ツムラの年収【2019年最新版】

医療用漢方製剤のシェア約80%!125年以上の歴史を誇る老舗メーカー!面接での質問内容も解説!


ツムラの平均年収

ツムラの平均年収は、2021年で810.8万円でした。医薬品業界内では23位、全体では366位、東京都内では268位と高順位です。風邪薬や漢方で有名なツムラは、1893年に創業されて以来、125年以上人々の健康を守ってきました。業界シェアは何年にも渡り80%以上を維持し、グローバル展開にも挑戦。借り上げ社宅では家賃の75%を補助、メモリアル休暇や家族も利用できる保養所完備等、福利厚生も充実。従業員数2,493人、平均年齢43.7歳、平均勤続年数19.8年と定着率も良いです。

ツムラの平均年収概要

平均年収: 810.8万円 上昇傾向
平均年齢
43.7歳
平均勤続年数
19.8年
従業員数
2,493人

ツムラの平均年収推移

平均年収推移(ツムラと上場企業平均)

ツムラの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると6.5万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は820.7万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ツムラの平均年収推移(2015年〜2019年)

ツムラの平均年収 年収
2019年 811万円
2018年 804万円
2017年 824万円
2016年 826万円
2015年 838万円

業界内やエリア内でのツムラのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
366位
3737社
全国の上場企業の平均年収より198.3万円高い

全国の平均年収より378.6万円高い
ツムラの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
810.8万 612.5万 432.2万

ツムラの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると198.3万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると378.6万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中366位と高い順位となります。

医薬品業界内での比較

業界内順位
23位
67社
医薬品業界の平均年収より40.1万円高い
ツムラの平均年収 医薬品業界の平均年収
810.8万 770.7万

ツムラが属する医薬品業界の上場企業の平均年収は770.7万円です。 そのため、ツムラの年収は業界平均と比べて40.1万円高く、業界内順位を見ると67社中23位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
264位
1979社
東京都の平均年収より163.6万円高い
ツムラの平均年収 東京都の平均年収
810.8万 647.2万

ツムラの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、ツムラの年収はエリア平均と比べて163.6万円高く、エリア内順位を見ると1979社中264位と高い順位となります。

ツムラではボーナスはどれくらい貰える?

ツムラでは7月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約130万円~260万円となっており、入社1年目からボーナスが出るようです。

業績はもちろん個人の成績も大きく支給額に反映されるので、業務に真摯に取り組むことで満足のいく額を得られるでしょう。

ツムラの職種別の年収

ツムラの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約400万円~840万円
  • 技術職:約430万円~825万円
  • 総合職:約600万円~1175万円

また、学歴別の初任給は以下の通りです。

  • 大学院卒:251,000円
  • 大卒初:241,600円

住宅手当・家族手当・通勤手当・時間外勤務手当等、手当も充実しています。

時間外勤務手当は残業時間に応じて支給されるので、頑張った分が自身に還元されるでしょう。

ツムラでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ツムラで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約875万円~925万円
  • 課長クラス:約1155万円~1220万円
  • 部長クラス:約1345万円~1500万円

キャリアだけでなくプライベートも大切にできるような制度・環境も整っているとの声が多く見られました。

女性管理職も増加傾向にあるようなので、性別に関わらずキャリアアップできると言えるでしょう。

ツムラの社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書を確認すると、代表取締役社長の加藤照和氏の報酬は1億300万円であることが分かりました。

またその他の役員の報酬については、社内取締役4名に対して総額1億9800万円で1人あたり4950万円、社内監査役1名に対して2500万円がそれぞれ支払われていました。

