ユニチカの年収【2021年最新版】

創業130年の歴史を誇る老舗繊維メーカー!気になるボーナス額は?求められる人材像も徹底的に分析!


ユニチカの平均年収

ユニチカの平均年収は、2021年で569.4万円。繊維製品業界内では21位、全体では2155位でした。ユニチカは、120年以上の歴史を持つ日本の繊維メーカーです。通勤手当や家族手当等充実しており、食事手当は東京で6,000円、大阪で5,500円支給されます。通信教育や英語・中国語が学べる社内語学教室等自己啓発支援制度も揃っています。社内は穏やかで人間関係も良好。定年まで勤めあげる女性社員も少なくなく、平均勤続年数も18.1年と高水準です。

ユニチカの平均年収概要

平均年収: 569.4万円 上昇傾向
平均年齢
41.0歳
平均勤続年数
18.1年
従業員数
1,174人

ユニチカの平均年収推移

平均年収推移(ユニチカと上場企業平均)

ユニチカの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると15.4万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は536.8万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

ユニチカの平均年収推移(2015年〜2019年)

ユニチカの平均年収 年収
2019年 569万円
2018年 554万円
2017年 536万円
2016年 517万円
2015年 507万円

業界内やエリア内でのユニチカのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
2155位
3737社
全国の上場企業の平均年収より43.1万円低い

全国の平均年収より137.2万円高い
ユニチカの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
569.4万 612.5万 432.2万

ユニチカの平均年収は、日本の上場企業の平均年収と比べると43.1万円低く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると137.2万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中2155位と平均的な順位となります。

繊維製品業界内での比較

業界内順位
21位
55社
繊維製品業界の平均年収より19.0万円高い
ユニチカの平均年収 繊維製品業界の平均年収
569.4万 550.4万

ユニチカが属する繊維製品業界の上場企業の平均年収は550.4万円です。 そのため、ユニチカの年収は業界平均と比べて19.0万円高く、業界内順位を見ると55社中21位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
249位
426社
大阪府の平均年収より56.4万円低い
ユニチカの平均年収 大阪府の平均年収
569.4万 625.8万

ユニチカの所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、ユニチカの年収はエリア平均と比べて56.4万円低く、エリア内順位を見ると426社中249位と平均的な順位となります。

ユニチカではボーナスはどれくらい貰える?

ユニチカでは6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約85万円~175万円となっており、職級や上司の評価により支給額がやや変動するようです。

業務に積極的に取り組むことで自身の頑張りが評価され、支給額も増加するでしょう。

ユニチカの職種別の年収

ユニチカの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約300万円~580万円
  • 技術職:約280万円~550万円
  • 総合職:約450万円~720万円

初任給は2019年度実績では以下の通りです。

  • 修士了:231,300円
  • 学士卒:208,300円

昇給額は年齢及び勤続年数により決められるようです。

長く勤めることで給与も上昇していくでしょう。

ユニチカでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ユニチカで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約570万円~575万円
  • 課長クラス:約730万円~620万円
  • 部長クラス:約820万円~1040万円

近年では女性管理職の増加を目指して各種研修や意見交換会、意識啓発等様々な取り組みに尽力。

今後女性管理職は増加の一途を辿ると考えられます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年1月25日

SNSシェア用テキスト

表示準備中