、例年60名〜70名程度です。

なお、高校卒業以上の方は、企業内職業訓練校の「東海理化学園」に一年間入園し、機械加工、電子・電気機器の技術を磨くというコースもあります。

学科だけでなく、実技訓練や技能訓練もあるため、職場で役立つ実践的な知識や技術を得ることができるでしょう。

中途採用

東海理化の中途採用では、事務職と技術職を募集しています。

募集要項に記載されている勤務地・年収例と、自分の転職希望条件を照らし合わせて探してみましょう。

なお、東海理化の中途採用向けの公式ウェブサイトでは、なかなか求人情報が反映されないようです。

転職を検討中の方は、転職エージェントのサイトから検索してみてください。

東海理化で求められる人材像

東海理化が最も重視している人材像は、どんなことにも挑戦する姿勢。

その背景として、東海理化の歴史があります。

東海理化は小さな自動車のスイッチ一つから始まりましたが、絶え間なくチャレンジしてきた結果、大企業へと成長できたのです。

これから迎え入れる人材にも、ますますチャレンジ精神が求められていると言えるでしょう。

また、東海理化はグローバル展開に積極的な企業。

グローバルな視野を持っていたり、海外志向が強い方も求められていると考えられます。

東海理化に就職、転職するためには?

東海理化に就職するには、まずインターンシップや説明会に挑戦しましょう。

例年、一日完結型の業界研究・仕事体験会が開かれています。

様々なワークショップが用意されており、フィードバックももらえるため、自分が東海理化電機製作所に向いているかどうか判断できるでしょう。

なお、1コースにつき募集人数2名程度の狭き門ではありますが、1週間〜2週間の就業体験型のインターンシップもあります。

全20コース用意されているため、自分に合いそうなコースを探して応募してみましょう。

企業データ

会社名
株式会社東海理化
設立年月日
1948年8月30日
所在地
愛知県丹羽郡大口町豊田3−260
エリア
愛知 
業界・業種
代表者名
三浦 憲二
上場市場
東証1部、名証1部
上場年月日
1961年10月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年5月27日

SNSシェア用テキスト

表示準備中