東洋紡の年収【2020年最新版】

離職率わずか2%!?フィルムから医療機器まで手掛ける大手紡績企業!気になるボーナス平均額や役員報酬もご紹介!


東洋紡の平均年収は、2020年で前期に比べて上昇傾向の637.6万円でした。繊維製品業界内では10位の平均年収です。東洋紡は繊維を中心とした製品開発を行っている企業です。歴史のある企業で、堅実で穏やかな社風を持っています。若手の内から大きな仕事を任せられるので、成長しやすい環境です。残業が少なく、仕事とプライベートのバランスが調整しやすいのも特徴。平均勤続年数17.3年と定着率も高めです。

東洋紡の平均年収概要

平均年収: 637.6万円 上昇傾向
平均年齢
41.0歳
平均勤続年数
17.3年
従業員数
3,108人

東洋紡の平均年収推移

平均年収推移(東洋紡と上場企業平均)

東洋紡の平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると4.9万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は627.5万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

東洋紡の平均年収推移(2015年〜2019年)

東洋紡の平均年収 年収
2019年 638万円
2018年 633万円
2017年 634万円
2016年 626万円
2015年 608万円
東洋紡の年収例をチェック

業界内やエリア内での東洋紡のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1412位
3737社
全国の上場企業の平均年収より25.1万円高い

全国の平均年収より205.4万円高い
東洋紡の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
637.6万 612.5万 432.2万

東洋紡の平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると25.1万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると205.4万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1412位と高い順位となります。

繊維製品業界内での比較

業界内順位
10位
55社
繊維製品業界の平均年収より87.2万円高い
東洋紡の平均年収 繊維製品業界の平均年収
637.6万 550.4万

東洋紡が属する繊維製品業界の上場企業の平均年収は550.4万円です。 そのため、東洋紡の年収は業界平均と比べて87.2万円高く、業界内順位を見ると55社中10位と高い順位となります。

大阪府内での比較

エリア内順位
163位
426社
大阪府の平均年収より11.8万円高い
東洋紡の平均年収 大阪府の平均年収
637.6万 625.8万

東洋紡の所在地がある大阪府の上場企業の平均年収は625.8万円です。 そのため、東洋紡の年収はエリア平均と比べて11.8万円高く、エリア内順位を見ると426社中163位と高い順位となります。

東洋紡ではボーナスはどれくらい貰える?

東洋紡では6月と12月の年2回、約2.3ヶ月~4ヶ月分のボーナスが支給され、平均支給額は約100万円~200万円です。

業績に伴ってボーナス額が決まるので、頑張った分自身にしっかり還元されます。

東洋紡の職種別の年収

東洋紡の年収を職種別に見ていくと、以下の通りです。

一般職:約400万円~650万円

技術職:約450万円~637万円

総合職:約600万円~910万円

また、2019年度の4月実績では学歴別の給与は次の通りでした。

博士了:254,300円

修士了:236,900円

学部卒:213,200円

住宅手当や通勤手当はもちろん、本支社勤務手当、研究所勤務手当等も支給されます。

結婚した場合の手当ても支給されるので、ライフステージの変化にも対応できます。

東洋紡では出世するとどれくらいの年収が貰える?

東洋紡で出世した場合の年収は以下の通りとなっています。

係長クラス:約680万円~715万円

課長クラス:約890万円~1000万円

部長クラス:約1040万円~1175万円

部署によって役職に就けるスピードは異なるものの、基本的には年功序列で出世できるようです。

現在女性管理職比率を増加させるため、育児支援制度や女性リーダー育成研修の充実化を図っています。

東洋紡の社長や役員の年収

残念ながら、2019年度の有価証券報告書では代表取締役会長の坂元龍三氏の報酬は明らかではありませんでした。

その他の役員報酬に関しては、社内取締役9名に対して総額3億2200万円で1人あたり3577万円、社内監査役3名に対して総額5100万円で1人あたり1700万円が支払われていました。

