明電舎の年収【2021年最新版】

面接に必要な準備とは?気になる初任給・職種別の年収を公開!求められる人材とは?


明電舎の平均年収

明電舎の平均年収は、2021年で前期に比べて上昇傾向の770.8万円となりました。電気機器業界内では42位の平均年収です。明電舎は電力・エネルギーや水インフラなどのシステムを手掛ける企業です。穏やかな雰囲気があり、チームワークを重視します。産休や育休が取得しやすく、女性の休職後復帰率は100%です。男性が多い職場ですが、女性が働きやすい環境が整っています。平均勤続年数は18.2年と定着率も高いです。

明電舎の平均年収概要

平均年収: 770.8万円 上昇傾向
平均年齢
42.0歳
平均勤続年数
18.2年
従業員数
3,346人

明電舎の平均年収推移

平均年収推移(明電舎と上場企業平均)

明電舎の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると52.1万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は745.6万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

明電舎の平均年収推移(2015年〜2019年)

明電舎の平均年収 年収
2019年 771万円
2018年 719万円
2017年 741万円
2016年 753万円
2015年 745万円

業界内やエリア内での明電舎のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
504位
3737社
全国の上場企業の平均年収より158.3万円高い

全国の平均年収より338.6万円高い
明電舎の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
770.8万 612.5万 432.2万

明電舎の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると158.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると338.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中504位と高い順位となります。

電気機器業界内での比較

業界内順位
42位
244社
電気機器業界の平均年収より106.1万円高い
明電舎の平均年収 電気機器業界の平均年収
770.8万 664.7万

明電舎が属する電気機器業界の上場企業の平均年収は664.7万円です。 そのため、明電舎の年収は業界平均と比べて106.1万円高く、業界内順位を見ると244社中42位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
356位
1979社
東京都の平均年収より123.6万円高い
明電舎の平均年収 東京都の平均年収
770.8万 647.2万

明電舎の所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、明電舎の年収はエリア平均と比べて123.6万円高く、エリア内順位を見ると1979社中356位と高い順位となります。

明電舎ではボーナスはどれくらい貰える?

明電舎では6月と12月の年2回、ボーナスが支給されます。

平均支給額は約110万円〜270万円、男女間の差は最大で約40万円、ピークは50歳代で迎えます。

電気機器業界には更に高年収の企業も沢山存在しますが、明電舎のボーナス額も決して悪い額ではありません。

男女間の差も少なく、年功序列型が抜けきれないとしても、仕事をする上では良い環境が整っていると感じます。

明電舎の職種別の年収

職種別の年収を比較すると、一般職の平均年収は約350万円〜760万円、技術職は約400万円〜870万円、総合職は約700万円〜1070万円となっています。

仕事内容は主に自治体に関する上下水道の運転維持管理なので、業績・年収共に安定しやすい環境が整っています。

学歴別の初任給は2019年度の実績によると、修士卒236,500円、大卒212,500円、高専卒187,500円となっており、他の企業と比較すると平均よりもやや低めという印象を受けます。

明電舎では出世するとどれくらいの年収が貰える?

出世後の年収を比較すると、係長の平均年収は約790万円〜900万円、課長は約900万円〜1140万円、部長は約1220万円〜1425万円となっています。

まだ年功序列が抜けきれていないこともあり、45歳以上の従業員が多く、管理職の席も少ないとのこと。

今後は時代の流れにしっかりと乗り、昇級システムや管理職のあり方などについての見直しが必要となるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中