ヤマトの年収【2021年最新版】

気になる現在の事業の取り組みは?どんな人材が求められる?就活前に知っておくべきポイントもまとめて解説!


ヤマトの平均年収

ヤマトの平均年収は、2021年で596.9万円でした。建設業界内では124位、全体では1837位です。ヤマトはこれまでに、日本大学や群馬県立歴史博物館等様々な施設の施工に携わってきました。教育専門の施設を設備しており、講義や技術研修を受講することが可能。様々なカリキュラムが組まれているので基礎から身につけることができます。資格取得も同時に目指せるので、スキルアップも狙えます。現在従業員は718名、平均勤続年数は15.8年と定着率も良好。社員の士気も高いので、モチベーションを保って仕事に臨める環境です。

ヤマトの平均年収概要

平均年収: 596.9万円 上昇傾向
平均年齢
42.8歳
平均勤続年数
15.8年
従業員数
718人

ヤマトの平均年収推移

平均年収推移(ヤマトと上場企業平均)

ヤマトの平均年収推移は、上昇傾向です。前期比で見ると10.1万円増加しています。

上述のように、過去5年間の平均年収は572.0万円なので、上場企業と比べると低い水準になります。

ヤマトの平均年収推移(2015年〜2019年)

ヤマトの平均年収 年収
2019年 597万円
2018年 587万円
2017年 579万円
2016年 557万円
2015年 541万円

業界内やエリア内でのヤマトのランキング順位

日本全国の企業との比較

全上場企業内順位
1837位
3737社
全国の上場企業の平均年収より15.6万円低い

全国の平均年収より164.7万円高い
ヤマトの平均年収 上場企業の平均年収 全国の平均年収
596.9万 612.5万 432.2万

ヤマトの平均年収は、日本の上場企業の平均年収と比べると15.6万円低く、上場企業以外も含めた全国平均の年収と比較すると164.7万円高くなっています。(全国平均の年収は、国税庁が実施している『民間給与実態統計調査』の最新版の調査結果を参照しています。)

上場企業全体の年収ランキングで見ると、3737社中1837位と平均的な順位となります。

建設業界内での比較

業界内順位
124位
167社
建設業界の平均年収より109.7万円低い
ヤマトの平均年収 建設業界の平均年収
596.9万 706.6万

ヤマトが属する建設業界の上場企業の平均年収は706.6万円です。 そのため、ヤマトの年収は業界平均と比べて109.7万円低く、業界内順位を見ると167社中124位と低い順位となります。

群馬県内での比較

エリア内順位
7位
22社
群馬県の平均年収より33.5万円高い
ヤマトの平均年収 群馬県の平均年収
596.9万 563.4万

ヤマトの所在地がある群馬県の上場企業の平均年収は563.4万円です。 そのため、ヤマトの年収はエリア平均と比べて33.5万円高く、エリア内順位を見ると22社中7位と高い順位となります。

ヤマトではボーナスはどれくらい貰える?

ヤマトでは6月と12月の年2回ボーナスが支給されます。

平均支給額は約100万円~165万円です。

業績によりやや支給額が変動するようですが、社員の方の口コミによると自身の成果もきちんとボーナスに反映されるとのこと。

頑張った分しっかりと還元されるシステムなので、モチベーションを保って業務に取り組むことができます。

ヤマトの職種別の年収

ヤマトの年収を職種別に見てみましょう。

  • 一般職:約300万円~565万円
  • 技術職:約320万円~550万円
  • 総合職:約470万円~675万円

また、学歴別の初任給は以下の通りです。

  • 大学院卒:211,000円
  • 大学卒: 206,000円
  • 高専・専門・短大:197,000円

上記は一律手当を含めた額となります。

年間休日数は約121日で週休二日制であることはもちろん夏期・年末年始休暇、リフレッシュ休暇等もきちんと取得することが可能。

仕事とプライベートを両立することができるので、毎日気持ち良く働けると言えます。

ヤマトでは出世するとどれくらいの年収が貰える?

ヤマトで役職に就いた場合の年収は以下の通りです。

  • 係長クラス:約570万円~635万円
  • 課長クラス:約680万円~785万円
  • 部長クラス:約780万円~900万円

厚生労働省の女性の活躍推進企業データベースを確認すると、現時点で管理職の内2.2%(6名)が女性社員であることが分かりました。

現時点では女性の管理職数は多いとは言えませんが、今後女性社員の管理職登用を積極的に行い令和4年までに13名まで増やすことを目標として掲げています。

育児休業や育児短時間勤務等の制度もきちんと用意されており、女性社員の産休・育休取得率は100%であるとのこと。

今後労働環境がどんどん整備されていくと共に、女性社員もますます活躍しやすくなると期待できます。

※年表記については、各社の決算発表時点での最新情報を掲載するために、年度ではなく決算終了の年に表記を揃えてあります。従業員数推移なども「年度」表記になっていない限り同様です。

最終更新日:2021年7月8日

SNSシェア用テキスト

表示準備中