ローソンの年収【2022年最新版】

国内店舗数14,000店以上!?海外進出も目覚ましい大手コンビニエンスストアフランチャイザー!競合会社と比較すると?


ローソンの平均年収

ローソンの平均年収は、2022年で638.7万円で前期に比べて下降傾向にあります。小売・流通・外食業界内では41位、全体では1405位となっています。近年では、食品ロスやプラスチックの削減等環境活動に取り組み、環境配慮店舗を拡大中。福利厚生ではベビーシッター利用補助制度や、男性の育児休暇を促進する「イクメン休暇」という制度も設け、2018年には取得率90%を突破しました。従業員数4,551人、平均年齢40.2歳、平均勤続年数は12.8年となっています。

ローソンの平均年収概要

平均年収: 638.7万円 下降傾向
平均年齢
40.2歳
平均勤続年数
12.8年
従業員数
4,551人

ローソンの平均年収推移

平均年収推移(ローソンと上場企業平均)

ローソンの平均年収推移は、下降傾向です。前期比で見ると19.9万円減少しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は652.9万円なので、上場企業と比べると高い水準になります。

ローソンの平均年収推移(2015年〜2019年)

ローソンの平均年収 年収
2019年 639万円
2018年 659万円
2017年 669万円
2016年 653万円
2015年 645万円
ローソンの年収例をチェック

業界内やエリア内でのローソンのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1405位
3737社
全国の上場企業の平均年収より26.2万円高い

全国の平均年収より206.5万円高い
ローソンの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
638.7万 612.5万 432.2万

ローソンの平均年収は、他の会社と比較すると高い傾向にあります。日本の上場企業の平均年収と比べると26.2万円高く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると206.5万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1405位と高い順位となります。

小売・流通・外食業界内での比較

業界内順位
41位
351社
小売・流通・外食業界の平均年収より131.6万円高い
ローソンの平均年収 小売・流通・外食業界の平均年収
638.7万 507.1万

ローソンが属する小売・流通・外食業界の上場企業の平均年収は507.1万円です。 そのため、ローソンの年収は業界平均と比べて131.6万円高く、業界内順位を見ると351社中41位と高い順位となります。

東京都内での比較

エリア内順位
896位
1979社
東京都の平均年収より8.5万円低い
ローソンの平均年収 東京都の平均年収
638.7万 647.2万

ローソンの所在地がある東京都の上場企業の平均年収は647.2万円です。 そのため、ローソンの年収はエリア平均と比べて8.5万円低く、エリア内順位を見ると1979社中896位と平均的な順位となります。

ローソンではボーナスはどれくらい貰える?

ローソンでは、5月と11月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約75万円~205万円です。

成果によって支給額が左右されるため、業務に一生懸命取り組むことで自身に還元されるでしょう。

ローソンの職種別の年収

ローソンの年収を職種別に見ていきましょう。

一般職:約350万円~675万円

技術職:約470万円~665万円

総合職:約570万円~945万円

ローソンの平均年収は639万円なので、どの職種に就いても平均以上の年収を得ることも望めるでしょう。

ローソンでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ローソンで出世した場合の年収は以下の通りです。

係長クラス:約645万円~745万円

課長クラス:約845万円~985万円

部長クラス:約1010万円~1210万円

2019年度時点で、全体のうちの女性比率は課長職で10.27%、部長職で9.30%と年々上昇。

女性社員の活躍の場を広げるため、各種制度を設け研修も定期的に実施しています。

女性もキャリアを築きやすい環境であると言えるでしょう。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2022年1月1日

SNSシェア用テキスト

表示準備中