アルプス技研の年収【2020年最新版】

対応分野は家電からインフラまで!?面接は人物重視?採用までの流れもご紹介!


アルプス技研の平均年収は、2020年は502.7万円で前期に比べて下降傾向でした。サービス業界内では271位の平均年収でした。アルプス技研は技術者の派遣事業を行っている企業です。様々な技術者と関わりを持つことができ、若手でも裁量が大きいため、働きがいがあります。多くの大手企業との繋がりがあるため、将来的にも安定しているでしょう。時短勤務制度や育休などもあるため、女性でも働きやすい環境です。

アルプス技研の平均年収概要

平均年収: 502.7万円 下降傾向
平均年齢
35.1歳
平均勤続年数
8.1年
従業員数
3,984人

アルプス技研の平均年収推移

平均年収推移(アルプス技研と上場企業平均)

アルプス技研の平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると10.8万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は507.3万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

アルプス技研の平均年収推移(2015年〜2019年)

アルプス技研の平均年収 年収
2019年 503万円
2018年 513万円
2017年 507万円
2016年 512万円
2015年 502万円

業界内やエリア内でのアルプス技研のランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
2881位
3737社
全国の上場企業の平均年収より109.8万円低い

全国の平均年収より70.5万円高い
アルプス技研の平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
502.7万 612.5万 432.2万

アルプス技研の平均年収は、日本の上場企業の平均年収と比べると109.8万円低く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると70.5万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中2881位と低い順位となります。

サービス業界内での比較

業界内順位
271位
469社
サービス業界の平均年収より56.1万円低い
アルプス技研の平均年収 サービス業界の平均年収
502.7万 558.8万

アルプス技研が属するサービス業界の上場企業の平均年収は558.8万円です。 そのため、アルプス技研の年収は業界平均と比べて56.1万円低く、業界内順位を見ると469社中271位と平均的な順位となります。

神奈川県内での比較

エリア内順位
137位
173社
神奈川県の平均年収より106.5万円低い
アルプス技研の平均年収 神奈川県の平均年収
502.7万 609.2万

アルプス技研の所在地がある神奈川県の上場企業の平均年収は609.2万円です。 そのため、アルプス技研の年収はエリア平均と比べて106.5万円低く、エリア内順位を見ると173社中137位と低い順位となります。

アルプス技研の従業員数・平均年齢・勤続年数の推移

従業員数の推移

従業員数推移(アルプス技研と上場企業平均)

アルプス技研 上場企業平均
2019年 3,984人 1,035人
2018年 3,679人 1,071人
2017年 3,368人 1,042人
2016年 3,080人 1,055人
2015年 2,762人 1,055人

アルプス技研の従業員数は2019年で3,984人と、1年前と比べて305人の増加となりました。

全上場企業の平均従業員数が1,035人なので、それと比べて多い水準となります。

次にアルプス技研と同じサービス業界内で従業員数を比較してみました。業界平均の従業員数が768人なので、それと比較しても多い規模の人数というのが分かります。

平均年齢の推移

平均年齢推移(アルプス技研と上場企業平均)

アルプス技研 上場企業平均
2019年 35.1歳 41歳
2018年 35.1歳 41歳
2017年 35.2歳 40歳
2016年 35.1歳 40歳
2015年 35.1歳 40歳

アルプス技研の平均年齢は2019年で35.1歳と、上場企業の平均と比べると若い水準となっています。

平均年齢を同じサービス業界内で比較してみました。業界平均が38歳のため、業界内で見ても若い水準となります。

平均勤続年数の推移

平均勤続年数推移(アルプス技研と上場企業平均)

アルプス技研 上場企業平均
2019年 8.1年 12年
2018年 8.1年 13年
2017年 8.1年 13年
2016年 8.1年 13年
2015年 8.4年 13年

アルプス技研の平均勤続年数は2019年で8.1年と、上場企業の平均と比べると短い水準となっています。

平均勤続年数も同じサービス業界内で比較してみます。業界の平均勤続年数が7.6年のため、業界内で見ても長い水準となります。

アルプス技研の業績推移

アルプス技研が、転職先・就職先として魅力的な会社かどうかを知るために、前期比の売上成長率や一人あたりの経常利益などを見ていきましょう。

※売上・従業員数は、各社の連結ではなく「単体」の数字を元に計算しています。

売上・経常利益と成長率

売上

売上成長率(前期比)