今後中国での活動にもより注力していくため、役員報酬の伸びしろにまだまだ期待できるでしょう。

競合他社とツムラの年収比較

ツムラの競合会社として、武田薬品工業大正製薬ホールディングス等が挙げられます。

それぞれの年収を見てみると、ツムラは811万円、武田薬品工業は1094万円、大正製薬ホールディングスは924万円と、現時点では競合には及びませんでした。

しかし、漢方のニーズが年々高まっているため、今後競合の年収を超える可能性は充分あると言えるでしょう。

ツムラの平均年収が高い理由

ツムラの直近3年間の売り上げ及び経常利益の推移を見てみましょう。

売り上げは2017年で1133.2億円、2018年で1162.3億円、2019年で1190.7億円でした。

また経常利益は2017年で148.8億円、2018年で154.1億円、2019年で174.5億円となっています。

2017年から2019年にかけて売り上げは約57.5憶円、経常利益は約25.7憶円それぞれ上昇しました。

業績が好調であるため、社員の年収もそれに伴い高くなっていると考えられます。

ツムラの事業内容

主な事業

ツムラでは医薬品事業を中心に行っており、主に医療用漢方製剤・その他医療用医薬品・一般用医薬品を手掛けています。

売上高構成比の9割以上が医療用漢方製剤で、現在市場シェアは80%以上を誇ります。

2016年からは高齢者関連領域・女性関連領域・がん領域の三つに重点を置いて研究開発を行っており、現在は各領域の疾患に重点を置いて活動。

今後もあらゆる製品を輩出していくと期待できるでしょう。

その他の事業

ツムラではその他にもグループ企業にて漢方薬の原料となる薬用作物の栽培・生薬の製造・加工・販売等を行っています。

北海道等を中心に栽培しており、原料受入・チルド保管、乾燥、選別、品質試験・出荷等一貫したサービスを提供。

ツムラの事業を大きく支えていると言っても過言ではないでしょう。

ツムラの歴史

ここで、ツムラのこれまでの歴史について簡単に見てみましょう。

1893 津村重舎氏により津村順天堂が創業される

1924 津村研究所及び津村薬草園がそれぞれ創設される

1930 「バスクリン」を販売する

1936 株式会社へ組織改正する

1980 東京証券取引所第二部に上場する

1982 東京証券取引所第一部に上場する

1988 社名をツムラに変更する

1993 創業100周年を迎える

2018 創業125周年を迎える

ツムラが属するツムラグループとは?

ツムラグループは、ロジテムツムラ、夕張ツムラ等が所属するグループで、国内だけでなくアメリカや中国にもグループ企業を持ちます。

グループ企業では原料生薬の栽培・調達・加工・保管、製品の開発・製造販売・運送等を手掛けています。

ツムラの採用情報

ツムラでは新卒採用・キャリア採用が行われています。

それぞれの募集要項を見てみましょう。

新卒採用

新卒採用では、例年以下の職種で募集が行われています。

  • MR(医薬情報担当者)
  • 育薬研究系(臨床開発)
  • 生薬栽培研究・生薬調達
  • 品質管理(生産系)
  • 生産技術系(分析研究・製剤研究・技術開発)

MR職は文系・理系学部共通、その他の職種は理系学部のみの募集となっているので注意しましょう。

また採用ページでは各職種の業務について簡単な説明が記載されているので、事前に目を通しておきましょう。

選考は、エントリー→エントリーシートの提出→面接(適性検査・一次面接・最終面接)の順で行われます。

詳細についてはマイページを通じて知らされるので、きちんと確認しておきましょう。

キャリア採用

キャリア採用では、現在以下の三つの職種で募集が行われています。

  • エンジニアリング職
  • 情報技術職
  • 情報技術職(上海駐在)

エンジニアリング職では工場施設管理経験が、情報技術職では5年以上のシステム開発の実務経験等がそれぞれ求められます。

情報技術職(上海駐在)に関しては更にネイティブレベルの日本語力または日常会話程度の中国語力があれば尚良しとされているので、自身の能力を客観的に示せる資格等を取得しておくとアピールできるでしょう。

