ロームの年収【2021年最新版】(3ページ目)

出世したらどのくらい貰える?ボーナス・職種別の年収、会社の業績情報・採用情報も公開!


ロームの採用情報

ロームでは主に新卒採用・中途採用が行われています。

退職後5年以内の再入社制度もありますが、ここでは新卒採用・中途採用について主にご説明しましょう。

新卒採用

新卒採用としては、研究・商品開発、生産・情報システム開発などを行う技術職、 国内営業を行う営業職、 人事・経理・法務、広報・宣伝、生産管理などを行う管理職、受付、事務アシスタントなどを行う限定基幹職などが募集されています。

職種によりますが、勤務地は本社の京都以外にも、新横浜・東京・名古屋などの可能性もあります。

なお、例年の実績を見ると、修士了・技術職として101名~200名程度の新卒者が、大学卒・営業職として21名~35名程度の新卒者が採用されているようです。

中途採用

中途採用としては、半導体のエンジニアや開発・生産技術エンジニア、システムエンジニアなどの技術職を中心に募集されています。

時期にもよりますが、営業職なども募集されるでしょう。

技術職や生産拠点での勤務であれば、勤務地は新横浜、アメリカ、ドイツ、中国、インドなどの海外勤務の可能性もあります。

また、営業職ともなれば京都以外に、東京、新横浜、名古屋、松本、水戸、仙台、高崎、宇都宮などの国内勤務のほか、アメリカ、ヨーロッパ、中国、東南アジア、インドなどの勤務地も考えられます。

ロームで求められる人材像

採用情報については上記でご紹介した通りですが、それではロームでは一体どのような人材が求められているのでしょうか。

ポイントは、「情熱・スピード・科学的探究心」の3つのキーワードです。

事業内容でもご説明した通り、ロームはこれまでにも世界に先駆けた製品も生み出しています。

モノづくりに対する「情熱」がなければ、こレまでのような大業は成し遂げられないでしょう。

また、このような業界ではいかに早く良い製品を世に生み出すか、ということが重要です。

目標達成に向けたスピード感も求められています。

最後に、物事の本質を究め、顧客のニーズを超えた一歩先の技術革新を追求していくような科学的探究心のある人物が求められていると考えられます。

あなたは、このような人物像にマッチするでしょうか。

ぜひ自分の性格や特性と照らし合わせて考えてみましょう。

ロームに就職、転職するためには?

ロームは安定した勤め先として人気があると考えられますが、 就職・転職するためにはどのようにしたら良いでしょうか。

最先端技術が開発されているロームの現場で、実際にインターンを体験することができます。

12日間にもおよぶ夏期のインターンに参加すれば、実習や体験型ワークショップなどの充実した良い経験を得られるでしょう。

そういったインターンに参加することで社風や企業の精神を知ることができ、自分に合った会社かどうか分かります。

また、中途採用の方は時期によって募集される職種や募集される勤務地が異なるため、こまめにロームの採用ウェブサイトをチェックしておきましょう。更に、自分の経験してきた職種や功績について、分かりやすく面接官にプレゼンテーションできるよう、練習することも効果的だと考えられます。

ロームの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(ロームと上場企業平均)

ローム 上場企業平均
2019年 3,166人 1,035人
2018年 3,143人 1,071人
2017年 3,135人 1,042人
2016年 3,202人 1,055人
2015年 3,134人 1,055人

ロームの従業員数は2019年で3,166人と、1年前と比べて23人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にロームと同じ電気機器業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が2,082人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(ロームと上場企業平均)

ローム 上場企業平均
2019年 39.9歳 41歳
2018年 39.5歳 41歳
2017年 39.0歳 40歳
2016年 38.6歳 40歳
2015年 39.3歳 40歳

ロームの平均年齢は2019年で39.9歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じ電気機器業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(ロームと上場企業平均)

ローム 上場企業平均
2019年 14.5年 12年
2018年 14.0年 13年
2017年 13.5年 13年
2016年 12.9年 13年
2015年 13.9年 13年

ロームの平均勤続年数は2019年で14.5年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ電気機器業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が15.6年のため、業界内で見ても短い水準となります。

ロームの業績推移

ロームが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 3423.6億円 440.3億円
2018年3月期 3487.4億円 429.4億円
2017年3月期 3032.8億円 210.6億円
2016年3月期 3070.5億円 120.9億円
2015年3月期 3135.0億円 597.1億円

まず、ロームと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、ロームが3423.6億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。ロームの売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、ロームが1.8%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

ローム 上場企業平均
2019年3月期 1.1億円 1.1億
2018年3月期 1.1億円 9064万
2017年3月期 9674万円 9022万
2016年3月期 9589万円 9416万
2015年3月期 1.0億円 9870万

次に、ロームと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、ロームは1.1億円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

ローム 上場企業平均
2019年3月期 1391万円 788万
2018年3月期 1366万円 731万
2017年3月期 672万円 741万
2016年3月期 378万円 672万
2015年3月期 1905万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、ロームは1391万円、上場企業平均が788万円となっています。 そのためロームは上場企業の中では効率的に運営できている会社と言えます。

企業データ

会社名
ローム株式会社
設立年月日
1958年9月17日
所在地
京都市右京区西院溝崎町21
エリア
京都 
公式サイト
業界・業種
代表者名
藤原 忠信
上場市場
東証1部
上場年月日
1983年11月1日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中