日本信号の年収【2021年最新版】

信号機以外にも手掛ける製品は多種多様!海外からの信頼も厚い大手信号機メーカー!面接で必ず訊かれる定番の質問とは?


日本信号の平均年収

日本信号の平均年収は、2021年で714.8万円、電気機器業界内では73位でした。日本信号は、信号機や踏切遮断器、自動車や列車の制御装置の製造販売を行う企業です。育児休職はもちろんのこと、介護休職やテレワークの制度を男女共に取得することが可能であるため、ライフワークバランスもとれ働きやすい環境です。平均勤続年数は17.3年となっており、定着率も高いです。社会インフラを支えているため、景気に左右されにくく安定しているという点も魅力的です。

日本信号の平均年収概要

平均年収: 714.8万円 下降傾向
平均年齢
42.5歳
平均勤続年数
17.3年
従業員数
1,255人

日本信号の平均年収推移

平均年収推移(日本信号と上場企業平均)

日本信号の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると12.3万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は731.1万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

日本信号の平均年収推移(2015年〜2019年)

日本信号の平均年収 年収
2019年 715万円
2018年 727万円
2017年 746万円
2016年 749万円
2015年 718万円

業界内やエリア内での日本信号のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
799位
3737社
全国の上場企業の平均年収より102.3万円高い

全国の平均年収より282.6万円高い
日本信号の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
714.8万 612.5万 432.2万

日本信号の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると102.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると282.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中799位と高い順位となります。

電気機器業界内での比較

業界内順位
73位
244社
電気機器業界の平均年収より50.1万円高い
日本信号の平均年収 電気機器業界の平均年収
714.8万 664.7万

日本信号が属する電気機器業界の上場企業の平均年収は664.7万円です。 そのため、日本信号の年収は業界平均と比べて50.1万円高く、業界内順位を見ると244社中73位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
543位
1979社
東京都の平均年収より67.6万円高い
日本信号の平均年収 東京都の平均年収
714.8万 647.2万

日本信号の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、日本信号の年収はエリア平均と比べて67.6万円高く、エリア内順位を見ると1979社中543位と高い順位となります。

日本信号ではボーナスはどれくらい貰える?

日本信号では6月・12月の年2回、約5ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約110万円~235万円で、多い年には約7ヶ月分も支給されるため、その分貯金をしっかりしている社員も多いようです。

日本信号の職種別の年収

日本信号の年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約400万円~750万円

技術職:約490万円~735万円

総合職:約650万円~1050万円

日本信号の平均年収は715万円なので、どの職種でも平均以上の年収も望めることが分かります。

総合職に関しては1000万円以上も可能となるため、満足感を感じられるでしょう。

日本信号では出世するとどれくらいの年収が貰える?

日本信号で役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約785万円~805万円

課長クラス:約1045万円~1065万円

部長クラス:約1175万円~1340万円

近年女性管理職も増加傾向にあり、性別に関係なく活躍できる環境であると言えます。

各種女性支援制度も充実しているので、長く勤めることができるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中