このことから、坂元龍三氏の報酬は3577万円以上1億円未満であると推察できます。

時代のニーズに応えつつも環境に配慮した製品を数々開発していることから、今後も需要が高まり役員の報酬も上昇するでしょう。

競合他社と東洋紡の年収比較

東洋紡の競合他社としては、クラレユニチカが挙げられます。

それぞれの年収を比較してみると、東洋紡が638万円であるのに対して、クラレは699万円、ユニチカは569万円でした。

クラレにはやや及びませんでしたが、ユニチカよりも約69万円高いことが分かりました。

東洋紡は、治療用医療機器や環境対応製品等のオンリーワン商品を数々保有し事業も順調なため、更に年収は上がっていくでしょう。

東洋紡の平均年収が高い理由

東洋紡の売り上げを見てみると、2017年では1963.8億円、2018年では2028.8億円、2019年では1993.2億円でした。

2019年はやや下降傾向にありますが、その原因として原料価格変動や物流コストの増加、市況の悪化等が挙げられています。

しかしながら、各製品の販売拡大も積極的に行っていることもあり、事業は順調。

そのため、社員の年収も安定しており水準も高くなっています。

東洋紡の事業内容

主な事業

東洋紡は、主にフィルム・機能樹脂事業、産業マテリアル事業、ヘルスケア事業に携わっています。

フィルム・機能樹脂事業

フィルム・機能樹脂事業では、食品包装等の包装用フィルム、液晶ディスプレイやタッチパネル等に使用する工業用フィルム、工業用接着剤、エンジニアリングプラスチック等の製造販売を行います。

フィルムではペットボトルを80%以上利用した合成紙「リシャイン」や、CO2を約34%削減した合成紙「カミシャイン」等の環境対応製品を取り扱っており、環境にも配慮しています。

産業マテリアル事業

産業マテリアル事業では、車の座席やフロア・カーペット等の自動車用繊維資材、スーパー繊維、機能フィルター、不織布等を扱います。

スーパー繊維の超強力ポリエチレン繊維「IZANAS」は、その強力性を活かし25万トン~30万トンもの大型船を港に繋いでおくための船舶係留ロープとして活躍。

軽量・高強力・低伸度・耐摩耗等の特徴を持っているため、釣り糸や防護手袋、耐震補強材料等様々な分野で活用されています。

ヘルスケア事業

ヘルスケア事業では、診断薬用酵素等のバイオ製品、医薬品、医療機器、機能フィルター等の製造販売を行います。

近年では高い技術力を活かして人工腎臓用中空糸膜等の研究開発、製造を行い、世界中で高く評価されています。

その他の事業

その他にも、東洋紡は繊維・商事事業も行っており、主に機能衣料やアパレル製品、衣料ファイバー等を扱っています。

手掛ける商品はインナーやユニフォームの他に、軽量素材のものや防寒に適したもの等様々です。

2019年度にはスポーツ衣料製品の販売数量が伸び、事業は好調です。

東洋紡の歴史

東洋紡は、設立されてから約135年以上我々の暮らしを豊かにしてきました。

ここで、これまでの東洋紡の歴史を見てみましょう。

1879 初代社長である山辺丈夫氏が紡績事業計画を策定

1882 大阪紡創立

1886 三重紡創立

1914 三重紡と大阪紡が合併し、東洋紡を設立する

1927 レーヨン事業に参入

1958 アクリル繊維事業に参入

1962 フィルム事業に参入

1963 ポリウレタン繊維の生産を始める

1964 ポリエステル繊維の生産を始める

1966 ナイロン繊維の生産を開始

1970 バイオ事業に参入

1976 スパンボンドの生産を開始

1978 機能膜事業に参入

1982 創立100周年を迎える

1991 スーパー繊維の生産を始める

1998 次世代スーパー繊維「ザイロン」の生産に着手する

2002 アルミニウム系ポリエステル重合触媒を世界で初めて開発する

2012 創立130周年を迎える、社名を東洋紡に変更する

東洋紡が属するTOYOBOグループとは?

