タキロンシーアイの年収【2021年最新版】

目指すは「ポリマー加工業界のリーディングカンパニー」!?社員を大切にするための取り組みとは?選考でアピールすべきポイントは?気になる点をまとめて分析!


タキロンシーアイの平均年収

タキロンシーアイの平均年収は、2021年は707.4万円で前期に比べて上昇傾向です。化学業界内63位の平均年収となっています。タキロンシーアイは、プラスチックテクノロジーを利用した事業展開を行っている企業です。タキロンとシーアイ化成が2017年に経営統合してできた企業であるため、新しい文化が作られつつあります。ゆったりとした社風を持っており、評価は年功序列です。残業は少なく、休みもとりやすいため、プライベートを充実させることができるでしょう。平均勤続年数は18.3年と、定着率も高い企業です。

タキロンシーアイの平均年収概要

平均年収: 707.4万円 上昇傾向
平均年齢
42.8歳
平均勤続年数
18.3年
従業員数
1,186人

タキロンシーアイの平均年収推移

平均年収推移(タキロンシーアイと上場企業平均)

タキロンシーアイの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると36.3万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は691.5万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

タキロンシーアイの平均年収推移(2015年〜2019年)

タキロンシーアイの平均年収 年収
2019年 707万円
2018年 671万円
2017年 698万円
2016年 684万円
2015年 697万円

業界内やエリア内でのタキロンシーアイのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
843位
3737社
全国の上場企業の平均年収より94.9万円高い

全国の平均年収より275.2万円高い
タキロンシーアイの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
707.4万 612.5万 432.2万

タキロンシーアイの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると94.9万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると275.2万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中843位と高い順位となります。

化学業界内での比較

業界内順位
63位
213社
化学業界の平均年収より51.9万円高い
タキロンシーアイの平均年収 化学業界の平均年収
707.4万 655.5万

タキロンシーアイが属する化学業界の上場企業の平均年収は655.5万円です。 そのため、タキロンシーアイの年収は業界平均と比べて51.9万円高く、業界内順位を見ると213社中63位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
101位
426社
大阪府の平均年収より81.6万円高い
タキロンシーアイの平均年収 大阪府の平均年収
707.4万 625.8万

タキロンシーアイの所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、タキロンシーアイの年収はエリア平均と比べて81.6万円高く、エリア内順位を見ると426社中101位と高い順位となります。

タキロンシーアイではボーナスはどれくらい貰える?

タキロンシーアイでは6月と12月の年2回、約4ヶ月~5ヶ月分のボーナスが支給されます。

平均支給額は約110万円~250万円です。

社員の方によると、年功序列であるためボーナスも勤続年数に伴い上昇していくとのこと。

とは言え個人の成果等もきちんと評価してもらえるので、日々の業務にきちんと取り組んでいれば満足のできる額のボーナスを得ることができると言えます。

タキロンシーアイの職種別の年収

タキロンシーアイの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約400万円~715万円
  • 技術職:約380万円~700万円
  • 総合職:約585万円~995万円

また、学歴別の初任給は以下の通りです。

  • 大学卒:215,000円
  • 修士卒:225,000円

2019年度には「充実人生経営宣言」として、社員がより豊かな人生を送ることができるよう「働き方」「働き甲斐」「健康増進」の視点から各種制度を制定。

ノー残業デーや通信教育講座、ジム設備の設置、健康セミナーの開催等、福利厚生・制度共に充実しているため、社員を大切にしている企業であると言えます。

タキロンシーアイでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

タキロンシーアイで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約755万円~785万円
  • 課長クラス:約1015万円~1035万円
  • 部長クラス:約1100万円~1315万円

社員の方の口コミを確認すると、現時点では管理職への道は狭き門であるとのことです。

しかし管理職登用試験も定期的に受けることができるようなので、管理職を目指す方はきちんと対策してチャレンジするようにしましょう。

また厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースを確認すると、現時点での女性管理職比率は0.5%で1名の方が管理職として活躍していることが分かりました。

2017年度には女性社員がより働きやすく、また高いキャリアを目指すことのできる環境を整えるため、女性社員の視点から労働環境の課題点を洗い出す「明日の職場を考える研究会」を4ヶ月にわたって開催しました。

社員に寄り添いながら活動を行っているため、今後ますます女性社員も働きやすい環境になると期待できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年7月9日

SNSシェア用テキスト

表示準備中