経常利益

売上 経常利益
2019年12月期 296.8億円 37.6億円
2018年12月期 274.8億円 33.6億円
2017年12月期 250.5億円 31.4億円
2016年12月期 226.0億円 26.7億円
2015年12月期 200.8億円 20.9億円

まず、アルプス技研と上場企業平均の「売上」と「成長率」を見ていきます。

2019年12月期の売上は、アルプス技研が296.8億円、上場企業平均が1120.3億円となっています。アルプス技研の売上は平均と比べて低い水準となっており、売上の前期比成長率を見ると、アルプス技研が8.0%の増加、上場企業平均が15.4%の増加となっているため、上場企業の中では成長率は平均以下な会社と言えます。

従業員一人あたり売上の推移

アルプス技研 上場企業平均
2019年12月期 745万円 1.1億
2018年12月期 747万円 9064万
2017年12月期 744万円 9022万
2016年12月期 734万円 9416万
2015年12月期 727万円 9870万

次に、アルプス技研と上場企業平均の「従業員一人あたり売上」を見ていきます。

2019年12月期で見ると、アルプス技研は745万円、上場企業平均が1.1億円となっています。

従業員一人あたり経常利益の推移

アルプス技研 上場企業平均
2019年12月期 94万円 788万
2018年12月期 91万円 731万
2017年12月期 93万円 741万
2016年12月期 87万円 672万
2015年12月期 76万円 689万

「従業員一人あたり経常利益」についても見てみましょう。2019年12月期では、アルプス技研は94万円、上場企業平均が788万円となっています。

アルプス技研ではボーナスはどれくらい貰える?

アルプス技研では、6月及び12月の年2回で計約4ヶ月分の賞与が支給されます。

平均支給額は約60万円~157万円で、50歳代が最も賞与額が高いです。

社内イベントや勉強会に参加するとポイントが付与され、賞与として還元されるシステムが用意されています。

花見やボーリング大会、国際交流など種類も様々なので、積極的に参加すると良いでしょう。

アルプス技研の職種別の年収

アルプス技研の年収を職種別に見ていくと、一般職では330万円~522万円、技術職では380万円~512万円、総合職では500万円~731万円となっています。

アルプス技研の平均年収は503万円なので、総合職に就いた場合平均以上の年収を得られます。

また、学歴別の給与は以下の通りです。

大学院卒:233,000円

大卒:213,000円

専門4年卒:203,000円

高等専門学校卒:197,000円

専門・短大卒:191,000円

高等専門学校卒、専門・短大卒の給与はほぼ同じ額となっています。

アルプス技研では出世するとどれくらいの年収が貰える?