応募は、キャリア採用ページ募集要項最下部から応募することができます。

応募欄ではプロフィール情報の入力及び履歴書・職務経歴書・その他推薦書等のファイルのアップロードが必要となるので、予め作成しておきましょう。

ツムラで求められる人材像

ツムラが目指すべき人材像として、以下の五つが挙げられています。

  • 志・情熱:高い志と熱い思いで、仕事に取り組む
  • 使命感:自らに課せられた役割を認識し、果たすべき気概をもつ
  • プロフェッショナル:卓越した専門性・技術を究め、仕事で発揮する
  • 自立:自ら考え、主体的に行動する
  • 利他:思いやりの心で、相手に尽くす

経営理念として「自然と健康を科学する」を掲げており、公式ホームページには「一人ひとりがプロ意識をもって、追い求めるべきものが何かを自ら考え行動しなければならない」と記載されています。

これらのことからツムラでは、上記の五つを満たし、何事にも自ら挑戦し行動を起こせる人材を求めていると考えられるでしょう。

ツムラに就職、転職するためには?

ツムラの面接ではエントリーシートに沿った質問が中心にされるようです。

記入した内容について深く訊かれることもあるため、しっかり自己分析等を行い備えましょう。

過去の面接では以下のような質問がありました。

  • 生きる上で最も大切にしていることは何か
  • 漢方について知っていることを挙げよ
  • 漢方について印象に残っているエピソードは何か
  • 理不尽だと思う出来事にどのように対応したか
  • 人生の無駄とは何だと思うか
  • 10年後どのようになっていたいか

また選考は人物重視で行われるので、ある程度リラックスし自身の強みを伝えましょう。

ツムラの従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(ツムラと上場企業平均)

ツムラ 上場企業平均
2019年 2,493人 1,035人
2018年 2,434人 1,071人
2017年 2,377人 1,042人
2016年 2,350人 1,055人
2015年 2,358人 1,055人

ツムラの従業員数は2019年で2,493人と、1年前と比べて59人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にツムラと同じ医薬品業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が1,006人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(ツムラと上場企業平均)

ツムラ 上場企業平均
2019年 43.7歳 41歳
2018年 43.7歳 41歳
2017年 43.7歳 40歳
2016年 43.6歳 40歳
2015年 43.5歳 40歳

ツムラの平均年齢は2019年で43.7歳と、上場企業の平均と比べると年齢が高い水準となっています。

平均年齢を同じ医薬品業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても年齢が高い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(ツムラと上場企業平均)

ツムラ 上場企業平均
2019年 19.8年 12年
2018年 19.8年 13年
2017年 20.1年 13年
2016年 20.2年 13年
2015年 20.1年 13年

ツムラの平均勤続年数は2019年で19.8年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ医薬品業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が11.1年のため、業界内で見ても長い水準となります。

ツムラの業績推移

ツムラが、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 1190.7億円 174.5億円
2018年3月期 1162.3億円 154.1億円
2017年3月期 1133.2億円 148.8億円
2016年3月期 1111.0億円 178.8億円
2015年3月期 1086.6億円 198.1億円

まず、ツムラと上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、ツムラが1190.7億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。ツムラの売上は平均と比べて同程度となっており、売上の前期比成長率を見ると、ツムラが2.4%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

ツムラ 上場企業平均
2019年3月期 4776万円 1.1億
2018年3月期 4775万円 9064万
2017年3月期 4767万円 9022万
2016年3月期 4728万円 9416万
2015年3月期 4608万円 9870万

次に、ツムラと上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、ツムラは4776万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

ツムラ 上場企業平均
2019年3月期 700万円 788万
2018年3月期 633万円 731万
2017年3月期 626万円 741万
2016年3月期 761万円 672万
2015年3月期 840万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、ツムラは700万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
株式会社ツムラ
設立年月日
1936年4月25日
所在地
東京都港区赤坂2−17−11
エリア
東京  港区 
公式サイト
業界・業種
代表者名
加藤 照和
上場市場
東証1部
上場年月日
1978年8月16日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月21日

SNSシェア用テキスト

表示準備中