TOYOBOグループは、東洋紡を軸に国内外にグループ企業を持ち、海外では中国や韓国、アメリカ、スペイン等にも子会社があります。

2021年にはTOYOBOグループの繊維総合展「IC&I:市」が開催される予定です。

展示会ではビジネス向け素材や学販向け素材、オーガニック原料活用素材等を見ることができます。

東洋紡の採用情報

東洋紡では、現在新卒採用を行っています。

募集職種や選考についての情報を見ていきましょう。

新卒採用

新卒採用では、技術系、事務系のそれぞれで以下の職種の募集が行われています。

技術系:素材・プロセス(研究・開発)、バイオ(研究)、医薬(生産技術)、設備(プラントエンジニア)等

事務系:営業、スタッフ(システム企画・開発部門)、調達・物流、財務・経理、人事等

選考フローはエントリー→説明会・懇談会→WEBエントリーシート・応募書類の提出→適性検査→面談(複数回)となります。

説明会・懇談会として、各学校での説明会や技術系・事務系別の会社説明会、事務系職種が対象の社員座談会が行われる予定です。

参加は任意となり選考には影響しませんが、実際に社員の方のお話を伺うことで入社後のイメージをより具体的に持つことができます。

予定が合う方は参加し、質問等も積極的にするようにしましょう。

また、複数部門の併願は不可となりますが、技術系職種に限り「技術系職種推薦応募」も併せて行われます。

「技術系職種推薦応募」で応募する場合は、エントリーシートの設問で「推薦」を選択することで応募が可能です。

事業所見学・面談会の際には大学や学科推薦、教授推薦等の推薦状が必要となるので、忘れず持参しましょう。

キャリア採用

現在、公式ホームページではキャリア採用の募集は行われていませんが、転職サイト等では生産設備の設計や保守・修理等の技術系職種の募集があります。

生産設備設計の場合はCAD(AUTOCAD)使用の設計実務経験、保守・修理の場合は工場や機械整備等の実務経験が必要となります。

今後他の職種が募集された場合も、その職種の実務経験が要求されると予想できます。

東洋紡への転職を視野に入れている方は、現職にて経験を積み、専門知識やスキルを磨きましょう。

また、その職種に通ずる資格も取得しておくとより良いでしょう。

東洋紡で求められる人材像

東洋紡が求める人材像として、公式ホームページには「一歩先の未来を考えて行動できる人」と記載されています。

また、「挑戦」「信頼」「協働」というキーワードを大切にしており、「新しいことに勇気をもって挑戦し、働く仲間やお客様からの信頼を得て、多様な意見、多様な仲間と協働して社会に貢献していくこと」を目標とします。

そのため、東洋紡ではチームワークを大切にし、東洋紡の将来のためひたむきに行動できる人材を求めていると考えられます。

東洋紡に就職、転職するためには?

東洋紡の面接は穏やかな雰囲気で進むという口コミが多く見られました。

過去の採用面接で実際に訊かれた質問内容も併せて見てみましょう。

  • 東洋紡の製品について何か話してください
  • どのようなポジションで活躍したいか
  • 研究内容について優れている点は何か
  • チームワークについて
  • 他社で内定が出た場合どうするのか

実際の面接でも、協調性や志望度を重視している印象を受けます。

学生時代に一生懸命に取り組んだことや、困難をどのように乗り越えてきたか、自身の研究を活かして東洋紡の未来にどのように貢献できるか等自信を持ってアピールするようにしましょう。

また、面接時は質問に対しての答えを予め暗記して上手く話すよりも、その時の自身の言葉で気持ちや意見を伝えられるかが見られます。

自己分析等の対策を万全にし、アピールしたいことをしっかりまとめておくことで、焦らず落ち着いて自身の言葉で話せるでしょう。

東洋紡の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(東洋紡と上場企業平均)

東洋紡 上場企業平均
2019年 3,108人 1,035人
2018年 3,080人 1,071人
2017年 3,021人 1,042人
2016年 3,017人 1,055人
2015年 3,035人 1,055人

東洋紡の従業員数は2019年で3,108人と、1年前と比べて28人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次に東洋紡と同じ繊維製品業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が586人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(東洋紡と上場企業平均)

東洋紡 上場企業平均
2019年 41.0歳 41歳
2018年 40.8歳 41歳
2017年 40.7歳 40歳
2016年 40.5歳 40歳
2015年 40.2歳 40歳

東洋紡の平均年齢は2019年で41.0歳と、上場企業の平均と比べると同じくらいの水準となっています。

平均年齢を同じ繊維製品業界内で比較してみました。業界平均が43歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(東洋紡と上場企業平均)

東洋紡 上場企業平均
2019年 17.3年 12年
2018年 17.4年 13年
2017年 17.4年 13年
2016年 17.3年 13年
2015年 17.0年 13年

東洋紡の平均勤続年数は2019年で17.3年と、上場企業の平均と比べると長い水準となっています。

平均勤続年数も同じ繊維製品業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が16.4年のため、業界内で見ても長い水準となります。

東洋紡の業績推移

東洋紡が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年3月期 1993.2億円 118.9億円
2018年3月期 2028.8億円 130.9億円
2017年3月期 1963.8億円 131.0億円
2016年3月期 2087.2億円 112.3億円
2015年3月期 2212.4億円 103.7億円

まず、東洋紡と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年3月期の売上は、東洋紡が1993.2億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。東洋紡の売上は平均と比べて高い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、東洋紡が1.8%の減少、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

東洋紡 上場企業平均
2019年3月期 6413万円 1.1億
2018年3月期 6587万円 9064万
2017年3月期 6501万円 9022万
2016年3月期 6918万円 9416万
2015年3月期 7290万円 9870万

次に、東洋紡と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年3月期で見ると、東洋紡は6413万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

東洋紡 上場企業平均
2019年3月期 382万円 788万
2018年3月期 425万円 731万
2017年3月期 434万円 741万
2016年3月期 372万円 672万
2015年3月期 342万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年3月期では、東洋紡は382万円、上場企業平均が788万円となっています。

企業データ

会社名
東洋紡株式会社
設立年月日
1914年6月26日
所在地
大阪市北区堂島浜2−2−8
エリア
大阪 
公式サイト
業界・業種
代表者名
楢原 誠慈
上場市場
東証1部
上場年月日
1949年5月

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年6月25日

SNSシェア用テキスト

表示準備中