アルプス技研での役職別年収を見てみると、以下の通りでした。

係長クラス:540万円~670万円

課長クラス:710万円~880万円

部長クラス:835万円~1105万円

アルプス技研の平均年収が503万円であることを考えると、特別に高い印象は受けません。

部長クラスになると1000万円前後の年収を得ることも望めます。

アルプス技研の社長や役員の年収

2019年度の有価証券報告書によると、報酬総額が1億円を超える役員はいないとのことでした。

また、社内取締役4名に対する支給額は1億1100万円で1人あたり2775万円、社内監査役1名に対して600万円支給されていました。

このことから、代表取締役社長の今村篤氏、常務取締役の渡邉信之氏の年収は2775万円以上1億円未満であると推察できます。

競合他社とアルプス技研の年収比較

アルプス技研の競合他社としてはメイテックテクノプロ・ホールディングスが挙げられるでしょう。

3社の平均年収を見てみると、アルプス技研は503万円、メイテックは600万円、テクノプロ・ホールディングスは614万円でした。

競合他社と比較すると約100万円前後の差があり、やや低い水準です。

しかし、売り上げも年々上がってきていることから、今後アルプス技研の平均年収が高くなっていくことも期待できます。

アルプス技研の平均年収が高い理由

アルプス技研の売り上げを見ていくと、2017年では250.5億円、2018年では274.8億円、2019年では296.8億円と年々上昇。

その秘密は、自動車や航空機、インフラ、ゲーム機等幅広い分野に対応できる技術力の高さと言えます。

近年の産業の発展に合わせ日々技術力を高めていることが、高い年収に繋がっていると言えるでしょう。

アルプス技研の事業内容

主な事業

アルプス技研は、主にアウトソーシング事業を手掛けます。

アウトソーシング事業では、約700社の大手企業を中心にエンジニアを派遣しています。

エンジニアはITや化学、電子・電機等幅広い分野の知識・技術を持ち、ニーズに合わせてチーム派遣やスポット派遣等にも対応可能です。

基礎研究をはじめ設計や解析、評価等をサポートし、 ものづくりを支えています。

その他の事業

その他には、技術プロジェクト受託事業やソフトウェア開発事業、自社工場での製品開発事業を行っています。

現在、長野県、栃木県、神奈川県、北海道に拠点を構えており、生産設備や半導体関連装置、アプリ等それぞれの分野ごとに分かれています。

これまでに機械設計や制御ソフト、モバイルアプリ、Windowsアプリ等様々な製品の開発をしてきた実績があり、日本の産業を広く支えていると言えるでしょう。

アルプス技研の歴史

ここで、アルプス技研の歴史を垣間見てみましょう。

1968 松井設計事務所を開業

1971 有限会社アルプス技研を設立

1981 株式会社アルプス技研に組織変更

2000 東京証券取引所市場第2部に上場

2004 東京証券取引所市場第1部に上場

2011 神奈川県横浜市みなとみらいに本社を移転

2018 創業50周年を迎える

アルプス技研が属するアルプス技研グループとは?

アルプス技研グループは、アルプス技研を軸として国内3社、海外2社のグループ会社で構成されます。

それぞれ総合人材サービスや技術者派遣事業、グローバル事業を展開しており、農業・介護人材サービスも手掛けています。

アルプス技研の採用情報

アルプス技研では、現在新卒採用、第二新卒採用、キャリア採用を行っています。

新卒採用

新卒採用での募集職種、募集学部・学科はそれぞれ以下の通りです。

技術系:設計・開発エンジニア職(機械、電気・電子、ソフトウェア、化学)

募集学科:機械工学系、電気・電子工学系、情報工学系、材料系、物理系、化学系、数理情報系、理学系学科

総合職:営業職

企画業務職(人事、総務、経営企画、国際部門)

募集学科:全学部・全学科

選考方法はエントリー→説明会→選考会→グループワーク→一次面接→最終面接となっています。

海外留学経験のある学生や留学生の採用も積極的に行っているので、該当する方は積極的にアピールすると良いでしょう。

中途採用

キャリア採用及び第二新卒採用では、現在設計・開発エンジニア職(機械、電気・電子、ソフトウェア)の募集がされています。

応募資格は経験者、未経験者で異なり、それぞれ以下の通りとなっています。

経験者:設計・開発の実務経験を1年以上お持ちの方(学歴不問)

未経験者:理工系の学科履修者で既卒3年以内の方

給与は経験や年齢等を考慮し決められ、通勤手当及び時間外手当は100%支給されます。

選考方法はエントリー→書類選考→一次面接、適正テスト→最終面接となります。

公式ホームページキャリア採用・第二新卒採用ページのエントリー欄、または転職サイトから応募することが可能です。

アルプス技研で求められる人材像

アルプス技研は、リクナビにて求める人物像について以下のように記載しています。

「開発設計の仕事で自分のやりたいことを見つけ、自分の力でそれを実現しポジティブな生き方を志す人、生きがいを見出したいと思っている人財」

また、経営理念として「Heart to Heart」を掲げています。

人と人とが通じ合うことが何よりもの力となり、結果を生むという信念から来ています。

これらから、現状に甘んじることなく常に目標を見出せる向上心を持ち、周囲の人と協力して取り組める協調性のある人物を求めていると推察できます。

アルプス技研に就職、転職するためには?

アルプス技研の面接内容は比較的一般的な内容が多く、面接中の雰囲気も和やかであるとの声が多く見られました。

その他に問われた内容の例としては、以下が挙げられます。

  • エンジニアとしてどのように成長したいか
  • 6歳から現在までの間どのような経験をしたか
  • キャリアプランについて
  • どのような技術者またはエンジニアを目指すか
  • 全国の転勤、赴任は可能か

これらの質問内容から、人となりや内面を重視していることが分かります。

自身のことについて、落ち着いてしっかりと伝えるようにしましょう。

企業データ

会社名
株式会社アルプス技研
設立年月日
1981年3月3日
所在地
横浜市西区みなとみらい2−3−5
エリア
業界・業種
代表者名
今村 篤
上場市場
東証1部
上場年月日
1996年6月17日

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2020年5月22日

SNSシェア用テキスト

表示準備中